明日

昨日は友人のピアノ教室の発表会があり、久々に疎遠になっていた方々と久しく交わり元気をもらえた。やはり、人間は群れに生きる動物である。絆やご縁の大切さを改めて痛感した。

96歳を迎える友人のお母さんとも久しくお話しさせていただいたが、涼しげな夏服に品のいいネックレスがお似合いだった。敬愛する先生の洋装も素敵で、日々の気持ちをお話しする機会を得て嬉しかった。

もうとっくにトキメキを感じる歳ではないが、それでも夏服の女性には何かほんわかしたものを感じる。

そんな楽しい1日だったが、帰りがけにハイビスカスの鉢植えを主催者から、さらに知人からベゴニアの鉢植えをいただき、まさにラッキーでハッピーな1日でだった。

まあ、当分は先行きが見渡せぬ No planの状況が続くが、肉体以上に精神活動の重要性を心に留め置き、世間の成り行きを注視していこうと思う。

すべてに感謝したい。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

終焉

コロナがもたらした今日的な社会システムの崩壊は、伝統と文化の喪失を意味する。と同時に、変化と多様性の終焉を意味する。

なぜなら、世界はAIによって益々収斂し、究極的にはその多様性も、全てがクラウドで動くかのように、失われ統一されていくからである。

その中で、私たちの意識はどのように変化していくのだろう。改めて想いの意味を問いたい。存在の意味を、意識の本質を問いたい。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ショック

昨日はスマホが見当たらず、ひどい目にあった。夕刻になって探し回り、見つかったものの、最近は物を探し回ることが多くなった。

無意識と言うより、何か考え事をしていた気もするが、臨場感や緊張感のない生活をしていることは確かである。加齢によるのか不安になるが、昔から私は離人症的なものを持ち合わせており、意識がここにないような感覚に襲われることがよくある。

風景や光景、街並みや人の表情などに触発され、いろんなイメージが浮かび、それらしき音楽が勝手に流れてくるから始末が悪い。

まあ、1種の病気だと思うが、意識が別世界に飛ぶので、心ここに在らず状態になるのでうまくない。まあ、仕事上ミスすることはないが、身が入らないことは確かで、困ったものである。

しかし、現役を離れてからは絶好調で、それもそのはず、仕事という縛りがないからで、自由快適、気ままな生活は思ってもない神様からのプレゼントで、喜びと感謝の毎日である。まあ、生来の「お楽どん」怠け者なのである。

しかし、昨日のスマホ騒動はショックだった。なぜなら、あり得ないところにスマホを置き忘れていたからで、何か認知症の始まりのような気がして不安になる。

そんなことで、今日は特に意識して物事に対峙しようと思うが、確か以前買ったイチョウ葉エキスも残っていると思うので、予防対策に服用してみようと思う。

オリンピックも始まり、いろいろあったが、とにかく開催に漕ぎ着けたところは大したものである。その熱意には敬意を表したい。利権絡みの熱意を打ち消す大会運営を期待したい。

ところで、このところの暑さには半端ではない。熱中症にならぬように注意して、ガーデニングしようと思うが、遊び半分でするガーデニングならまだしも、イメージを膨らましコロナで地方に移住してまでする様なことではない。なぜなら、自然を相手にすることは何んでも過酷だからで、人類の歴史はある意味において自然との戦いだからで、花木や家庭菜園でも、見栄えのするものを作ろうと思うと、とても無農薬とはいかない。さらに蚊やハチなども大敵になる。暑さ寒さも身体にはストレスになる。

まあ、何事も冗談半分、半人前、成り行きがベスト、そんなところがいいように思う。人生遊びでは済まされないが、理想を言えば、限りなく遊びに生きることが幸せになる秘訣だと思う。

すべてに感謝したい。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

幸せ

誰にとっても、健康で心豊かに生きることが幸せだと思うが、そんな理想に余りにも拘り過ぎて、返って不幸になってしまうこともある。

健康でなければと一途に思えば、巷の健康情報に振り回され、拘り過ぎれば不安になる。運動、食事、睡眠など、毎日理想的な規則正しい生活を心掛けても、なかなか思い通りにいかないのが常である。

さらに、社会通念や常識、マナーやエチケットやモラルに関しても、余り厳密に捉えると、窮屈で息苦しく、幸せとは縁遠くなる。

まあ、理想は理想として大切だが、程良く現実と妥協する知恵も必要である。さらに、その理想も単なる思い込みやコンプレックスの裏返しかもしれないし、いちどゆっくり落ち着いて、自分の理想像を振り返ってみることもいいように思う。

「三界は安きことなし、なお火宅の如し」とは、私達衆生が生死を繰り返す三界(欲界・色界・無色界)は安住することができず、まるで火事になって燃え盛る家のような世界であると言うことを述べた言葉だが、理想を追い求め、自分の好きなことをするには、その3倍も嫌いな嫌なことをしなければならないのが現実で、そんなことから、あまり高い理想を掲げるのも考えものである。

幸せにも、私は現在、定年退職して11年、涼しき草庵に安処し、浮世離れした隠居の身なれば、それこそ毎日が成り行きそのもの、どうでもいい、どうにでもなる生活をしている訳で、まさに心豊かに健康に毎日を過ごすことが理想であり、現実である。

そんな今の自分を振り返ると、世間の障りは世間にあるのではなく、自分の心の持ち様にあるように思う。

まあ、実に馬鹿げだ思い込みやコンプレックスから本当にくだらない人生を歩んでしまったが、そんなこともあったから、今は適当に聴き流すことも上手になり、自分なりに心豊かに暮らせていると思う。

そんな訳で、人生すべて成り行き、小さな夢や目標や目的はあっても、理想は理想、現実は現実を踏まえて、程良いバランスを保つことが大切だと思う。

そんな想いに、今日は離れの玄関の天窓を開け、真夏の猛暑に備えたが、やはり風通しは大切で、室温がかなり低くなったように思う。

小学校も今日から夏休み、例年なら、おじいちゃんが孫とハッスルする絶好のチャンスだが、緊急事態や自粛要請もあることから、もうしばらく様子見しようと思う。

すべてに感謝したい。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

成り行きとは言え、もう少し何とかなったように思う。それでも、なお成り行き…

真夏の夜風に、改めて想いの意味を問いたい。死は自分にとって意味を為さないが、残されし者に意味を為す。

それも成り行き… すべてに感謝したい。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

午後

今日は離れの土壁の補修をして、昨日ホームセンターで買ってきたコキアを鉢植えしたが、町内の消毒があったせいか、蚊の猛攻に会わずに済んだ。

しかし、この消毒で庭のトカゲも死んでしまったかと思うと複雑な想いに駆られる。別に爬虫類好きではないが、ガーデニングしていると、目の前にチョロチョロでてきて、その大きさもまちまちなのが、何とも可愛い。親子で必死に自然界を生き抜いているようで、愛着を感じるのである。

そんなありきたりの日曜だが、やはり梅雨明けすると、一気に気温が上り、あれだけ降った雨でも恋しくなる。

これからお盆過ぎまで、猛暑が続くと思うとうんざりするが、暑さとコロナに負けないように、午後は音楽を聴きながら、体力を温存し、夕食のメニューをあれこれ考えてみたが、このところサッパリ系が続いたので、今日はギーを使ったチャーハンと野菜炒めと冷たいお蕎麦と薬味いっぱいの奴豆腐にすることにした。

それで、先ほど仕込みが終わり、6時半の夕食に合わせて、これから調理する訳だが、コロナのお陰で今や完全な主夫になってしまい、結構手順もよくなった。調理が終わる頃には、器具の片付けも終え、我ながら最近はめっぽう腕が上がった感じがする。

そんな訳で、世間の動きはいざ知らず、とにかく、熱中症とコロナから身を守り、実りの秋に向け、頑張ろうと思う次第である。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

?

???

カテゴリー: 未分類 | コメントする

梅雨が明ければ、今年も猛暑日が続く。私はクーラーが苦手なので、暑くて寝苦しい夜は水枕で寝ている。

首筋や背中を冷やすと、実に気持ち良く、すぐに寝れる。昼寝の時も水枕に氷をいっぱい入れて首筋を冷やすと、実に快適で、電気代はかからないし、クーラーのフィルター掃除やカビ対策もしなくて済む。面倒くさくないし、貧乏人の生活の知恵である。

とにかく、シンプルライフ。食事なども、なるべく素材の味を活かし、フランス料理や中国料理のように、炒めたり煮込んだりしないのが、日本人には向いている。

そんな中、今日はガルバリウム鋼板を外壁の破損した箇所に貼りつけてみようと思うが、金切バサミで適当な大きさに体裁よく鋼板を切断するのが難しい。電気ノコギリにも鋼鉄用の刃があるが、それは主にパイプの切断に使うもので、鋼板を切断するには、ジグソーを使うのではないだろうか。

そんな訳で、朝目覚めると、自然といろんなことが次から次へと浮かんでくる。昨日補修した目隠しも、もう少し体裁良くしたいし、屋根のペンキ塗りも伸び伸びになっているし、自作小屋もこれから潰す家の廃材を使ってDIYするつもりなので、中断状態にある。

とにかく、家の解体が始まらないと、裏庭の廃材も片付かないし、いつの間にか刈り込んだ雑草も生い茂り、草焼きバーナーも使えないから、ストレスが溜まるばかりだが、20日以降に解体業者が打ち合わせに来てくれるので、楽しみである。何とか手早く片付けて、サッパリしたい。

そんな訳で、今日も1日朝の掃除から始まるが、慣れたとは言え、毎日庭掃除で蚊の猛襲に会うのが辛い。虫除けスプレーも蚊取り線香も効くには効くが、それでも刺されるので頭にくる。挙句の果てに、殺虫剤を散布したりするが、吸い込めば健康被害にもなりそうで、これはこれで不安になる。

オリンピックも開催まであと1週間、どんな開会式になるものか見ものだが、今日から始まるYouTubeライブも楽しみである。コロナ禍における共通コンセプトとして「Moving Foward」に肖り、新たな関係性の構築に向かって、コロナ後に期待したいと思う。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

雑感

今日は梅雨明けを思わせる天気で、夏日を感じた。午前中、雨の中、離れの庭の鉄扉に、半透明のポリカーボネートの波板を貼り直したが、我ながらうまくいって大満足である。

ドリルドライバーで波板に穴を開け、銅の針金で鉄扉の枠に波板を取り付けただけの話しだが、路地を通り抜ける人の目線を程良く遮り、不用意に目線が合わなくていい。

そんな中、世間では西村経済再生担当相が金融機関から圧力を掛け酒類の自粛を呼び掛ける事態に至り、注意喚起や自粛要請もここまでくれば、立派としか言えない。

まあ、コロナにすっかり場を追われ、見る影もないオリンピックになってしまったが、大会期間中は1日1000人の感染が見込まれるとのこと、オリンピック後の生活がどうなるものかと不安になる。

そんな状況下に、政府機関や大企業や研究機関や大学などから、新たな提案や提言もなく、妙に静まり返っているのは、何か秘策でもあるのだろうか、返って不気味なものを感じる。

まあ、誰もが問題が難しくて、具体的な対策や対案が浮かばないのだろうが、ただ、毎日毎日その日暮らし、コロナコロナでワンパターン、惰性とマンネリの社会になっていることは確かで、自治体や行政の目ぼしい活動や提案も見当たらない。

みんな人ごと、自分さえ良ければ安泰であり、庶民市民の事など範疇にない。そんな不作為のオンパレードの中、コロナで商売が潰れようが、人が死のうが、オリパラの役員や職員は、安定した収入の中にいるわけで、これ以上の格差はない。

しかし、それが現実だし、合法なのだから仕方ない。それはそれとして、受け止め、とにかく自分でできることを愚直に見つけて、こなしていくしかない。

そんな訳で、今日も巷の健康情報を鵜呑みにしないで、体調管理に努めていこうと思う。

すべてに感謝したい。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

大雨による熱海の土砂災害は、山肌を切り開いて造られた太陽光発電施設などの造成工事や不適切な盛り土などによる人災が疑われるが、11日現在で死者10人、行方不明者18人と土石流の恐ろしさを新たにした。

一方、オリンピックは4度目の緊急事態宣言から無観客開催が決まり、海外からの宿泊客のキャンセルが相次ぎ、何と1兆4070億円もの損失が生じるらしい。いやはや、梅雨空のような浮かない話ばかりである。

そんな中、暑さも本格化してきたので、今日は物置から簾を出して、軒先に吊るしてみたが、最近流行りの人工繊維のものより普通の簾の方が遮蔽力は落ちるが、風情があっていい。

これで風鈴を吊し、蚊取り線香でも炊き、縁側に座して、スイカでもあれば、お月見の中に、いつの間にか虫の音に今年の夏も終わる。

まあ、思考はいつも堂々巡りするだけだが、行動や行為は、一度始まったら終わるまで、一環した流れがあって、中途半端には終わらない。だから、物事を行為や行動に移すには注意を要するが、さりとて、思考だけでは正気を保てない。行為や行動こそ、己の存在の本質であり証だからである。

そんな想いに、今年の夏は今暫く更なる断捨離に、己の存在を証していこうと思うが、オリンピック後の生活が気になる。ワクチン接種も進み、パンデミック後の私たちの生活は、やはりソーシャルディスタンスを基調とした生活に落ち着き、ある種のパターン化した生活に違和感を感じそうだが、それはそれとして、「待てば海路の日よりかな…」必ずや、新たな出会いやご縁に、活路が見出せるものと信じ、全方位にアンテナを張り巡らして頑張ろうと思う。

すべてに感謝したい。

カテゴリー: 未分類 | コメントする