急ぎ過ぎたかな?


私たちは本当に大事なことを忘れている。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

意識

ご案内のように、意識には顕在意識と潜在意識がある。顕在意識は普段私たちが自覚している意識であるが、潜在意識は活動しているものの自覚されずに心の奥底に潜んでいて、行動やものの考えに大きな影響を及ぼし、感情や場の感覚と密接に関係していると言われる。

一説には、私達の行動はこの潜在意識によるところが大きく、じゃんけんなども顕在意識でなく潜在意識によって決まり、潜在意識に反した行動には違和感や不快な感覚や感情を覚えるらしい。

そういえば、理由もなく嫌な感じがしたり、妙に好感が持てたりすることがあり、まあ、アドラー心理学では「感情には目的がある」と言うが、なかなか潜在意識の世界は奥深く興味深いものがある。

そこで、そんな潜在意識が作用するスピリチュアルな世界を覗いてみると「人間は潜在意識によって高い次元につながっていて、感謝の気持ちを持つとそのエネルギーが良い波動や運気を引き寄せ、魔法のように人生が好転する。」と言った現実ばなれした宗教的な世界観が信じられているようである。

確かに人を嫌ったり恨んだりするより、好意や感謝や許しの気持ちを持てば、心の癒しや安らぎが得られ精神的に安定するから一義的には有効な思考法だと思う。

しかし、世間には悪意や理不尽な行為やモラルやエチケットに反することも多々あり、「出物腫れ物所嫌わず。」にして、身体は常に思い通りにはならないし、加齢や過労や不規則な生活による体調不良などもあって、全てを潜在意識に結びつけてしまうのもちょつと乱暴で科学的な根拠を欠くように思う。

さらに、見えぬ形而上学的な世界をある種の考えで一方的に紐解いてしまうのも理性的なアプローチを手放すことになってしまう。

そんなことから、私的には世間には絶対と言うことはないから、臨機応変に意識を切り替え一方に偏らずに物事を多面的に見た方がいいと思う。

まあ、精神的に行き詰まったら、今は病院や大学や各種のセミナーなどの心理カウンセラーやセラピー、ヨガや整体やカイロプラクティック、ハリやマッサージなど、心身の痛みを和らげる対処法には事欠かないから、一つに限らず適当に組み合わせて、潜在意識を追ってみるのも面白いと思う。

また、そんな見えぬ世界を垣間見る哲学や心理学や宗教などのスピリチュアルな世界にあまり深く傾倒すると、現実の世界と乖離してしまい返って日常生活がうまくいかなくなるから、ものの見方を広げる程度にするのがいいように思う。

私的には、私達は在家の身なので、困った時の神頼み程度に理解すれば良いように思うが、人によってはのめり込んでしまい、怪しいカルトに入信してしまう人もいるから厄介である。

まあ、確かに宗教を始め、大学の研究や文化芸術やスポーツなども極めるには、それなりに世俗を離れて霞を食べるようなところもないと極められないし、考えてみればそれなりに実家がお金持ちだったり、パトロンやスポンサーがいる。

まあ、神社もお寺も賽銭やお布施で、また教会も献金で成り立っている訳で、見方によってはビジネスである。まあ、利益誘導の如何によってはカルトになってしまう訳だが、そんなマインドコントロールに嵌らないためにも、逆説的だが普段から潜在意識と仲良くして、意識を適度に切り替える知恵も持つことが必要である。

なぜなら、潜在意識を深く知れば、詐欺紛いの誘惑にはそれなりのリアクションがあるからである。しかし、極論を言えば、最終的に頼りになるのは自分の意志であり、神仏でもなければ潜在意識でもない。

しかし、そんな中にも、私達には計り知れない様々な力が及んでいることは確かなので、そんな大自然の営みへの畏敬の念や感謝の気持ちは忘れないで、何事も大欲をかかずに目標は小刻みにして最善を尽くして天命を待つのが一番である。そうすれば、失敗しても諦めがつくし、失敗や過ちも新たなチャレンジの原動力になると思う。

そんな訳で、季節は春である。カメラ片手に街に飛び出せば、ファインダー越しに見える世界は、絞りやシャッター速度が織り成す顕在意識とファインダー越しに見える世界は潜在意識の世界である。

夢と現実が織り成す世界は無限で実に楽しい。すべてを捨てれば、見えぬ世界も見えてくる。そんな想いに、今日も新たな出会いを信じて頑張ろうと思う次第である。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

春に想う

北朝鮮の工作船

北朝鮮の工作船

ご案内のように、今日の韓国は朝鮮半島の共産化を阻止するため、米国が米兵4万人を犠牲に創り上げた自由主義国家であって、朝鮮民族の意志と総意に基づいて建国された国ではない。

つまり、思想信念なき国家であり、当初から国としての核が欠落している。そんなことが今日の混乱と迷走を招いているものと思われるが、民族の統一を願うにしても、イデオロギーなき国家の末路は厳しく悲惨なことになるような気がする。

まあ、民族の統一が実現すれば、当の韓国は日本を凌ぐ極東アジアの大国になると言う野望と妄想を抱いているようだが、今日の繁栄は日本と米国の傘の下にあったからで、米軍が半島から撤退すれば、韓国は北朝鮮の独裁政権下に統合されるだけの話で、イデオロギーなき韓国の文政権がイニシアチブをとれるわけもなく、統一後の韓国市民の生活がどんなものになるか見物だが、北朝鮮の状況をみる限り恐ろしいことになると思う。

しかし、何事にも言えることだが、他人にしてもらったり、与えられたものは、自分で勝ち得たものではないから、どこまで行っても借り物で、自分のものにはならない。やはり、自分で汗水流して手にしないと自分のものにはならない訳で、同様なことは、日本の民主主義についても言えることで、憲法などもアメリカのお仕着せでは、日本民族の価値観や宗教観や世界観を形にしたものと言えない。

まあ、最初は人の助けを借りても、いつかは自分の足で立たねばならない訳で、そんなことはちょっとした習い事やスポーツでもすれば分かりそうなものだが、今の日本の左翼と言われるエリート集団は完全に外国思想に被れ洗脳されてしまい、戦前の日本の文化や思想を平気で蔑ろにする発言を繰り返している。

まあ、卒なく仕事は熟せても、いざとなればオドオドして、お手本がないと何もできない連中ばかりで、理屈は捏ねても、失敗を恐れて何もしない「無作為の罪や不作為犯」に当たるようなことばかりしていてエリートぶっているところが悲しい。

まあ、戦後のアメリカの民主洗脳教育の成果でもあるが、彼らエリート達が日々口にするお米も、いろんな人達の協業によることを当事者意識を持って知るべしである。お金の力や社会制度やシステムによるものではないことを悟るべきである。

そんな想いに、やはり国民教育の大切さを改めて考えさせられる訳で、少なくとも、私達団塊の世代は親たちを通して戦前の思想や信念を知り得たことは、人間として幸運でありラッキーだったと思う。

それに引き換え、抽象的で焦点がボケ捲くった今日の教育思想や教育指針には呆れ果てる訳で、日本の精神文化を破壊し消滅してしまうものではないかと思う。

まあ、戦前の教育勅語は、天皇制国家思想を植え付けるものではあるが、しかし、結局人間は誰もがある種の権威と権力に繋ながれて生きる存在であるからして、絶対的権威に天皇を置こうが、イエス・キリストやマホメッドやお釈迦様を置こうが、法律に置こうが同じことで、人間の生き方を具体的に記述した教育勅語の方が、日々日常の生活を処していくには回りくどくなく、分かり易くていいと思う。

ところで、教育基本法には次のような前文が付されているが、こんな抽象的な焦点がボケた指針では具体性に乏しく、子供達には理解不能であり、国民教育に資するものか疑問である。

教育基本法前文: 参考

われらは、さきに、日本国憲法を確定し、民主的で文化的な国家を建設して、世界の平和と人類の福祉に貢献しようとする決意を示した。この理想の実現は、根本において教育の力にまつべきものである。
われらは、個人の尊厳を重んじ、真理と平和を希求する人間の育成を期するとともに、普遍的にしてしかも個性ゆたかな文化の創造をめざす教育を普及徹底しなければならない。
ここに、日本国憲法の精神に則り、教育の目的を明示して、新しい教育の基本を確立するため、この法律を制定する。」

まあ、建前ばかりよくても「手術は成功したが患者は亡くなりました」的な代物で、辻褄合わせの無責任オジサンの為せる業としか思えない。

仮に、個人の自由と尊厳が守られ、真理と平和を希求する教育が為されているなら、親が我が子を虐待して殺めたり、小学生の自殺を止められない学校や家庭や地域であったり、またイジメやハラスメントが横行し、趣味嗜好による男女関係が正当化される社会になる訳がなく、そんな社会になってしまったのは、その責が教師にあるのか教育方針(行政)にあるのか、どちらかである。

しかし、そんなことより、個人の自由や尊厳も確かに大切だが、それより、私達は誰もが何らかの組織や集団の一員であるからして、日本国の絶対的な権威(権力でなく)により与えられた人間としての役割を共有し、責任を持って果たしていくことの方が大切であり、そうすることが、皆んなが安全に安心して暮らせる社会を維持することにつながっていくのではないかと思う。

まあ、自分のことだけを考えているから、誰とも程よい良好な関係性を結べずに、離職やニートや引きこもり、未婚や晩婚や離婚の末に少子高齢化に歯止めが掛からない訳で、今日の216万人にも及ぶ生活保護受給者の精神構造にも、少なからず今日的な教育理念が影響しているのではないかと思う。

ここに改めて、教育勅語を読み直してみると、人間教育の原点が伺える訳で、このままでは、日本の精神文化が失われてしまう想いに危機感を覚える。つくづく、日本の敗戦の痛手を痛感する次第である。

教育勅語: 参考

朕が思うに、我が御祖先の方々が国をお肇めになったことは極めて広遠であり、徳をお立てになったことは極めて深く厚くあらせられ、又、我が臣民はよく忠にはげみよく孝をつくし、国中のすべての者が皆心を一にして代々美風をつくりあげて来た。これは我が国柄の精髄であって、教育の基づくところもまた実にここにある。

 汝臣民は、父母に孝行をつくし、兄弟姉妹仲よくし、夫婦互に睦び合い、朋友互に信義を以って交わり、へりくだって気随気儘の振舞いをせず、人々に対して慈愛を及すようにし、学問を修め業務を習って知識才能を養い、善良有為の人物となり、進んで公共の利益を広め世のためになる仕事をおこし、常に皇室典範並びに憲法を始め諸々の法令を尊重遵守し、万一危急の大事が起ったならば、大義に基づいて勇気をふるい一身を捧げて皇室国家の為につくせ。かくして神勅のまにまに天地と共に窮りなき宝祚(あまつひつぎ)の御栄をたすけ奉れ。かようにすることは、ただに朕に対して忠良な臣民であるばかりでなく、それがとりもなおさず、汝らの祖先ののこした美風をはっきりあらわすことになる。

 ここに示した道は、実に我が御祖先のおのこしになった御訓であって、皇祖皇宗の子孫たる者及び臣民たる者が共々にしたがい守るべきところである。この道は古今を貫ぬいて永久に間違いがなく、又我が国はもとより外国でとり用いても正しい道である。朕は汝臣民と一緒にこの道を大切に守って、皆この道を体得実践することを切に望む。」

カテゴリー: 未分類 | コメントする

寂しさ

寂しいけど仕方ない。新たな出会いを信じて頑張ろうと思う。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

写真

品川キャノンタワーにて

品川キャノンタワーにて

ご案内のように、最近は写真や動画はRAW画像で撮影してPhotoshopやダヴィンチディゾルブで加工するのが、ハイアマチュアやプロの間では一般的になっている。つまり、自分のイメージに合った画像にエフェクトを掛けて作り変えてしまうわけで、その最たるものは、ゲーセンなどにあるプリクラである。

もっとも最近のカメラには美肌モードやスリムモードなる機能も備わっていて、実物より細く美しく映るカメラも存在するし、インスタなどのSNSにアップする画像もエフェクト加工されたものが多い。

さらに、最近は、スマホの中にはレンズが複眼になっていて、いく枚かの画像をAI技術によって重ね合わせて一枚の写真にするものも登場し、高額な一眼ミラーレスより見栄えのある写真が撮れる。中には5眼と言ったものまで登場し興味を唆られるが、見方を変えれば、複眼的に物事を捉えているとも考えられるから、こちらの方が本来の写真に近いのかも知れない。

しかし、写真くらいならまだマシだが、人間の欲望は切がなく、プチ整形に始まり、性転換手術まで今日的には別に珍しくなくなってきた訳で、中国では遺伝子操作によるエイズに耐性を持った2人の赤ちゃんが誕生して、一大センセーションを巻き起こしている。

まさに、デザインbabyの誕生であるが、京都大学の山中伸弥教授のIPS細胞の研究による再生医療などへの期待も大きい。

シミやシワ、肌のクスミやタルミから白髪や薄毛に至るまで、見た目やイメージが先行する世相を反映して、美容化粧品や健康食品やサプリメントへの需要が増えており、今や健食サプリメント市場は1兆5000億規模と言われる。

程度の差こそあれ、思い通りに自分をデザインして楽しんでいる訳で、その極めつけが、人体改造サイボーグ、デザインbabyと言うことになるが、将来そんなテクノロジーが確立されたとしても、親たちの偏った考えから産み出されるデザインbabyには、恐ろしいものがある。

しかし、そんな綺麗なものや美しいものや優れたもの(?)への私達の憧れには、現実を離れ夢幻や幻想の世界に生きるようなところがあって、お化粧やファッションに始まり、歌劇やバレエや歌舞伎なども、そんな想いを満たしてくれるものだと思う。もちろん絵画や彫刻や音楽や写真なども、さらに旅行なども厳しい現実から離れ、自分の想いに浸ることがモチベーションになっているものと思う。

そんなことを考えると、私達は結局のところ、何か夢やまぼろしや幻想に生きているようなところがあって、「愛しの君が果ては…」となる現実に、何としても諦めきれない想いが、日々日常の原動力になっているような気がしてならない。

事実、政治家や宗教家、作家や学者、音楽家やスポーツ選手や芸能人など、夢や幻を形にする仕事をしている人の方が、世間的にも評価され脚光をあびているし、仮に農業をするにしても自分なりのビジョンを現実に形とすることに挑戦しなければ、単なる苦役に終わってしまい、生きる意味も実感できない訳で、そんなことを考えると、やはり、大それた夢や希望や幻想でなくても、私達は自分の想いを大切に素直に生きていく方が、私たちの本質に叶っているような気がする。

まあ、愛も人情もあると信じればこそ頑張れるところもあり、その一方、ビジネスライクにドライに利用されることもあって、想いや理想や現実のギャップには何とも言えないものがあるが、ここで今日の日韓関係を紐解くと、コンプレックスによる嘘インチキ幻想過多の整形民族である朝鮮民族の生き様に対し、幻の愛や人情に縋り僕直に誠実に耐え忍んで生きる日本民族との差の良し悪しはともかく、基本的には描くビジョンに差があるだけの話で、簡単に言えば文化(精神文化)の差である。

そんな想いに、今年の春も、カメラ片手にお花見行脚して、野立て桜に己れの想いを重ねてみようと思う次第である。

カテゴリー: 未分類 | コメントする


東日本大震災発生から8経過し、平成で最後となる追悼集会が全国各地で被災日の11日に行われたが、復興庁によると、避難者は1年前に比べ約2万人減り、51778人(27日現在)とな一方、福島では今なお東電福島第1原発事故の影響から32600人が県外で避難生活を送っている

人工地震によるテロ被災だとか、ウランを濃縮していたとか、いろんな噂を耳にするが、原子炉の底に焼け落ちたデブリを取り出し安全な形で敷地内に保管が完了するには40年もかかるそうで、故郷を追われ被災生活を続けている人は本当に可哀相で気の毒である。

この激甚災害を契機に、私たちの生活意識も大きく変わったが、日々の生活に追われ当事者意識を持って被災者に寄り添うまでのこともなく時が過ぎてしまい、何か釈然としない後ろめたさを感じる。

そんな想いに、今日は16年前に亡くなった母の命日で、窓辺に目をやれば、春の光に包まれ今年も庭の木蓮が本当に立派な白い花を咲かせている。思えば、母が亡くなった年も本当に見事に白い花を咲かせてくれて、弔問に来てくれた方々にお褒めの言葉をいただいた。

そんなことも16年も前のことになってしまい、春の日差しに遊ぶ二匹のワンちゃん達もいつの間にか私達を飛び越えて超高齢犬になってしまい、今は病院通いしている。

「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。奢れる人も久からず、ただ春の夜の夢のごとし。猛き者も遂にはほろびぬ、偏に風の前の塵におなじ。」とは、

『平家物語』第一巻「祇園精舎」の一節であるが、後数年もすれば、すべてが無と化す現実に、唯ひたすら今が尊く思える。

そんな想いに、この木蓮の木のように、焦らず慌てずゆっくりと、家族や仲間たちと変わらぬ想いの中に、いつまでも季節を愛でつ親しむ日本であってほしいと思う次第である。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

遊び

額に汗して頑張らなくても、好きなことなら頑張れる。そもそも順位をつけ競争心を煽る歪んだ教育など意味がなく、そんな教育を真に受けてしまったら、学びのための学び、仕事のための仕事の人生に終わってしまう。

遊びこそ人生。今こそ、私達は歪んだ日本の民主教育や洗脳教育に気づき、自らを取り戻す学びを手にする必要がある。

下手な動機づけなど要らない。なぜなら、全てが自分の為だからである。自分のタレントに気づき最大限に発揮していけば、自ずと世のため人のためになるからで、へし曲がった親切心や向上心など植え付ける必要もない。

人生は遊びに尽きる。だから、楽しく一緒に遊べない人や遊べなかった人など、ご縁もなく意味もない。なぜなら、楽しい想い出があれば、悲しみや苦しみも共有できるからである。

そんな想いに、今年も新たな出会いを信じて、桜花に遊ぼうと思う。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

非我

グローバリズムは一党独裁の共産主義に似ているところがある。 なぜなら生まれも育ちも生活環境も全く違う国や民族や人種が、仮に話し合いがうまくいき合意形成ができたとしても、一つの価値観や世界観でまとまるわけがないからである。

そんなまやかしの合意では、直ぐにメッキが剥がれてしまい、それを強引に推し進めれば、戦争や民族の殲滅を招くことになることは火を見るより明らかである。

また、今日では自由意志に基づく価値観や世界観が主流だが、悩みの大半は対人関係にあるとするアドラーの実践哲学にしても、また、苦しみは「無我、非我」による自我の誤認から生ずるとする仏教の教えにしても、さらにまた、自由意志の有無が問われるキリスト教の教えやその他の宗教思想からしてみても、千差万別、諸事諸説が入り乱れ、自由意志を肯定する根拠に乏しい。さらに言えば、そもそも自由意志の根底を為す私達の意識そのものが、認知症や人工知能における研究が進んでも解明されていない。

私的には、霊長類の長として、人間には自由意志による選択肢が創造主より与えられていると考えたいが、現実には自由意志の基にある意識の大半は無意識の誤認にあるらしく、自我に生きたり無理して無我に生きたりしようとするから、心の病を患うことになるらしく、事象や症状は把握できても意識の本質や正体は不明である。しかし、私達が非我なる存在に軸足を移せば、既に無意識の領域で私達は万物と一体であることが伺い知れる。

まあ、スマホの複眼カメラが、AI技術 により画像を重ね合わせ、一眼レフに匹敵する鮮明な映像を作り上げることはできても、私達の意識については、認知症の分野の研究が進んでも、明らかにされていないばかりか、デカルトの「我思う故に我あり」にしても、何故思うのか疑問が残る。また仮に意識と無意識の関係性が解明されたとしても、個別の意識への対応には難しいものがある。

さらに、そんな視点に立てば、巷で言う意識改革などは全くのナンセンスであって、組織や体制に都合のよい単なる動機づけに過ぎない訳で、体裁のよい搾取やごまかしの類に思えてくる。しかし、その一方、現実には自分に生きるより、己を捨てて他者に寄り添い奉仕や奉公に生きる方が、苦しみから逃れられるところもあって、感覚や感情の捉え方についても、兼ね合いが難しい。まあ、この辺りは、ケースバイケースであり、自分に生きたり他者に寄り添ったりしながら、生きていくしかないように思う。

そんな想いに、人生はつくづく「成り行き」だと思うが、そんな中にも、いくさをしなくなった武士の生き方を綴った「葉隠れ」の「 武士道と云うは死ぬことと見つけたり(常住死身)」の中に、人生を生き抜くヒントや秘訣が隠されているような気もするが、結局人生は、朝に夕に死を意識し、その場限りに精一杯生きることに尽きるようである。

しかし、全く見えぬ訳の分からぬ自分(無意識)もこれまた自分である。無碍に切り捨て邪険にすることもない。そんな想いに、今日も新たな出会いを信じて頑張ろうと思う。

カテゴリー: 未分類 | 非我 はコメントを受け付けていません。

アウトプット

長寿社会とは言え、健康で元気でいられるのはせいぜい70〜80年、その後は具合が悪いところが出てきて、大なり小なり社会のお荷物になってしまう。

そんな人間の一生を眺めてみると、大儲けして幾ら財産を残しても、死んでしまえばすべてお終い、あの世から寿司やウナギを食べにくる訳にもいかない。

そんな儚い人生を如何に生き抜くかは、その人次第だが、聖書にもあるように、失敗も過ちも全てが益と為すように、与えられたタレントをフルに使って生きることが、神の意志に沿うものではないかと思う。
『結局、人生はアウトプットで決まる』とは、マイクロソフトのチーフアーキテクトを務めた世界的プログラマーの中島聡氏言葉だが、中島氏が言う「アウトプットでAIに負けない自分の『ブランド』づくり」とは、AIにはない人間だけが持つ「アウトプット(発信力)」の大切さやおもしろさを語ったものと思われるが、確かに学ぶことも大切だが、それより何かを発信したり創造したりすることに軸足を移して、新たな価値や信用を創造することにエネルギーを注いだ方がいいように思う

なぜなら、この世に生まれたからには、善悪真偽を問わず、何らかの価値の創造や信用の創造に係わざるを得ないからで、それならば、最初から積極的に、自分の言葉で想いを語り、学びながら仲間や伴侶を得て、みんなで新たな価値の創造や信用の創造に取り組んだ方が理に叶っているからである。つまり、学びのための学びでは意味を為さないのである。

そこで、そんな視点から世間を眺めてみると「なるほどなぁ」と思える節もあり、確かに、人生を活き活きと生きておられる人は、発信力があり、創造性も豊かで楽しいし飽きない人が多い。そんな人の周りには、自然と人が集まってくるし、そんな集いからは新たな価値や信用が生まれてきても不思議ではないからである。

一方、同じ発信力でも、お隣り韓国のような嘘偽りで塗り固めたデタラメ発言もある訳だが、そんな「実際の行動や真実が伴わない発言や発信」には、新たな価値や信用が生まれるはずもなく、反対に信用や信頼の失墜を招くことになることは、ご案内の通りである。

100年の恨みを軸足に、嘘偽りやごまかしで過去現在未来を書換えようとする発想力には本当に恐れ入るが、彼らの発言には、言い掛かりや難癖、ゆすりたかりの手合いと殆ど同じものがあり、ここまでくると朝鮮民族の文化である。

正に、言葉や発言は「諸刃の剣」であり、繰り返しになるが、新たな価値や信用の創造にもなれば、信用の失墜にもなる。古今東西の文化文明が激しくぶつかり合い、自由、平等、民主主義、法の支配を軸足に、国や人種や民族の枠を超え、差別や偏見からの離脱が模索される今日、私達は一体何を軸足に、物事を捉え考え語ればいいのだろうか? 難しい時代を迎えていることは確かである。

しかし、黙っていては何も変わらない。「沈黙は金」なる言葉は今は死語に近い。なぜなら、急速に進むグローバル化に伴い、世間の価値観が多様化し何でもありで、常識なるものが通じない世の中になってきたからで、その場の状況や感想を自らの言葉で端的に表現しない限り、お互いの情報を共有し差異を知り、互いにリスペクトする関係性もに至らないからである。つまり、如何なるシチュエーションにおいても自らの言葉で説明責任を果たすことが、新時代を自分らしく豊かに生き抜く秘訣なのである。

そんな想いに、多くを語れば、唇寒しの時もあり、人生とはつくづく「意味不明」である。時に言葉の力にも疑問を呈するが、しかし、言葉なくしては、正に「死人に口なし」生きる屍となってしまう。

そんなことから、これからも微かな望みを言葉に託し、不完全で愚かであっても、自分の言葉で自分の想いを語り続けていこうと思う次第である。

カテゴリー: 未分類 | アウトプット はコメントを受け付けていません。

明日

明日のことは分からない。だから今を精一杯生きたい。変な出会いもあるけど、掛け替えのない出会いもある。そんな出会いを大切にして、明日からまた頑張ろうと思う。

カテゴリー: 未分類 | 明日 はコメントを受け付けていません。