昔から可愛い子には旅をさせろと言うが、今では私の相棒である孫娘が、パパの郷里である山形に家族より一歩先に、あちらのお母さんが迎えにきて新幹線で出掛けて行った。

まあ、本当に元気の良い子で、スタミナもあるので都内や近隣を連れ回しても、良き話し相手になって実に楽しい。

私としては、二人で歩いていると、とんでもない子供の発想に触れられるので、物事を多面的に観察する手立てになり、その都度孫に気づいたことを教えてもらっている。まあ、人生の師としておつき合いしている訳である。

そんな中、私の親しい友人が今回はチュニジアに旅するそうで、猛暑の中、下調べに余念がない。海外旅行が趣味で、毎年2回ほど出掛けているが、ライフワークとは言え、新しい旅先を探すのが難しいのではないだろうか。

連日酷暑が続く中、暑中見舞いメールのやり取りで、極寒のオーロラが観察されるカナダのイエローナイフの写真が送られてきたが、世界はつくづく広いと思う。狭い了見で暮らしていては損である。

私は海外旅行するゆとりはないので、写真や旅先の土産話を伺って、マスコミとは一味違う情報を得ているが、聡明な人なので、端的に現地の実状をお話してくれるので実に楽しく貴重な存在である。

ところで、ご案内のように、世界には様々な国があるわけで、お互いに正義感を持って政権を維持している訳だが、そんな正義感や宗教観が衝突する紛争地の住民はたまったものではない。

しかも、紛争の原因や理由は、価値観や宗教観の違いや正義感の衝突と言うより、多くは利権争いにある訳で、私達の日々日常が欲得に根ざし利権と権力闘争に明け暮れているところに気づきながらも、解決に至らないところが悲しい。

まあ、理性と野生の両方を持ち合わせなくては、男女の愛も成就しない訳で、愛と憎しみが、憧れと羨望が、優越感と劣等感が交差する情動の狭間に、私達の真価が問われていることは確かである。

まあ、立場や視点を替えれば、全く真逆の判断もあり得る訳で、世の中の出来事には、善悪や真偽、美徳も悪徳もないと思う。

あるのは事実であり、事実を日の中に晒されても恥じることのないように生きていればいい訳だが、それがそういかないところが世の常で、私等は最初から、部品不足の上、脱線や落馬や落車を繰り返し、本線を外れ放しの人生なので、人様のことなど何一つ言える立場にないが、それでも思うところをいろいろ言ったり書いたりしてしまうところが、実に浅はかだと思う。

でも、 日々日常の出来事を様々な視点で語り合うことは楽しく、私的にはそんな感覚や感性や感情を自分なりに表現することが、人生ではないかと思う。

まあ、そんな営みの結果が、それぞれの人の善悪真偽の判定に持ち込まれる訳であるが、同じ殺人でも侵略やテロや防衛、無差別殺人や国家権力による死刑など、何処がどう違うかと問われれば、結局は利権確保や保身、時の権力体制の維持につながる訳で、とどのつまりは権力利権闘争に集約されると思う。

そんな訳で、私的には、私達の日々日常の営みは全て肯定的に捉え、失敗や過ちは繰り返えさないように、互いに情報交換を活発にして、世間の目に晒すことが、最近の日大のアメフトやボクシング協会や政治家や官僚の醜聞を見聞きすることからも、多少は良い方向に向かうような気がする。

そんなことから、マスコミやマスメディアにはない視点による土産話は貴重である。旅行パンフレットやガイドに囚われない現地特派員情報を期待したいと思う次第である。

jpjapon について

3匹の犬と優しいけど時々意地悪な元気なおばさんと桃やブドウに囲まれた田舎で暮らしています。音楽と写真が大好きなパソコンフリークです。日々の想いを、聖書の御言葉や御仏の教えを交えて仲間と語り合うのが大好きです。平凡な日常から垣間見る世間の出来事を、自分流に書き綴っていきたいと思います。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す