肉食

食べ物はいくら健康に良いからと言って拘ると却って健康を害する。なぜなら、拘れば拘るほど偏食になるからで、さらに世間にこれだけバラエティーに富んだ食材があるのだから、いろいろ食べて楽しまなくては、食の楽しみが半減する。

まあ、いつも健康にありたいと願うのは万人の願いだが、何故か人にはそれぞれにフィジカルな面で弱点があるようで、同じ食べ物を食していても健康な人もあれば病気になってしまう人もいる。

そんな中、アルコールやタバコは多くの人の経験知から健康を増進するものとは言えないと思うが、人によっては「酒は場を和ませ、百薬の長」であり、タバコは極アルカリなので、新陳代謝が激しく酸性過多に傾きがちな青年期の若者にとっては中和剤としての効果が期待できる。しかし、多用すると気道などの粘膜を傷つけるから考えものである。

まあ、酒やタバコに限らず、あまり刺激のあるものは考え難い。仮に近代的な生活を離れ、山谷や海辺に放りだされたとしたら、どんなもので命を繋ぐかを考えてみると、極端な肉食は考え難い。あわよくば鳥の卵や磯部の貝や小魚くらいが関の山で、野山の果物や大地の芋などに落ち着くような気がするのである。

しかし、そんなものばかり食べていたから、昔の人は短命だったとも考えられる訳で、生活環境が劣悪で尚且つ身体を今より酷使していたことも、その要因として考えられる。

いずれせよ、やはり人間は雑食で、昔の厚生省が推奨していた1日30品目が偏食を防ぎ健康を保てるのではないかと思う。

まあ、よく「毒も薬」などと言うが、野菜や穀類のアリシンやフチンサンなどの毒素も熱を加えたり発芽させたりすれば、毒性を緩和できる訳で、人類が火をつかって食材を調理するようになったことも食材の毒素を抜き安全に安心して食することができるようになったものと思われる。

さらに、微生物の力を応用した発酵食品などはその最たるもので、味噌汁は放射線障害を緩和するものと言った報告を聞かれる。

そんな訳で、何事も入れ込み過ぎてはダメ、すべて「引き際」が大切で、愛も求め過ぎても与え過ぎても、依存的になるだけで極めて宜しくない。

何事も成り行き、日に新た、雨の日は雨の日にやれることをやる、酷暑の時は熱射を避けて木陰に憩うのが宜しい訳で、想いはその次、無理を押し通しては必ず禍を転ずることを肝に銘じたい。

そんな訳で、今日も「 五分を持って最善となす」にて、バラエティーに富んだ食材で食を楽しもうと思う次第である。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

お盆明け

今日はお盆明け、仏壇のお供物を盆御座にくるみ自治会の集積所に妻が朝方持っていった。私は昨夜から調子が悪く、朝方もふあふあするので今日は1日静かに休むことにした。

それでも、廻り灯籠は片付けないと邪魔になるので、埃を払って箱に収めた。廻り灯籠自体は古いし大きいので、適当に箱につめようとすると入らない。下手をすると灯籠の張りを破いてしまうので、細かなことが得意な私でないと務まらない。それでもしまうのに一苦労するが、今年は何故か手順よくキチンと仕舞えて大満足、大役を終えた灯籠に感謝したいと思う。

ところで、毎年お盆が明ければ一挙に秋らしくなって、それなりに秋は秋で楽しみだが、強い日差しと藪蚊に阻まれ、畑は雑草でいっぱいになつてしまって、夏野菜どころではない。無理をせず夏野菜は諦めた方が無難かも知れない。

そんなことで、ガーデニングは頭で考えるほど楽じゃない。土つくりや畝つくり、施肥や植え付けや水やりなど、結構お金も身体も使う。自給自足など夢のまた夢、農家にお手伝いにいって、お裾分けでもしてもらった方が手っ取り早い。

とにかく、自然が相手だから、自由がきかないし手間隙が掛かる。こちらの思い通りにはならないし、天候はもちろん、病気や害虫や鳥から、肥料や水やりなど、とてもじゃないけど、実際に実践し実務を学ばなくては習得できないことだらけである。

そんな訳で、去年の8月からほぼ一年、DIYとガーデニングに取り組んできたものの、イメージと現実のギャップもあり、自分の体力や気力もあるので、それなりに作業を見直し最適化していこうと思う。

それにしても、若さは宝である。周りが一人二人と居なくなる現実に、畑作を維持するのは極めてハードルが高い。

まあ「五分を持って最善とし」、体力を温存しながら何とか続けていきたい。いずれにせよ、気力体力もだが、頭がしっかりしていないと何も始まらない。歩行などの運動もだが、音楽を聴いたり演奏したりすると脳が活性化すると言うから、音楽は好きでもあるからボケ防止に活用していこうと思う。

いずれにせよ、実りの秋に向け体力保持に頑張りたい。すべてに感謝したい。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

現実と憧れ

遠出をした帰り道のホームセンターで「すだれ」と鴨居に掛けるフックを買い、帰宅して早々に西陽が差し込む八畳間にぶる下げてみたが、西陽が適度に遮られ外の様子も何気に伺えるところが気に入った。

それで、調子に乗って、ちょっと物騒だったが、戸を開け放して網戸だけで寝てみたが、夜風が涼しく実に快適、夏はここで寝るのもいいと思ったが、何せ人が自由に行き来する路地に面しているから、やはり考えものである。

それにしても、連日の猛暑には熱中症になりそうで不快そのもの、さらに不快になると以前交通事故で痛めた首筋が痛むので、最近は痛み止が常備薬になりつつある。困ったものである。

特に痛み止は神経組織にダメージを与えるので控えたいが、ついつい依存してしまう。

時に、ポールマッカートニーによる名曲 My loveは妻リンダへの想いを綴ったものだが、当時二人はかなりの大麻中毒だったようで、日本円にして1日30万円もの大金を費やしていたようである。

また、ご案内のように、アメリカのケネディ大統領もかなりのアンフェタミン中毒で、憧れの家庭生活も別の一面が伺える。

まあ、事実を知ればイメージが崩れるから、やはり何事も「知らぬが仏」、朝日やNHKの言うことを真に受けていた時の方が、シラケ鳥になって電線音頭を踊らなくて済む。

そんな訳で、コロナもウクライナも台湾も、世界ズブズブ茶番劇に、もうアホらしくてネット記事も読む気がしない。まあ、個人としては健康第一に、社会や人様のお世話にならぬことが最善であるからして、日頃の体調管理を最重要課題として、頑張ろうと思う。

すべてに感謝したい。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

お盆

過ぎ去れば、すべてに意味を失う。しかし、何らかの目標を持たねば、惰性とマンネリに苦しむことになる。困ったものである。

ところで、今日は例年なら菩提寺のご住職がお経を上げに来る日だが、昨年に引き続き、今年も感染防止のため玄関先でご挨拶して、お経は後日お寺の本堂で上げることになっている。

まあ、こんなことは今年で終わりになればいいが、ご先祖様もさぞかし時代の変化にびっくりしているものと思う。

そんな訳で、今日は月の15日なので、神棚のお供えや玄関の焼き塩などを取り替え、家内安全、無病息災、疫病退散を祈願した。

改めて、今あることに感謝し、お盆明けの秋に向け頑張ろうと思う。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

My Love

迎え火を焚き浄土から父母をお迎えして一安心、歳を重ねる毎に父母への恩寵の気持ちは高まるばかり、只管感謝しかない。

未だに愛の本質も分からぬままに、理性と本能に揺れ動く毎日だが、大地と天空に想いを繋ぎ生きる晩節は何よりも尊い。

想いこそすべて、断捨離とコロナから得た教訓である。明日は焼き塩をして、部屋の空気を浄化してご先祖様に安住安楽を味わって貰おうと思う。

すべてに感謝したい。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

今は夏

それでも今は夏。思いっきり夏を味わって、その儚さに酔いしれたい。すべてに感謝したい。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

故郷の山 

光陰矢の如し。今年の夏もお墓参りできて幸せである。すべてに感謝したい。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

お墓参り

菩提寺の玄関にて

今日は大月真木の菩提寺にお墓参り、5ヶ月ぶりにご住職夫妻と久しくお話しをした。お天気がいいと山間から富士山が見えるのに、今日は猛暑でかんかん照りなのに雲が邪魔して見えなかった。

汗だくになってお墓の掃除をして、日頃の感謝の気持ちを伝えてきたが、今度はそれを自分が聞く番になると思うと、残された日々は一族一門に尽くして、感謝に値する生活をしようと思う。

まあ、そう思っても半分も出来ないが、「5分を持って最善とすべし」とあるから、無理せずに頑張ろうと思う。

季節の流れは早く、お盆が終われば急に秋らしくなって、コウロギが鳴くようになる。

コウロギが鳴き出せば、蝉の季節が終わる訳で、さつまいもの出来が気になるが、夏の土用の18日間、土いじりは忌避だったので、今から植えられる野菜を探そうと思う。

まあ、コロナもオミクロン騒ぎで散々、慣れ子の虎とは言え、マスコミの偏向報道に惑わされずに正しく恐れる知恵がほしい。

そんな訳で、今日も一日が終わる。コロナでライフスタイルが一変し、気の合う友と久しくお話しする機会も奪われ寂しい限りだが、これを契機に淡き絆に徹し、人間が霊的な存在であるからして、天空や母なる大地に想いを繋ぎ死するのが、天地天命の理に叶う生き方ではないかと自分を慰めた。

全てに感謝したい。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

続バジル

バジル

大体ミキサーに一つが横の小瓶の半分弱である。もう一つの籠にも同じくらいあるから、とても一度には仕上がらない。遊びながらだから二三日はかかると思う。

しかし、今日はずいぶん過ごし易い。今日で18日間の土用が終わるが、大人しくしていた分、いろいろやりたいことが溜まってしまい、困ったものである。何とか手早く済ませて、お盆さんを迎えたい。

いずれにせよ、今日は暑くなりそうもないので、買い物がてら、氏神さんと崇敬神社に参拝してこようと思うが、共に歩いて行ける距離なので助かる。

そんなことで、今日も夢と希望を持って頑張ろうと思う。すべてに感謝したい。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

コロナに思う

私達の生活は、ネットを通して様々な人や文化に接しており、現実なのか仮想なのか、よく分からなくなっている。

なぜなら、ネットを介する交流の方がより現実味を帯びていたりするわけで、趣味嗜好や考えを同じくする会員サイトでのつながりは、意識的に現実を超えている。

時に、同じ趣味嗜好の人を周りに探すとなるとかなり難しい。しかし、ネットならお茶の子さいさい、意図も簡単に探し出せる。それで、ますます深みに嵌まっていく訳だが、現実と仮想空間との境がなくなりつつあることは確かである。

それで今のところ支障がないからいいが、結局はそんな繋がりは「気晴らし、暇潰し」の類いで、いざとなるとやはり現実的なサポートにはならない。

時に、妻が実家で留守居だと誰とも対面で話をしないことがある。たまたま、今回は毎月のガス検針のおばさんや置き薬の社員がやって来たので、初対面ではないから、話しもいろいろできたが、コロナ自粛も困ったものである。

情けない話しだが、高齢者は普段から話したり歌ったりしないと喉が塞がってしまうらしく、食べ物を誤って嚥下して、細菌が肺に入り肺炎で亡くなる人もいるようで、肺炎球菌どころの話しではない。

そんなことから、普段から歌を歌ったり、話をしたりして喉や肺の機能が衰えないように心掛けることが肝要だが、今回家に届いた「おうちCo-opのチラシに、嚥下機能トレーニングマシーンなるものが掲載されていたが、私的にはそんなものに頼るよりカラオケした方が、よっぽどマシに思えるが、歌うのが嫌いな人もいるから、そうも言えない。

そんなことで、コロナ自粛は老い先短い高齢者にとってリスキーなことばかり、それなりに対処する必要がある。

一刻も早く悪霊退散に期待したい。

カテゴリー: 未分類 | コロナに思う はコメントを受け付けていません