不安

アベノミクスの失敗は、日銀による異次元の金融緩和が、金融マフィアのマネーゲームに終わってしまったことで、新たな事業の立ち上げや内需の拡大につながらなかった責任は重い。

まあ、この結末はリーマンショックの時のように、ハゲタカファンドの不良債権処理に終わってしまう訳だが、人口減少が進む中、これほど物が溢れ、何に不自由のない生活を享受しているのに、さらに内需の拡大を図って景気浮揚を試みる必要性もなく、私的にはもっと身の丈に合う「国民経済の実現」に取り組んだ方が良かったように思う。

なぜなら、私達の生活にいま必要なのは、更なる利便性や付加価値や生産性の向上などではなく「ゆとりや時間、安全や安心、癒しや安らぎ」だからで、今日の人間性を無視した社会システムにこそ、諸悪の根源があるように思えてならない。まあ、そんな視点に立てば、贅を極める生活に慣れきった日本のエリート層は、お隣り韓国のタマネギおじさんらと何ら変わらない。五十歩百歩である。

しかし、それにしても、韓国の大統領は弁護士、タマネギおじさんは大学で法律を教える法律家である。それが、韓国社会を牛耳っている訳だから、韓国の民主主義は当てにならない。

まあ、「恥と誉れ」に生きる日本民族と「お金やステータス、見栄や外聞、妬みや怨み」に生きる韓民族の文化の違いをつくづく思い知るが、地政学上そんな風にしか生きられない韓国民は、本当に可哀想な民族だと思う。

しかしながら、だからと言って、欧米諸国が日本にとってベストフレンドか言えば、イエズス会や坂本龍馬を手先にフリーメースンのトーマス・グラバーの日本侵略や一般市民を標的にした原爆投下を考えれば一概にイエスとは言い難い。

また、遠く明治以前の時代に遡れば、日本は欧米より韓国や中国とのつながりの方が強い訳で、私達の意識も近代においてかなり欧米寄りに、その種の勢力によって捏造されたものであることは、容易に想像がつく。

まあ、簡単に言えば、日本は欧米や中国や韓国などの様々な文化や文明の良いところを選んで、独自の文化を形成してきただけの話で、意地を張らず現実を踏まえ、調和と工夫と進化に生きる先人の知恵が、今日の日本の繁栄を創り上げたものと思われる。

そんな調和と工夫と進化に生きる世界観は、神社と寺院が同一敷地に存在する神仏習合に如実に表れているが、そんなことから、我が家でも神棚の右手に仏壇が鎮座しており、毎朝お参りしている次第である。

まあ、私的には聖書も仏典も座右の書であり、互いに神様同士が争うことなく収められる汎神論的な世界観は、日本民族の大自然の営みを真摯に受け止める先人の知恵の賜物であり、そこいらの「足るを知らぬ欲深い人間」が創り上げたエセ宗教や社会システムに優るものがある。

そんな想いに、この秋は心して味覚の秋を楽しみながら、天空に想いをつなぎ、大自然の営みから愛と正義と勇気をいただいて、頑張っていこうと思う次第である。

jpjapon について

3匹の犬と優しいけど時々意地悪な元気なおばさんと桃やブドウに囲まれた田舎で暮らしています。音楽と写真が大好きなパソコンフリークです。日々の想いを、聖書の御言葉や御仏の教えを交えて仲間と語り合うのが大好きです。平凡な日常から垣間見る世間の出来事を、自分流に書き綴っていきたいと思います。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です