コロナ禍から、朝夕に掃除機を掛けるようになってしまい、先日のAmazonのブラックフライデーでハンディクリーナーを買ってしまった。しかし、最近のハンディクリーナーは実によく出来ていて、軽くて取り回しがよく、Dysonの掃除機などとは段違いの使い勝手に大満足、お陰で、部屋の空気も澄み切って実に気持ちがいい。度重なる断捨離から物がなくなりかなり掃除もしやすい。もう、このSimple lifeの快適さを体験すると元には戻れない。Simple lifeの基礎基本をコロナで学び、予想外の成り行きに感謝したい。

そんな想いに、 今朝は昨日と違って風があって寒い。冷えは万病の元と言うから、防寒対策をしっかりして、庭の落ち葉をかき集めようと思うが、とにかく毎日大きなごみ袋に一つになる。 昨日は濡れ落ち葉で 大変 だったが 今日はまだ見ていないが 風ですごい 落ち葉の量ではないかと思う。 まあ面倒だと思えば面倒だが、終わる頃には気分が爽快になるから不思議である。

「祓い給い、清め給え、守り給い、幸え給え」唱え言葉に、魂の浄化を託し、 今日も頑張りたいと思う。

全てに感謝したい。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

詐欺サイト

通販サイトはアマゾンや楽天、ヨドバシやビッグカメラくらいしか使わないが、ブラウザで商品をググると極端に安いサイトが見つかる。URLを調べてみると、保護されてないサイトで、この種のサイトはセキュリティーにお金を掛けていないから、ブログを閲覧するくらいならいいが、カード情報などを入力してしまうと、ちょっとまずいことになる。

専門店の通販サイトでも、保護されたサイトなら、先ず間違いないが、それでも安全性を担保するには先方に電話し商品の照会でもして確かめたらいいと思う。

しかし、この頃はアマゾンの商品も以前より品質を疑うものもあり、コメント欄も妙な言い回しの日本語で胡散臭いものもあるから、注意を要する。

そんなことから、実店舗で現物を見て、同じ商品を通販で買うのがベストだが、時にアマゾンは知らぬ間に値上げなどしており、地元のスーパーやドラッグのほうが安いときもある。思い込み一辺倒で通販サイトを利用してしまうのも問題である。

ところで、このところ、めっきり朝夕も寒さが増し、庭の落ち葉が半端でなく、掻き集めるのに一苦労、この場に及んではYves Montandの枯葉どころではない。全くのお門違い、ホウキで掃き切った爽快感は、その種のメンタリズムとは大違い、朝日を浴びて、気分爽快元気はつらつオロナミン、俄かに日本人の血が騒ぐ。併せ持つ欧州の陰鬱な気質とは裏腹なメンタリティには、思わず苦笑いしてしまう。

日の光に恵まれた日本は「日出る国」、さらに四季折々の変化が著しく、日々に大自然の鼓動を感じる。そんな季節の変化が、南ヨーロッパのイタリアやギリシャやスペインなどとは、一味違う感覚や感性を養うのではないかと思う。

そんな訳で、午前中は冷えから外作業は控えていたが、それこそ成り行きで、昨日は落ち葉掃きから調子に乗って、土ふるいして仮置きした土をバケツに入れ、一箇所に纏めようと運んだが、バケツにスコップで3回、おおよそ30回ぐらい運んだと思う。途中で足がふらつき、シャベルの柄に躓いて転ぶ始末、それでも何とか片づいて、きれいさっぱりサツマイモである。実に気持ちがいい。

そんな一日も夕刻になると寂しい。腹も減るから、いろんなレシピが頭に浮かぶが、コロナも下火となり、コロナ自粛で得た貴重な体験を活かし、ポストコロナに期待したい。

全てに感謝する次第である。

今回のコロナワクチンは、MessengerRNAワクチンだから、この種の研究と関連があると思うが、タンパク質の形成が阻害されると言うから、それなりに短命になる気がする。いたずらに長生きしても仕方ないから、どちらにベネフィットがあるかよく考えて、それぞれの立場判断でワクチン接種をしていくといいと思う。

それにしても、怖い話である。人工物に頼らず自然に生命を全うしたいものである。お互い幸運を願いたい。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

雨の日

今日は午前中頼まれごとで久々にパソコンを使ったが、やはり午前中の方が頭が冴える。そんなことや大分寒くなってきたので、早朝からの外作業はやめて、午前中は頭を使うことに専念し、太陽が上がり暖かくなってきてから外作業をしようと思う。

とにかく、寒さによる冷えは禁物で、免疫力の低下に直結する。冬は漢方によると陽気をため込み激しい運動などして汗をかき、折角の溜め込んだ陽気を吐き出すような事はしない方が良いようである。

まあ、季節に応じ、自然に暮らすのが1番で、基本的には日の出とともに活動して日没とともに休むと言うのが、体にやさしい生活習慣だと思う。

幸いにも、東の窓からは日の出の太陽と夕刻に顔を見せるお月様が庭を挟んでくっきり見えるので、朝は元気をもらい、夕刻は天空からの不思議なメッセージをいただいている。

まあ、秋の夜長に読書や音楽は、心の健康に良いようにも思うが、あまり夜遅くまで起きていては翌朝に響く。スマホはなるべくベッドに持ち込まないようにしているが、これだけは悪習慣だが、なんとしても止められない。困ったものである。

そんな訳で、今日は午後の昼寝の後に、内田光子のモーツアルトのピアノソナタを聞いた。コロナもだいぶ下火になってきたので、今度機会を見つけて、この種のコンサートにでも出かけてみようと思う。

しかし、やはり内田光子は素晴らしい。K332番はモーツアルトのピアノソナタの中で、最もお気に入りのソナタで、心が安らぎ豊かになる。こんな楽曲が手軽にスマホで聴ける時代に感謝したい。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

終わり

もし死なないとしたら、生きる意味も薄れる。永遠の生命を望むべくもなく、永遠にリセットできぬところに意味があるように思う。

いつしか生まれ、いつしか死んでいく、そんな一生でありたいと想う。すべてに感謝したい。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ふるい

先日購入した「土ふるい機」は、電動キットを欠く手回し状態だが、予想以上に使い勝手がよく大満足、もっと早くに購入すれば良かった。

私はスコップで一回づつふるっているので、手廻し状態で充分、それで、購入先の九州の瀧商店に連絡してみたところ、快く電動キットのキャンセルに応じてくれた。

先方には迷惑をかけてしまったが、迅速で親切な対応には痛み入った。これからはこのような特殊なものは、購入する前によく下調べをして購入しようと思う。

ところで、最近の世相を垣間見るに、その原因や理由を追求してみても、どうにか良くなるのなら別だが、人生はある種の因縁から為るべくしてなっているケースばかりで、現状や現実を変えることは先ず持って不可能に近い。ただ、その受け止め方は変えようと思えば変えられるから、その辺のところは、昔のNHKの番組「ひょっこりひょうたん島」のテーマソングの歌詞にあるように

「丸い地球の 水平線に
何かがきっと 待っている
苦しいことも あるだろさ
悲しいことも あるだろさ
だけど ぼくらは くじけない
泣くのはいやだ 笑っちゃおう(注)
進め
ひょっこりひょうたん島」

と前向きに明るくやっていくしかない。

そんなことを思うのは、やはり私自身が歳を取りお先短くなってきたからだで、私の近所や町内でも高齢化に伴い施設介護や通所介護を受ける人ばかりで、やはり80歳を超えるとかなり身体にガタが来るようで、皆な持病を抱え半病人といった悲惨な状況にある。

会えば、身体の不調を訴える話しばかりで、手押しクルマやコルセットをして杖をついても散歩できる人はまだマシな方で、寝た切り介護や家の中に閉じ籠りの人もいる。

そんな世間を傍目に、自分の老い先も考えてしまうが、今は玉ねぎでも植えようと、庭の土作りに忙しい。

だいぶ朝晩寒くなってきたが、朝は家の中にいるより、外の庭にいた方が、太陽の光で暖かいので、自然と外にいることになる。毎日土にも触れるから、大地との電位の差も解消され、どちらかと言うとアフリカの原住民のような生活をしていることになる。

そんなことから、つい最近までは妻に頼まれれば簡単にパソコンで原稿を作ってやれたが、最近ではなぜか億劫になってしまって、困ったものである。多分、部屋の中に長く座っているのが嫌になってきたからだと思う。

もともと、コロナ以前は、何かしら理由をつけて外出していたわけで、やはり多くの人が体調を崩されているのは、コロナ自粛の影響が大だと思う。

そんなことで、私のような高齢者になれば世間に憚ることなどは何もない。所詮人間は煩悩5欲(欲望を招く物質 (色) ,音声 (声) ,香り (香) ,味,触れてわかるもの (触) 、具体的には、財欲,色欲,食欲,名誉欲,睡眠欲の5欲にしか生きられない訳で、アイデンティティーに執着しようがしまいが、欲に生きることに変わりばない。

まあ、ものが溢れ、大抵のものがお金で買える時代ともなれば、お互いに助け合う共助の意識が薄れるのは当たり前で、昔のような深く強い絆や結びつきを求めている人は稀である。しかし、その反面、一人ぼっちや深い孤独感に苛まれることも否めない訳で、レンタル親父やママ活、ゲームやおしゃべりチャットなど、軽いノリでその場限りの関係といったものも存在する。

さらに、そんな心の隙間を、犬や猫や鳥などのペットを飼うことで紛らわしている訳で、行き先の見えぬ旅の不安や恐れを、何とかして忘れよう考えまいとする偽り誤魔化しの日々日常が人の一生だとも言える。

そんなことで、嘘偽りごまかしの日常に意味はないが、さりとて、社会的に認知された主義主張、信念、世界観や宗教観も、ある種の嘘偽りやごまかしの上に成り立っているわけで、そんなことに気づいてしまったホモサピエンスは、より強く自分の意識を肯定して生きるしかない。仮にそれが煩悩と言われようが、それが現実だから仕方がない。全て成り行き、改めて今あることに感謝したい。

しかし、時代は変わった。ノスタルジックな思想や信念に固執していてはいけない。改めて今あることに感謝したい。成り行きに任せ、すべてを肯定して生きることに意味があるように思う。

https://youtube.com/shorts/qEmvSWG6UrQ?feature=share

カテゴリー: 未分類 | コメントする

今日は今年2月に亡くなった愛犬Janianの命日、僕らの想いは疾の昔に時空を越えている。月に向かってfeverすれば、遥か彼方からJanianが威勢よく応えてくれる。僕らは出会った時から固い絆で結ばれている。すべてに感謝したい。

https://youtu.be/CCHdMIEGaaM

カテゴリー: 未分類 | 夜 はコメントを受け付けていません

ふるい

昨日届いた電動ふるい(今は手回し)で、朝から庭の土を震ってみたが、かなりいける。

THE DOOBIE BROTHERS の Long Train Runnig をスマホで飛ばしながら実に快適、絶好調。年末に向け頑張りたい。

カテゴリー: 未分類 | ふるい はコメントを受け付けていません

見えぬ旅

最初から何もなかったように… 行先が見えぬ旅は続く

カテゴリー: 未分類 | 見えぬ旅 はコメントを受け付けていません

電動ふるい機

庭で土作りをしていると、先日ネットで注文した電動ふるい機が届いた。 とはいってもコロナの影響で電動モーターなしの配送だが、使ってみたら手回しでも結構いける。

実に快適で超楽チン、 作業能率の向上は予想以上、これまてが嘘のようで、やはり道具は道具、お金はただ取らない。電動モーターが後日届けば、正に鬼に金棒、 大幅に遅れている庭の整地に目処が立ち、来春には花や野菜が植えられると思うと夢が広がる。

しかし、ホームセンターで確か50円で買ったブロッコリーの苗木が紋白蝶の幼虫の青虫に食い荒らされ、見るも無惨な状態から何とかそれらしき格好になってきたものの、無農薬有機栽培などと口では何とでも言えるが、いざ実践するとなると、とてもじゃないが手間暇が掛かる。まあ、私的には机上の空論、自然界は弱肉強食、家庭菜園はあくまでも楽しみ、全く実用にはならないことが分かった。

時に、政府は新規就農者への資金補助の枠を広げ、耕作機械の購入などを資金面で支援するらしいが、 農業は資金繰りから作付収穫作業や販売先の確保、ネット販売まで考えると、既存の一次産業の枠に留まらず、物販や配送、マーケティング、品種改良や病虫害対策や自然災害への対処など、産業枠を超えた一大事業で、これで一端に食べていくとなると、これは只事ではない。かなり分の悪い仕事である。

庭の吊るし柿を食べるのとは大違い、現実は厳しく、農業はその最たるものと言える。しかし、人生は働こうが遊ぼうが、いつかは死すべきロードマップに、行き先の分からぬ不安や恐れに慄き、何とか生きる意味を追い求めながら、その時折の夢や希望に微かな望みを託するものの、実に儚いものである。

そんな訳で、無明無知の老人の呟きに、呆れ果てるが、持病の悪化から自宅療養している知人との電話での久々の語らいからも、人生は一期一会、常に一発勝負、リフレインはないことを改めて痛感した。

今この瞬間を大切に、気力を奮り縛って生き抜くしかない。非情だが、世間の事象は全て戯言、謂れなきものとして、切り捨てるしかない。

そんな想いに、身近なものに生きる望みを託し、更なる高みを見据えて頑張ろうと思う。

想いは果てしなく尽きることがない。新たな出会いを信じて頑張ろうと思う。すべてに感謝したい。

https://youtube.com/shorts/mDs2OYrCNGQ?feature=share

人生、食に勝るものはない。夢の国ディズニーランドのコンセプト「いつでもおいしいものが食べられて、お掃除が行き届いていること」こそ、私たちの究極的な目標ではないかと思う。レシピ動画を参考に、これからもレパートリーを増やしていこうと思う次第である。

カテゴリー: 未分類 | 電動ふるい機 はコメントを受け付けていません

寒い

さすがに立冬を過ぎると、寒さも本格化して晩秋と言うより初冬と言った雰囲気が漂う。今朝の最低気温は4度、いつもなら窓辺のヒヨドリに起こされるが、どうも今朝は日曜でお休み、温かな寝ぐらで巣ごもりしているらしく、やけに静かである。

これから毎朝気合を入れないとベッドから抜け出せない日が来るが、無理をせず自然に逆らわず、老け込むことを承知で隠居生活を楽しもうと思う。

とにかく、嫌な事はやりたくない。やっと晩節になって手に入れた生活である。もっぱら健康管理は、趣味のDIYとガーデニング、それに料理とお掃除に終始しているが、ディズニーランドのコンセプト「いつでもおいしいものが食べられてお掃除が行き届いている夢の国」こそ、自分が最終的に追い求めてきた現実的な目標ではないかと思うようになった。

この2年間コロナでずいぶん損した気がするが、2年間と言えばその半分を睡眠としても、1年分365日をしたいこともせずに自粛したのだから、たまったものではない。人によっては体調を崩し大変な思いをしているのではないだろうか。若い人はともかく、老い先が短い高齢者にとってはそれこそ災難、町内でも体調を崩して寝込んでいる人が多い。まぁ、コロナも下火になったのだから、自分の感覚を信じて、力強く生きてもらいたいと思う。

そんな中、所得制限つきで18歳未満への給付金のほか、中小事業者への経済支援策として、250万を上限とする給付金の支給が具体化されてきているが、そんなことより、諸物価高騰の折、思い切って消費税をゼロにしたほうが、経済活動が活性化するのではないだろうか。

とにかく、グローバリストがお得意な海外投資で国を支えるなんて事はやめて、やはり日本は「ものづくり日本」の方が、健全な社会を維持するできるわけで、そんな社会体制の中で、外国人も受け入れて教育して、新たな日本にしていけばいいと思う。

つまり、外国に合わせるのではなく、日本古来の民族の価値観を世界スタンダードに持ち上げる努力をすべきで、それにはやはり日本人の豊かな感覚と感性を活かした「ものづくり」に尽きると思う。

そもそも、経済活動の基本は、自分のスキルを提供して、その反対給付を受けることで、株や投資で儲けることではない。仮に株や投資で儲けても社会にその多くを還元する気持ちがなくては成り立たない。時代に合ったスキルを身に付け社会奉仕する気持ちがなくては成り立たない訳で、単に儲けて楽する社会は、人間がアナログであるが故に、実にリスキーな社会だと言える。なぜなら、誰もが明日の命の保証がないからである。

しかし、今の日本はまったく暴力資本主義「今だけ金だけ自分だけ」といった風潮が社会全般に蔓延り、誰もが他人のことなど考えない。いや考えるゆとりがない。そんなことで健全な共生社会が成り立つわけがない。口先三寸の政治家の話など聞きたくない。

そんな訳で、光り輝く朝日を浴びて、今日も頑張ろうと思うが、部屋の中にいるより、庭で朝日を浴びていた方があったかい。自然は優しい。お金もかからない。この夏はいただいたオクラの苗木から毎日食べたが、ミニトマトも終わったものを路地植えしておいたら、そこから新たに実をなして、今日はそれを摘んで食べようと思う。感謝である。

食欲の秋、毎日いろいろ作りすぎて、夫婦2人では食べ切れないが、根っからの凝り性だから仕方ないと妻も諦めているようで、味見するのが楽しみらしい。

このところ、きのこ料理に凝っていて、今日も椎茸を使った料理に挑戦してみようと思う。

すべてに感謝したい。

カテゴリー: 未分類 | 寒い はコメントを受け付けていません