むしゃくしゃ

今月の9日、東海道新幹線の車内で男が乗客を襲い男女3人が死傷した事件で、 逮捕された愛知県岡崎市の無職 小島一郎容疑者 (22)は、「むしゃくしゃしたから」「誰でもよかった」などと話しているようだが、こんな幼稚で短絡的な動機で襲われては堪ったものではない。しかも「刃物は長野県内で数週間以上前に買った」と供述していることから、衝動ではなく計画的な犯行であったことが伺える。

まあ、日頃の不平や不満を無差別殺人という形で解消した訳だが、女性をかばい殺された兵庫県尼崎市の会社員の梅田耕太郎さん(38)は、勇気と正義感から太刀向かったものの運悪く一命を落としてしまい気の毒である。謹んでご冥福をお祈りしたい。

その一方、小島容疑者の様子を伺う限り、ふてぶてしく反省の色もなく謝罪の言葉もないようで、改心するのはいつのことやら、今日的な社会問題として、しっかり事件の真相を解明していく必要があると思う。

一方、Jr東海は 車内パトロールの強化などの防止対策を進めているようだが、まあ誰でもやろうと思えばやれるから、 厳格な手荷物検査などをしない限り、実効性は薄いように思う。

まあ、行き場のない怒りを無差別にぶつけてしまうこの種の犯行は、何をやっても社会に受け入れられない目的を見失った若者の感情が爆発したものと思われるが、 生き残りをかけ競い合い、不安や閉塞感が漂う今日の社会では、誰しもが持つネガティブな感情であり、趣味やプライベートな交わりに自分の居場所を求め、自己承認欲求を満たさない限り解消することは難しいように思う。

まあ、 人生の悩みの大半は人間関係にあると言うから、 仕事や社会的にダメであっても、 プライベートやOFFの関係に自分の居場所があれば、まあ一様に何とかやっていけると思う。

しかし、これもないとなると、何とか自分の存在を確かめようと、様々な手段に打って出る訳で、 今回の事件のように、人間の裏や闇の部分が突出してしまう訳で、幼稚とか未熟と言った言葉では片付けられないものがある。

まあ、 一言で言えば、自己表現能力の欠如だと思われるが、 良好で健全な絆を築くには、IQ(知能指数)ばかり高くてもダメで、EQ(こころの知能指数)が重要なのは、ご案内の通りだが、これこそプライベートの関係や遊びでしか培えないものだと思う。

そして、さらに、最近はCQ(Creativity Quotient 創造力指数)なる概念も指数化されているが、私的には偏差値も含めこのような指数が、却って差別や偏見や分離や分断を作り出しているような気がする。

そんな訳で、今やトランプさんや安倍さんも Twitter や Facebook をやって、民意を何とか繋げ留めたいとする時代である。誰もが誰かとつながっていたい、認められたいと思うのは当たり前だと思う。

しかし、所詮人はどこまで行っても一人である。愛があれば全てに分かり合えるものでもない。愛とは寧ろ異質なものを受け入れる寛容の心や許しや妥協や諦めに近い言葉でなのである。

さらに言えば、愛は感じるもの、信じるものでしかないように思う。そんなことから、私的には心の奥底に潜む霊性や仏性を信じて、多くの人と分け隔てなく浅く幅広く交わって、 捏造された社会の不安や閉塞感をぶち破って行けばいいと思うが、それにしても、殺人までして生きる意味を見出そうとする若者の蛮行には、改めて高度に発達した文明社会にあって、生きる意味を見出す難しさを痛感する。

そんな想いに、私的には今あることに感謝し、これからも新たな出会いを信じて、がんばろうと思う次第である。

jpkanamori について

3匹の犬と優しいけど時々意地悪な元気なおばさんと桃やブドウに囲まれた田舎で暮らしています。音楽と写真が大好きなパソコンフリークです。日々の想いを、聖書の御言葉や御仏の教えを交えて仲間と語り合うのが大好きです。平凡な日常から垣間見る世間の出来事を、自分流に書き綴っていきたいと思います。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です