経営

経営の神様ライザップの代表取締役である松本晃氏は、現場主義に徹し幾つかの会社の業績をV字回復させたことで有名だが、職場のコミュニケーションを高め、重大な事故や過ちを未然に防ぐ方策である「職場の報連相」を、時間の無駄と切捨てたのには驚いた。

日本の職場にありがちな「みんなで渡れば怖くない」的な責任分散志向の職場風土を一掃する狙いなのか、その意図するところは定かではないが、各自がいつも当事者意識を持って責任ある仕事をしていれば、そう頻繁に「報連相」する必要もないことは確かである。

また、 社外からのいろんなオファーに惑わされず、自分の会社に相応しい取引先を慎重に選び取引することが、経営の安定と安全につながり、業績を好調に維持する秘訣だとも言っている。

さらに、近年は出資者である株主への配当や株価が重視される中、松本氏は「1顧客と取引先 2社員と家族 3コミュニティ 4株主」と四番目に株主を上げており、出資者より顧客や取引先や社員と言った身近な関係を重視する独自の経営哲学を語っている。

まあ、株主資本主義全盛の中にあって、かっての松下イズムを彷彿させるような発言に、社員を消耗品としてコスト勘定に組み入れる近年の経営形態とは、一線を画する真逆な経営哲学には、私的には好感が持てる。

ところで、来年10月には消費増税が実施されることがほぼ確定したが、仮に賃金が上がっても、健康保険料や介護保険料や年金などの掛金料率が引上げられ、家計の負担も増えるから、なかなか実質的な賃上げには結びつかないのではないだろうか。

まあ、大企業や富裕層への税の優遇措置や大型の公共投資などが経済活動を活性化させ、景気が上向くとする「トリクルダウン(trickle down)」効果も、大企業の内部留保や社会格差を拡大させただけで、来年の消費増税で庶民の購買力が落れば、内需は萎んでいく訳で、トリクルダウン効果を得意げに語っていた竹中平蔵氏らの御用学者は恥を知るべきである。

一方、グローバル化や市場原理主義の浸透から、儲かれば何をしてもいいと言った風潮が社会全体に広がり、 100億円もかけて アメリカの民間ロケットで月に行くと言うCEOまで現れる始末で、経営者の意識もかなり変わったものである。

まあ、景気が良い時ならまだしも、学童の6人に1人が貧困世帯にある状況を踏まえると、儲けたお金は社員や社会に還元すべきで、かなりお門違いの発想だと思われるが、月に旅して、それ以上のものがあればいいが、今日的な経営者の心は、計り知れないものがある。

まあ、人間の理性ほど当てにならないものはなく、欲が欲を呼び、さらに、大きな犯罪につながり兼ねない行為が野放しになっており、モラルや倫理観の欠如には目を覆うものがある。

よく言われる「自由、平等、人権、法による秩序と支配」とは、一体誰のためのものなのか、甚だ疑問である。まあ、一部の特権階級の既得権益を守るためのものとしか考えられない。

そんな思いに、マスコミや御用学者らの無責任なコメントにはくれぐれも注意して、ブレぬ信念を持って、愛と正義と勇気を信じて、これからと頑張ろうと思う次第である。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ちょっと寒いけど街を歩けば人生はバラ色。すべてに感謝したいと思う。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

波動

ご案内のように、物体には固有振動数がある。人間も例外でなく、人それぞれに波動を持っており、それはその人が普段考えたり思ったりしていることが反映されると言うから、それなりに嫌な感じのする人や怪しい雰囲気の人には近づかない方がいい。

しかし、その反対に、何故か仕草や言葉遣いや雰囲気が何とも言えない心地よいものを感じる人がいるもので、それは多分、お互いの波動がピッタリ合致しているからだと思う。

それもご縁、嫌な感じの人に巡り合うのもご縁だが、私のような高齢者になると、無理して波動を合わせる余裕はない。

そんな訳で、心地よい音楽に始まり、心地よい会話を求めて、今日も頑張ろと思う次第である。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

感性

未来は明るい。なぜなら、デジタル技術の進展は凄まじく、8年前に40万で売られていた高性能パソコンが、今では中国の新興メーカーによって、8万円程度で作られ売られているからで、急速に進むデジタル技術とグローバル化の流れは、モノづくりを根底から覆し、戦争や災害がなければ、将来は今より遥かに安くて良いモノに恵まれた生活ができるものと思う。

さらに、世界が一つのネットワークで頻繁に結ばれていくと、ありとあらゆる情報が世界レベルで平準化され均一化されて、もはや先進国も後進国もそれほど技術格差がなくなるものと思われる。

そんな兆候は、今のスマートフォン市場を見れば一目瞭然で、性能からすると iPhoneに代わるスマホは幾らでもあり、Phoneの魅力は今は性能ではなく、生活スタイルやデザインやステータスに移っていると思う。

Apple watchで、電車に乗りコンビニで買い物をするライフスタイルが、スマホやウォッチの需要を創り出している訳で、新らたなライフスタイルを提唱し「新たな価値」を創造したことが、Appleが成功した理由であり、既存の世界観や価値観にしがみついていては、Appleの成功はなかったと思う。

これから、IT技術の進展に伴い、AIにより膨大な情報が集積され解析され、新たな価値の創造のリソースに使われるようになる訳だが、そんな時代を生き抜くには、IT機器のセンサーでは感知できない感覚や感性を磨くことが大切である。

言い換えれば、来たるべき新時代のモノづくりは、江戸時代の職人技にあるのではないかと思う。

まあ、これだけ物に溢れ、豊かになっても幸せを実感できない今の生活には、お金やモノや既存の概念では充足できない何かがある訳で、そんな価値を見出す感覚や感性を磨くことが、新時代を生き抜く秘訣ではないかと思うからである。

そんなことから、今一度「私達の幸せとは何んなのか」を考え、新たな視点で価値の創造に挑戦していくことが大切だと思うが、それには人間を知ることに尽きると思う。

幸い、私達は余程の変人でない限り、周りからの自己承認欲求を持っており、恋心は越前の母が火鉢の灰を掻き回して答えたように、男も女も灰になるまで消えないのが普通で、ヨーロッパ芸術の源泉は求愛行動にあるとも言われる。

そんなことから、歴史や宗教、民族や伝統、文化芸術や娯楽やスポーツなど、生活全般に亘り幅広く接して、感覚や感性を磨き、AIにはマネできない時代が求める共感能力を養うことが大切である。

自室に籠もりデバイスのスイッチを入れれば世界中の情報は得られるが、それでは作られた感覚や感性しか手に入らない。

本物の感覚や感性は、直に肌で場の雰囲気を体感しない限り磨かれない。要するに作り物は作り物、本物に勝る臨場感がないからである。

そんなことから、新時代は便利で快適なインフラを駆使して「可愛い子には旅をさせろ」ではないが、いろんなところに出掛けて行って、いろんなことを実際に見聞きして、経験を豊かに積むことが大切だと思う。

時代は大きく変化している。 江戸時代は、江戸から京まで13日から15日かかっていた東海道は、今では 最速で2時間40分である。そんな時代に、過去の失敗やコンプレックスに囚われていてはいけない。乗り遅れたら、次の電車に乗ればいいだけの話で、乗り遅れたことをいつまでも悔やんだり後悔してはいけない。失恋しても、離婚しても、気持を切り替え、未来を見据えて、旅先の新たな出会いに、胸膨らませるべきである。

そんな思いに、これからも新たな出会いに、愛と勇気と正義を信じて、頑張ろうと思う次第である。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

時…憧れ

カテゴリー: 未分類 | コメントする

夕暮れ

窓辺に目をやると、カーテン越しに何時になく夕焼けが綺麗に見える。

机の片隅に置かれたAudioから流れるAndrea Bocelli の歌声が、殺風景な部屋に響き渡り、思わず聞き惚れてしまった。

幸せである。全てに感謝したいと思う。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

選別

1年後の2019年10月1日に、消費税率が8%から10%に引き上げられる予定だが、今月1日の日経新聞によると、政府は消費税率改定に伴い、「キャッシュレス決済した消費者へのポイント還元」を検討しており、中小小売店での商品購入時にキャッシュレス決済をした消費者には、購入額の2%をポイント還元するらしい。

スマホやカードを利用しない高齢者や子供などは、常に2%高い買い物をすることになる訳で、いよいよキャッシュレス時代の到来が現実味を帯びてきた。

そんな中、私は、住基カードが期限切れになってしまったので、先日マイナンバーカードを申請して受け取ってきたが、現在E-Taxや年金や住民票や身分証明などに限られる機能も、将来は各種行政サービスの申請手続や医療情報や金融や買い物などのサービスと連携するロードマップが既に公表されており、税と社会保障どころの話でなく、IT化により、私達は正に丸裸と言ってもいい状況にある。

さらに、近い将来はクルマもEVが主流となり、充電スポットを利用するようになり、スマホの利用状況や位置情報などからも、個人の動静が簡単にトレースできるようになる訳で、若く健康でお金があり、心身共に優秀な国民を選び出すことや、優勢保護の立場から排除される国民を選びだすことさえ、いとも簡単に出来るようになる時代がやってくる。

まあ、 巷の都市伝説によると、現在70億とも言われる世界人口の削減計画がいま進行中で、人工ウイルスやワクチンによる民族や人種の殲滅計画も進んでいるようで、エイズやエボラ出血熱や鳥インフルエンザなども人工ウィルスらしく、がん治療薬やワクチン投与や遺伝子組み換え食品の開発なども、世界人口削減計画に巧みにリンクした陰謀らしい。

さらに、グローバル化により、国の主権が一部の支配層に奪われ、 民族や宗教間の抗争を煽り、巧みなプロパガンダによる性の意識や概念の歪曲化が進み、先進国ではセックスがビジネスやレジャー化して、未婚や晩婚から少子高齢化が進んでいる。

そんな中、IT技術の進展から人工知能の能力が、来る2045年頃には人間の知性を上回るシンギュラリティ(技術的特異点)を迎えると言われ、人類の将来は本格的な「優勢種保護の時代」を迎えるものと思われる。

いずれにせよ、今日のような女性本位の購買意欲や意識に根ざす経済社会システムは、如何なる体制や形態を取ろうとも、その場限りの純消費や破滅や破綻に繋がる要素を払拭できない訳で、それが私達の生活だから仕方ない。

そんな訳で、農薬や食品添加物を気にしていたら、 何も食べられないし、世間の流れや同調圧力に抵抗してみても、多勢に無勢、「どうせバカなら踊らにゃ損」である。

まあ、何がフェイクか真実か分からぬ混迷と不安の中に、知識や世情を離れた自分の潜在意識や感覚を信じるしかないように思うが、そんな中にも、人様と争わず人様に迷惑を掛けずに、心の平安を第一に、真の対話を続けていけたらいいと思う次第である。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

季節

一雨ごとに寒くなっていく。うっかりしていると、南に帰る日を逸してしまう。急いで身支度をして飛び立てば、最初は寒くても直ぐに暖かくなる。

「すべてに時がある」それを知れば、すべてが美しい。雨雲も潜り抜ければ、青空が広がる。一点の雲もない。

すべてに感謝したい。新たな出会いを信じて、今日も頑張ろうと思う。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

愛の讃歌

愛の讃歌の English Version である。もちろん、フランス語の方がムードがあっていいが、歌い手にもより、Brenda Lee の愛の賛歌は、何処か真実味があって訴えるものがある。

そんなことから、いつも夢幻と消え失せる愛であっても、その本質は永久に変わらぬものと信じて、これからも頑張ろうと思う次第である。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

映画音楽

歳取ると、この種の映画は身に堪える。それにしても、この映画の音楽はいとも容易く現実を忘れさせてくれる。

すべてに感謝したいと思う。

カテゴリー: 未分類 | コメントする