科学

ご案内のように、最近は科学万能主義になっていて、多くのことが科学的な知見によって分析解析され社会の定説や常識になっている。しかし、よくよく考えてみると、科学も極論すればある条件下に成り立つ不確実な考察に過ぎない。

ところが、最近は数値化(見える化)することさえ無意味に思えることを数値化して、無理やり結論や方向性を導き出しているような節があり、科学信奉も行き過ぎるとバカバカしく思える。

例えば、いま世間で問題となっている毎勤統計の不適正サンプリングなども、調査経費の削減や手前を省くものなのか、あるいは、ある種の意図を持って操作されたものか分からないが、やり方次第では調査結果はかなり違うものになる訳で、そこに使われる指標やサンプリングや、また同じ認識に至るパラダイムが適正なものか、疑問と言えば疑問である。

そんなことから、仮に景気の動向を観るにも、学者やコメンテーターの話を聞くよりは、実際に現場の様子を眺めた方が、的を得たものが得られる訳で、実際にお金を持って、スーパーやコンビニに買い物に行ったり、他の人がどんな買い物しているかを眺めた方が、真実に近いものが得られるものと思う。

つまり、何事も現場主義に徹することが大切で、自分の目で確かめ、日頃から自分なりの洞察力を養い持論を持つべきである。なぜなら、嘘やプロパガンダで塗り固められた仮想現実ぽい今日の社会では、お金に目が眩んだ学者やコメンテーターのコメントやマスコミの報道より、自分の目の方が確かだからである。

そんな想いに、街を歩くと俄に「仁徳天皇とかまどの煙」の話が思い起こされたが、日本書紀にある臣民を「大御宝(おおみたから)」と呼び、自分以上に大切に思う心は、臣民を所有物とする他国の支配者や支配階級には見当たらない。

つまり、日本の天皇を頂点とする権威は、民家の煮炊きの煙をみて徴税を控える心にある訳で、そんな思い遣りの心をさておき、国民主権やら民主主義やら自由平等を社会の基盤に据えているから、今日のような世知辛い世相になる訳で、今の学校教育で、そんな日本の和の心をしっかり粘り強く教えていけば、弱い者イジメする輩はいなくなり、貧しくも自分にプライドが持てる日本人が育つのではないかと思う。

そんな訳で、物事は何事も現場主義に徹し冷暖自知を基本に据えて、目線を自在に変えられる知恵を持つべきで、そんな想いに、新天皇を中心に新たなる時代の幕開けに大いに期待し、新たな出会いを信じて頑張ろうと思う次第である。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

競泳の池江璃花子選手(18)が、白血病と診断され完治するにはどうも2年ぐらいかかるらしい。 東京オリンピックでの活躍が期待されていただけに残念である。

たぶん本人も水泳一筋に打ち込んできただけに、かなりショックを受けていると思うが、命あって物種、オリンピックが全てではないから、気持ちを入れ替え、今はとにかく病気療養に専念して健康を取り戻してもらいたいと思う。

しかし、そんなことは本人でないから容易く言えることで、本人にしてみれば長年の努力と夢と希望が水泡に帰してしまった訳だから、諦めようにも諦められないのではないだろうか。

しかし、人生とは概してそんなもので、人によっては自暴自棄になったり、神をも恐れぬ人格変質者に変貌してしまったりすることもある。

しかし、現実的には、事故や病気で夢や希望を失っても、残されたリソースをうまく活用して生きていくしかない訳で、株取引ではないが、物事は何事も大筋は成り行きで、あまり深追いせずに、リスクを最小限に食い止める知恵を持つことが大切である。

折しも、春は受験や就職のシーズンであるが、そのほか結婚や離婚、病気や事故や災難、愛する人との離別など、ややもすると夢や希望を失い兼ねない人生の岐路に立たされることも多々あり、数え上げたら切がない。

そんなことから、在家を捨て仏門に入る人もいると思うが、仏門に入っても、理想と現実の狭間に苦しむことは一緒であり、その辺は、程よく諦める知恵を持つ方がいいと思う。

ところで、煩悩と執着は私達人間の本質であり、激変するIT社会にあって理性やメンタリティが求められる時代とは言え、生命維持の骨幹を為すフィジカルな欲求や偶発性への嗜好は、私達そのものであって、代役では務まらない。なのに、それを人工的なアルゴリズムの中に封じ込めてしまったら、それは個性の喪失であり生命の退化になる訳で、既存の社会システムや社会制度(既存の冠婚葬祭プロセス)では、その役割を充分に果たせなくなってきたことは、ご案内のとおりである。

つまり、欧米先進諸国では、婚姻によらぬ婚外子が5割を超えており、葬儀なども既存の社会システム(葬儀)では、悲しみや苦しみを拭い去れずに、青森県の恐山のイタコの呪術に委ねる人もいる訳で、現在の社会システムはかなり破綻してきたように思う。

然れども、社会に暮らす以上は、お隣の韓国のような蛮行は許されない訳で、やはり信用と信頼が第一であり、個人の趣味嗜好が社会のモラルやマナーやエチケットを著しく侵害するものであってはならないし、反対に不倫などへの行き過ぎた制裁は、人間の本質を打ち消してしまうことになるから、もう少し控えたらどうかと思う。

そんな訳で、とにかく人工知能社会に生き残るには、私達のフィジカルなシステムが発する欲求や感覚や感性に耳を傾けることに間違いはなく、来たるべき時代は、これまで以上に、自らの身体のシグナルに耳を傾けることが必要になるものと思われる。

そんな訳で、池江璃花子選手も、この際だから、下手な近代医療に頼らずに、これまで以上に、自らの身体が発する神のシグナルに耳を傾け、アスリート人生の見直しに専念したらどうかと思う次第である。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

韓国

韓国については、嘘や虚勢を張る話しばっかりで嫌になる。 まあ、1000年の恨み辛みに生きる文化の国だから仕方ないが、今の指導者は、言い掛かりや難癖、ゆすりたかり、金品をせびる発想しかできないようで、全く建設的な明るに話もなく、本当に可哀想な連中である。これでは嫌われてもしかたない。

しかし、一頃は冬のソナタやK-POPやダンスなどもそれなりに人気があった訳だから、エンタメや芸能の分野で頑張れば、韓国の評価も上がると思うが、人を蔑むことばかりして、協調性がなく自助努力をしない変な国だと思う。

コンプレックスの塊から空威張り、虚栄や虚構、虚妄や虚像、嘘偽り、恨み辛み、そんなものに生きて何になるのだろう。そんなものは捨て置いて、人のために尽くしていけば、空威張りや虚勢を張らなくても、周りに慕われリスペクトされるのに、本当に愚かな民族だと思う。

私的には良い反面教師がいると考え、無駄な労力は使わないようにしようと思う。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

早春に想う


自民党の二階俊博幹事長が、18日の記者会見で、天皇陛下による謝罪で慰安婦問題が解決すると発言した韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が、日本側の反発に対して「盗っ人たけだけしい」などと述べたことについて「日本は盗人ではないことは誰でも承知している。その程度のことをこちらが真っ赤になって反論する必要はない。無視」と一蹴したと言うが、一応反論しておかないと、何せ国家レベルで嘘をつきまくるプロパガンダの国である。海洋資源を狙い実効支配を続ける竹島の事例もあるから、とにかく韓国には注意を要する。

まあ、慰安婦、徴用工、レーダー照射などの一連の事件を垣間見るに、なんのかのといちゃもん難癖をつけ、お金をせびるお国柄は、恥を知り名誉や誉れを大切にする私達日本民族とは一線を画する民族性であることは間違いなく、これからはそんな民族性を念頭に隣国つき合いしていけばいい訳で、不誠実極まりない連中とは徐々に関係性を断ち切っていけばいいように思う。

しかし、今や世界はインターネットや流通革命により一つに結ばれ、人や物が自由に行き交うグローバルな時代である。そんなことから、他国との交流を一切断ち、自国だけで自国の主権や経済を維持できる国はないと思う。

つまり、国家は資本主義であろうが共産主義であろうが、理想は理想として大切だが、政治体制や経済運営は現実であるからして、思想や信念や理屈では済まされないところがあり、そんなところは日々日常の男女関係(夫婦関係)にも通じるものがある。

ところで、そんなグーローバルな流れに対して、国家レベルでは「自由、平等、民主主義、法による支配」を共通の理念や認識や価値観として、国や民族を超えた世界統一国家樹立への野望や野心や利権の奪い合いが続いているが、個人や市民レベルでは「自由や平等、偏見や差別からの開放、個体の差異や異文化への相互理解や個性尊重など、近代個人主義の成熟期を迎える中、安全や安心や便利快適を求める様々な活動」が幅広く展開されてはいるものの、その行き着く先は何処へ向かうのか、イマイチ不透明で、幸せとはかけ離れたものになりそうで不安である。

私的には、古き日本の血縁や地縁から脱皮した今の社会の方が、自由で気楽で心地よいが、その反面、なかなか関係性を結べないところもあり、プライバシーを考えると、下手に立ち回れないところもあって、縁談話なども要らぬお節介に為りかねない。

まあ、未来予想としては、様々な社会学者が人工知能によるユビキタス社会やバリアフリー社会を予見しているが、よく考えてみると、バリアがあるからこそ人は助け合う訳で、それが自動化され制度化されていけば、人はますます孤立化していく訳で、VRを応用した介護ロボットやSEXマシーンで幸せになれるか疑問が残る。

まあ、簡単に言えば、グーグルの地図上では、富士山の頂上も新宿の街も同じ点であり、誰もが同じアーキテクチャーを使うことで、全てが平準化されフラット化されていく訳で、そこに地域性や独自性は見出だせない。

つまり、世界中何処にいっても、マックのハンバーガーやスタバのコーヒーと言った平準化フラット化したライフスタイルになっていく訳で、これが私達の求める究極の幸せとは思いない。

まあ、私的には疑問に思うから知りたい訳で、また、知ることで愛が芽生えたり、憎しみが生まれたりする訳で、結果として様々な困難や障壁を背負い込んでも仕方がないと思う。また、何か異色なものやミステリアスなものに惹かれていく感覚は、肌を隠す色気にも似ていて、肌を曝け出す今日的なエロティシズムは、単純で平準化したつまらないものに思えてつまらない。

そんな想いに、つくづく人間は複雑怪奇で、善悪真偽から愛憎や羨望から妬みまで、様々な屈折した想いに操られ惑わされ、正に「苦は楽の種、楽は苦の種」と言ったところから離れられない存在であることが分かる。

いずれにせよ、今日的な営みの行き先が、一向に見えないところに問題があり、日韓関係が改善されようが、日露平和交渉が円満解決しようが、その先はどうなるのか、私達の幸せとどう関わり合うのか一向に見えないところに不安が残る。

つまり、スマホによるキャッシュレスが進み便利になっても、食卓に並ぶご飯に味噌汁に変わりはない訳で、さらに、その味が平準化したインスタト味になってしまったら、全く興醒めしてしまう訳で、食事は質素なものであっても、誰と食べるかが問題であり意味があると思う。

そんな訳で、先週は早春の想いに駆られ、湯島天満宮の梅まつりに出掛けてみたが、当日は小雪が舞う寒い日和で、手袋を外してLineするも指が悴んで字が打てない。そんな日々日常に、世間のトレンドは全く関係なく、東京の街がオリンピックを皮切りに、何処も彼処もみんな同じような感じの街に変容していき、実につまらなく感じる。

確かに、グーグルマップは便利だが、道案内を尋ねる出会いや醍醐味には全く届かない訳で、そんな不便さに、下町の人情がほしくて彷徨う私が憐れであり笑ってしまう。

いずれにせよ、人は人に傷つき人に癒やされる。どんなライフスタイルあっても、人との関係性が最重要課題であり、つくづく狭い了見で生きていてはつまらないように思う。

しかし、このままグローバル化が進めば、異文化や移民社会のシンガポールが、生活全般に亘り厳しい法規制を敷き社会秩序を維持しているように、かなり窮屈な息苦しい社会になり、益々社会は孤立化するうな気がする。

まあ、地縁血縁によるのか、法律によるのかの違いはあっても、やはり人間は罪深いどうにもならない存在であることは確かで、そんな中にも、真なる合意形成と何時までも色褪せぬ信頼に生きていきたいと思うが、それにはやはり何と言っても邪な想いを捨て去り「清らかな心」に生きることが秘訣ではないかと思う次第である。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

横浜

やはり、横浜はいい。海を見ていると気持ちが落ち着く。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

サブスクリプション

ご案内のように、最近はパソコンやスマホのアプリケーションもサブスクリプション(定額制)となり、月々の支払いもバカにならない。

そんな中、アマゾンのプライム会員は会員になると、送料やプライムビデオやミュージックが無料で楽しめるのでありがたい。

今では、欠かせない音楽配信サービスだが、音楽は著作権があるから、ブログに掲載するには、作品の意図に反するような載せ方は避けなくてはならないが、その他、スマホの普及に伴うスクリーンショットも写真や他の画像と同様に、肖像権の厳格化が進められ、ブログ等への掲載が厳しくなるようで、インスタも含め楽しみが半減する。まあ、全てが有料化に向かうようで、スマホ税なるものも検討されており、近い将来施行されるかも知れない。

ところで、来たるべき消費税10%増税に伴い、電子決済には様々な恩典が用意される一方、現金払いはそのまま恩典がないのも不公平な感じがする。特に、高齢者のタンス預金を狙い、少しでも高齢者から税金を取ろうとする意図が伺え嫌な気がする。

そもそも、高齢者がお金を使わないのは、将来に不安があるからで、病気をしてもそのまま最後の数年はそっと暮らしていけるようなら、タンス預金もなくなると思う。

ところで、私達庶民の生活は、社会保険料などの値上げから、実質賃金が目減りしており、景気浮揚策の恩恵に浴する実感はない。景気浮揚のバロメーターであるGDPは、民間個人消費が60%、設備投資が15%、政府投資が25%であり、ダントツで個人消費の拡大がGDPを押し上げる要因となっていることから、賃上げこそ景気浮揚の要である。

つまり、「お金は天下の周りもの」、皆んなが安心してハピーにお金を使わないと景気は良くならない訳で、資本主義社会の基本的なメカニズムである。

そんなことから、賃上げは喫緊の課題であるが、景気の先行き不安から、儲かっていても企業は賃上げせずに、資金留保してしまうところに問題があり、デフレマインドを払拭でいない世相をぶち壊す名案が待たれる。

また、減税しても先行き不安からタンス預金に向かったり、金融も預貯金より株式投資などにシフトしていることからも、金融機関の預金高も減少する傾向にあり、貸付先なども振るわないため、今後は多くの地銀はIT化を進め地域を跨いで合併や併合していかないと、経営が儘ならぬ時代を迎えるものと思われるが、高齢化に伴い医薬医療メーカー全盛となっては寂しものがある。

そんな訳で、とにかく人工減少社会においては、自由な競争により、いろんなものが淘汰され、技術革新やイノベーションによって、社会システムの省力化が図られることが急務であり、そんな視点に立てば、中国やロシアなどの社会主義国家の末路は、政府介入により自由競争が阻害され、粗悪品の生産過剰を招くことになるから、自由主義経済の国に勝ち目はないものと思われる。

まあ、努力しても報われぬこともあるが、何事も弱肉強食の浮世だから、何があっても挫けずに最後まで努力するに越したことはない。

そんな想いに、今日も朝茶を飲み、新たな出会いに愛と正義と勇気を信じて、頑張ろうと思う次第である。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

一歩

競泳の池江璃花子選手(18)が、 12日に白血病であることを公表したが、 若きエースとして、世間の期待に毎日一生懸命に練習に励んでいたと思うと可哀想でならない。さぞかし落胆し絶望していると思うと心が痛む。

その一方、千葉県野田市の小学4年の栗原心愛さんが両親による虐待で死亡した事件などは、可哀想過ぎて居た堪れない気持ちになるが、その一方で、学校や行政当局の認識の甘さには怒りを覚える。責任と恥を知るべきである。

また、飼い犬を踏んだり蹴ったり叩いたりする冷酷な飼い主の報道には、社会の病理が根深いことが伺え、やり場のない怒りが蠢く世相には、恐ろしさを感じる。

さらに、また、お隣り韓国では、文喜相(ムンヒサン)国会議長が米ブルームバーグ通信とのインタビューで、慰安婦問題について、天皇陛下が元慰安婦に直接謝罪をすれば解決できるなどと言う暴言を吐き、世界で無二のエンペラーである我が国の天皇陛下を愚弄する歴史観や良識の低さには、民族の違いを改めて感じる。

そんなことから、今日は気分転換に、少し念入りに自室を掃除をしてみたが、貯まるは埃やゴミばかりで、改めて良からぬ世間の縁起を拾い集めているような気がしてならない。

まあ、年末の大掃除は一年の縁起を整理する意味があると言うが、物ばかりでなく、人様との縁起も整理しケジメをつける意味もあると言うから、とにかく暇をみて断捨離して、不毛な感情は捨て去るに尽きる。

そんな中、女優のベッキーが2月13日にSNSで、プロ野球・巨人の片岡治大2軍内野守備走塁コーチと結婚したことを公表したが、川谷絵音との仲もいろいろあったことから、何ごとも時の流れの速さと非情には面食らう。

しかし、こんな時代だからこそ、意識して断捨離する必要がある訳で、改めて、世相には惑わされないようにしようと思う次第である。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

「諸事は心にもとづき、心を主とし、心より作り出される。」とは、DhammaPada(法句経)の聖句であるが、正にその通りだと思う。

つまり、同じことをするにしても、偽りや悪意や不本意な気持ちでするのと、清らかな気持ちや好意や善意や好奇心でするのとでは、雲泥の差がある訳で、苦しみや悲しみや憂いや後悔を背負い込むことになるのか、清らかな想いや安らぎや安楽や平安を手にすることになるのかは、心のあり方次第と言える。

そんなことから、感情や感覚を常に客観視する必要があるように思うが、とにかくコロコロ変わる変わり身の速さには恐れ入る。まあ、何時になっても「後悔先に立たず」で嫌になるが、それが自分だから仕方がない。

ところで、振り返れば、最近は富に時の流れが速く感じる。そして、過ぎ去れば、記憶も定かでなくなり「あれは何時だったかなあ」と記憶を辿れば、つい最近のように思っていたことが、2年も経っていて、不思議な感覚を覚える。

まあ、全てが何らかの縁起で繋がっている訳だから、自分もあるようでないようなもので、自然と宇宙の塵に戻っていく段階に差し掛かっているのだろう。

そんな訳で、今日も一日が終る。人様から見れば笑われるような隠居生活だが、断捨離のお陰で、身も心も軽く、障りなく一日が終わることが嬉しい。全てに感謝したいと思う次第である。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

娯楽

ブラジルの国民的歌手と言えば、ロベルト·カルロスだが、日本では何と言っても、美空ひばりである。

共にエンタメ(芸能や娯楽)の域をでないが、理なき想いに生きる私達の心の琴線に触れることは確かである。

無知無明、無知蒙昧に生きる私としては、暫しの癒やしであり、安らぎであり、慰めである。感謝したいと思う。

カテゴリー: 未分類 | 娯楽 はコメントを受け付けていません。

存在


GAFA(ガーファ)とは、世界的に個人データを圧倒的な規模で集めている勝ち組企業のことで、

検索エンジンやクラウドなどを提供するGoogle(グーグル)、デジタルデバイス(iPhoneやiPadやMac他)やソフトウェアなどを提供するApple(アップル)、ソーシャル・ネットワーク・サービス(SNS)を提供するFacebook(フェイスブック)、世界最大のネット通販(電子商取引)を運営するAmazon.com(アマゾン・ドット・コム)の4社の頭文字をつないだ呼称(造語)である。

簡単に言うと、スマホなどを介する商取引の舞台となるデジタルプラットフォームを提供する大手IT企業のことであるが、彼らの活動は今や一国に留まらず全世界に及び、莫大な利益を上げている一方、その企業利益への課税は、支店などの恒久的な施設(PE)がある国でしか課税されないことから、低税率国に利益を移し替え合法的に節税しているらしく、一般的な多国籍企業の実効税率が平均23.2%なのに対し、GAFAなどのIT大手企業の実効税率は平均9.5%と大きく下回っていることからも、グローバルに稼ぎ、ローカルに節税しているGAFAの実態が見て取れる。

そんな構図は、通販が地方の地域経済の衰退に繋がっていることからも想像がつくが、彼らデジタルプラットフォーマーの活動が、世界的にも富の偏在を招き、格差の拡大に繋がっていることは確かである。

そんなことから、今回のG20では、その是正案が話し合われたようだが、これだけグローバルな時代ともなれば、グローバルな企業活動にはグローバルな課税制度を適応して、 国際的な取り決めで按分するような形にするといいと思うが、課税権や分配権を巡る遣り取りの中で、グローバル企業の存在が国際金融資本の如く益々膨れ上がり、国家の主権が危うくなるような気がする。

まあ、時代の趨勢だから仕方ないが、男と女の関係も、恋愛と子育てが分離され、同性婚などのLGBTやSOGI(ソジ 性自認)が、世界的にも市民権を得ている現実を踏まえると、もはや私達のアイデンティティを、既存の国家や組織や血族に求めることも能わぬ時代に突入した感がある。

つまり、己の存在を他者との関係性に求めること自体が危うく難しくなってきた訳で、理性を頼みに唯物論的な思考や意識には生きられない時代になったのかも知れない。

まあ、霊性に目覚め、すべてを万物の創造主に委ねるにしても、また、己の仏性に託するにしても、己を含め万物を写し出す鏡が、埃に塗れ落書きがあっては真実を写せない訳だから、私的には、常日頃から鏡に磨きを掛け、鏡面を曇らすようなことはしないようにしようと思う。

そんなことで、暦の上では春とは言え、ポカポカ陽気には程遠く、今日も一人寂しさが募る。そこで孫にでも会いにいこうかと思いきや、孫の家はパパ一人が健在で、後は皆なインフルエンザで休んでおり、図らずしもLineで様子を聞き及び、感染を免れ、ことなきを得た次第である。

そんな訳で、今日も一日が終る。日中は例年より温かいが、やはり夕刻は寒い。新調したユニクロのライトダウンが軽くて心地よい。すべてに感謝し、新たな出合いを信じて、また頑張ろうと思う次第である。

カテゴリー: 未分類 | 存在 はコメントを受け付けていません。