愛とは

ご案内のように、自然界では一般的にオスの方がメスより綺麗で逞しく、メスを巡って闘ったり、求愛ダンスを踊ったり、歌を歌ったり寝ぐらを作るなどして、メスの気を引き交尾するが、交尾後にメスに食べられてしまうこともあり、メスはオスにとって生死に関わる危険な存在である。

一方、人間は真逆で、女性の方が男性より圧倒的に美しく魅力的で、さらに化粧や服装や装飾品やアロマから食べ物に至るまで磨きを掛けて、男性の気を引き虜にしてしまう訳で、そんな手練手管に容易く乗って、一生を棒に振る恋愛音痴の事務次官や大使もいて、女性が男性にとって危険な存在であることに変わりはない。

しかし、それが浮世だからしかたがない。色気と食い気は世の常、上手下手は才覚や品の為せる技で、浮名を流し粋にやれたら渡世冥利に尽きる。

そんなことから、男女の仲について考えてみると、男性は惚れた女と一緒になるより、女に惚れられて一緒になった方が後々まで大切にされ幸せになれると思う。その一方、女性は男性に惚れられ求められて一緒になるより、お仕掛け女房ではないが、惚れた男に手鍋さげて押し掛け一緒になった方が幸せになれると思う。

なぜなら、男性は、恋愛に関しては単純で発達障害のようなところがあるからで、その一方、女性は母性を持ち子孫を残すプログラムがインプットされ、後々のことまで考えて相手を見定めるからである。

だから、男性は騙したつもりで騙されたり、不倫や浮気の果に見捨てられたりして、結局は不幸な結末に至る訳で、とどのつまり恋愛は女性主導でいくのが利口である。しかし、今の時代は男だか女だか分からないような人も少なくなく、評論家の勝間和代氏が敢えて同性愛をカミングアウトする時代でもある、私的には恋愛ゴッコや不倫ゴッコに興じている人の方が、まだましだと思うが、不確定·不確実な時代だとつくづく思う。

そんな中、今週末は女性問題で辞任した米山隆一知事の補欠選挙が新潟で行われるが、まあ、出会い系とは言え、独身の男性が独身の女性と知り合い金銭のやり取りがあるにせよ、逢瀬を繰り返して何が問題なのだろうか? 多分不倫や売春をイメージする出会い系と県知事という肩書が問題視された思うが、私的には合点がいかない。

なぜなら、これが問題なら、世間の全ての事例を分け隔てなく世間に公表すべきで、 週刊新潮や文春のやっていることは、正にプライバシーの侵害そのものであり、人を貶める行為に他ならないからである。

まあ、大手のマスコミやマスメディアには個人はとても太刀打ちできずに泣き寝入りということになるが、 ジャーナリズムも浮世の世情も理解して一定の歯止めや倫理観が欲しいように思う。

そんな訳で、生まれながらにして壊れ、部品が抜け落ちている私としては、よくも世間の女性がこれまで見捨てずに手を差し伸べ見守ってくれたと思う。己の愚かさと未熟さには呆れ果てるが、ただ只管女性の愛の深さに感謝するしかない。

そんなことで、今日も芳しき見目麗しき女性を遠目に拝し、与えられた本分を全うしていきたいと思う次第である。

jpjapon について

3匹の犬と優しいけど時々意地悪な元気なおばさんと桃やブドウに囲まれた田舎で暮らしています。音楽と写真が大好きなパソコンフリークです。日々の想いを、聖書の御言葉や御仏の教えを交えて仲間と語り合うのが大好きです。平凡な日常から垣間見る世間の出来事を、自分流に書き綴っていきたいと思います。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す