感謝

12月8日は、お釈迦様が放蕩の末に世を儚み、妻子を捨てて城を出られ、6年間の苦行の末に、35歳で悟りに至った日であるが、自我を捨て衆縁を嫌わずして、周囲と和し中庸に生きることが、煩悩から解脱に至る道となると、これまた至難の業である。素人目には仏門に入門する方が寧ろ楽なのではないかと思う。

また、一説には、己の波動と自然界の波動とが完全に一致しなくては輪廻転生の輪から外れられないらしい。また、少しでもこの世に未練があったり、自分の意志や意識や自我の力が作用すると、涅槃に行けず再びこの世に再生されると言うから、これまた至難の業である。

となれば、難しい修行を積み重ね解脱を目指すより、沸き起こる煩悩の炎を自重して、少しでも今より真面のものに生まれ変わった方が手っ取り早いのではないだろうか。

ところで、そんな涅槃への道は、何やら、素粒子の世界と似ており、時代は01の二進法から01の特性を併せ持つ量子ビットの世界に突入しており、デジタルも突き詰めれば、細分化から統合や結合へと進化し、どうも物事や事象は細かく分析し解析して原因を突き止め道理や理屈を得ても、結局は差別や偏見に辿りつくだけで、分け隔てなければ理解できない納得できない人間の自我や理性や我欲のなせる業だと思うと悲しくなる。

まあ、世間は往々にして、学びのための学び、宗教のための宗教、司法のための司法、政治のための政治に終わってしまい、かえって私達を本質的に解放するものから遠ざけてしまうような気がする。

そもそも、私達はどんなに清く正しくあろうとしても罪と穢れを拭い去れない存在であり、一大決心して「世のため人のため」と、己を犠牲にして家族や世間に尽くしてみても、いつかは日頃の鬱積や不平や不満が爆発して、その矛先が他者への怒りや攻撃に向かうことになり、誠に始末に悪い。

まあ、私的には世間体や深淵な仏典や教典の教えより「苦にも当てにもされないそんな存在に甘んじていられる技量」を身につける方が、よっぽど気楽で楽しい人生が送れるのではないかと思う。

そんなことから、この冬はこれまで以上に無理をせず、宮沢賢治の「雨ニモマケズ」をお手本に、身も心も軽く「障りなき日々」を送っていこうと思う。

それにしても、音楽はジャンルを問わず「救い」である。すべてに感謝したいと思う。

カテゴリー: 未分類 | コメントする


僕らは既にイカれてる。日本万歳!

カテゴリー: 未分類 | コメントする

忙がば回れ

今の時代は、毎年同じことを繰り返す農業であっても、品種改良やITを活用した販路の拡大など、様々な形で改善や改良を重ねていかないと社会のニーズに応えられなくなる。つまりイノベーションによる新たな価値の創造なくしては競争に打ち勝っていけないのである。

また、一流の企業に勤めていてもビジネス環境の変化により、M&Aや事業の整理統合などにより、いつリストラされるか分からない。さらに、私達の生活を支える社会インフラにおいても、極めて自然災害に脆弱であることが露呈し、毎日食する食べ物も生産性や採算を求めるあまり、少なからず農薬や添加物に汚染されているのが実態である。

まあ、必死に働き、安全、安心、便利、快適を求めてきた結果がこれだから笑えないが、現実だから仕方ない。

しかし、このままでいい訳がない。確かにグローバル化に伴い生き残っていくには変化や多様性に軸足を置かねばならないが、置き過ぎるのも考えもので、時には自らがトレンドになるくらいの気概がほしい。

まあ、今さら変化や多様性に安らぎがないことに気づいても仕方ないが、毎日怒涛の如く押し寄せる情報の波に揉まれ溺れまいと必死になっている自分が哀れである。

そんな想いに、世間様はそれとして、ふと蘇る永遠なる想いに寄り添うことも一理あるので、そんな時間を大切に癒しと安らぎに生きてみようと思う次第である。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

共に…

女は愛に忙しい。男は金に忙しい。いずれにせよ、幸せである。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

流れ

嘘は韓国から始まる。そんな言葉がぴったりな最近の韓国であるが、如何に私達の社会が嘘と虚構で成り立っているとは言え、政府が率先垂範して嘘をつきまくる韓国の庶民ほど悲惨なものはない。

まあ、夢や理想を語るのは楽しいが、見栄や妬みや恨みから、見た目や体裁を気にして、事実を歪曲して史実を塗り替え、嘘や虚構を演出して何になるのだろう。時代が大きく変わろうとしている昨今、目標どころか、自分の原点さえ分からなくなってしまう。

ところで、韓国では今、慰安婦や徴用工に関する「韓国反日歴史観のウソ」を立証した著書「反日種族主義」が11万部を超えるベストセラーになっているが、今のところ出版の差止めや訴訟事案に発展していない。以前ではとても考えられないことで、時代の流れを感じる。

しかし、このことに対する韓国社会の反応は五分五分で、未だに嘘の歴史観に操られている韓国社会の実態が読み取れるが、改めてプロパガンダの恐ろしさを痛感する次第である。また、同じようなことは日本でも行われている訳で、私達の歴史観や世界観も韓国並みかと思うと、背筋が寒くなる。

まあ、人一倍お人好しでナイーブで、いつまでも大人になり切れない日本人は、建前と本音を巧みに使いこなす外国人にとって格好のカモであることは間違いなく、先頃来日したローマ教皇の被爆地での平和へのメッセージや東京ドームのミサに感動した信者の方も多いと思うが、その一方で、カトリックは最近、聖書から教会第一主義に軸足を移し、人権侵害から永らく国交を断絶していた中国とも国交を修復し、さらに自分らはさておき、日本に移民の受け入れを要請する始末である。まあ、新たな核兵器開発予算にサインしながら核廃絶メッセージを行ったオバマさんと何ら変わらない二枚舌には、大人の解釈が必要不可欠である。

つまり、そもそも上智大学に本部を置くイエズス会は人身売買など宗教組織にあるまじき悪行の数々を行ってきた訳で、まあ、軍産複合体やカルト化したキリスト教ほど怖いものはなく、今でもキリストの名を借りたカルト集団は数多く存在する。この種の極悪な輩に比べれば、韓国の反日種族主義などは可愛いものである。

そんな訳で、目先の欲得や利益に活路を見出し、世界の潮流に右往左往している今の日本の現状には、何とも言えない寂しさと虚しさを感じるが、私もそんな集団の一員として組みする以外に術はなく、何ともはや、「もの言えば唇寒し秋の風」とはよく言ったものである。

そんなことで、今年の秋も終わり、いよいよ本格的なクリスマスシーズンの到来である。年末の浮き立つ街の風景を見るのも楽しみである。風邪を引かぬように気をつけ、世相に流されてみようと思う次第である。

カテゴリー: 未分類 | コメントする


カテゴリー: 未分類 | … はコメントを受け付けていません。

自由

世界は、自由・平等・民主主義・法による支配を共通の理念や価値観として、表向きは差別や偏見のない社会の実現を目指しているやに見えるが、実際は武力や金融や宗教による世界制覇にしのぎを削っているのが現実である。

つまり、アングロ・サクソン系の軍産複合体による武力覇権、バチカンやその派生宗派による精神的な世界制覇、さらにユダヤの金融資本による世界の植民化が、手変え品変え繰り返されているだけの話しで、対抗すべき手段なき個人としては、人知を超えた神仏に縋らざるを得ないことも悲しい現実である。

そもそもサタンの嘘に唆され、神に背いて智恵の実を食べ、霊性と永遠の命を失ってエデンの園を追われたアダムの血を引く私達は、死すべきものとして霊性を失って生まれてくる訳だが、そんな人間の原罪がイエス・キリストを信じることで許され、霊性の復活と永遠なる命が得られることは聖書の記述にある通りだが、そんな人知を超えた話しには確たるエビデンスもなく、只管信じるとするのは至難の業である。

しかし、私達がいつも何処かに何かを忘れているような虚しい感覚を覚えるのは、眠っている霊性や永遠なるエデンへの消し切れぬ記憶によるような気もする訳で、私達の本質や本性は、私達の顕在意識でなく、私達のDNAや潜在意識に深く刻まれているような気がしてならない。

しかし、もし仮にそれが真実であり真理であったとしても、宗教にはイスラム教もあれば仏教もあり、それぞれにユートピアが存在する訳で、極めて個人的な感覚や意識レベルの問題であるようにも思える。

まあ、現実には同じ考えの人が集まり、牧会や檀家やサンガと言った集団組織に組して行動や活動を共にしている訳で、そこには神世の神聖なる営みがあるとは考え難い。

結局、それらを率いる組織の理論によって支配する側や支配される側にならざるを得ない訳で、人間は群でなくては生きられないことから、何処まで行っても、地上のサタンの掟に従わねばならぬ存在ではないかと思う。

そんな想いに、世間様から身を引いた隠居の身としては、微かな望みを持ちつつも現世の営みに命を繋いでいる訳で、少なくとも、本音と建前が混じり合う偽善を強いられぬことだけでも救いである。

そんなことから、残されし日々は、天空の主なる神仏に想いを繋ぎ、祈りを通して神仏の啓之を受け、愛と正義と勇気を信じて頑張ろうと思う次第である。

カテゴリー: 未分類 | 自由 はコメントを受け付けていません。

想い

人生に意味はない。過ぎ去ればすべてに意味を失う。でも、すべてに感謝したいと思う。

カテゴリー: 未分類 | 想い はコメントを受け付けていません。

ガラパゴス

日本の産業は正に「井の中の蛙大海を知らず」である。日本の構造改革とは何だったのだろうか。単に貧乏になっただけである。

これから、さらなる植民化が進まないことを祈るしかない。世界の先進国で地方創生などと過疎化を憂いている国は何処にもない。愚かだと思う。

もっと私達の本質を知り解放する視点に立って、若者の目線で、教育や就労や結婚や子育てや介護を考えるべきではないだろうか。若者を食い物にする教育に日本の明日はない。

お笑いとスポーツに興じ、嘘偽りや矛盾や偽善に真剣に向き合わず、現実を無視してナイーブとノスタルジーに生きて何になる。愚かである。そんな日本人を世界の人々は笑っている。

大人になり切れない日本人。改めて教育の本質を問いたいと思う。

カテゴリー: 未分類 | ガラパゴス はコメントを受け付けていません。

東京・台東区の避難所でホームレスが住民登録がないことを理由に受け入れを拒否されたことは記憶に新しい。

台東区の職員は「想定していなかった」と弁明したものの、ホームレスを避難所に入れないことは明らかに差別であり、台東区長が謝罪した。また、安倍首相も「各避難所は全ての被災者を適切に受け入れることが望ましい」と発言。台東区はその後のホームレス支援団体の申し入れに対して改善策を講じることになったらしい。

今回の件で、SNSやネットの記事にはホームレスへの否定的なコメントが寄せられ、ホームレスへの隠れた市民感情が吐出した形だ。憲法や災害救助法に保障された権利は正当なものであっても、ホームレスへの差別意識は根強いものがある。

ネットには「私の隣には来ないで欲しい」と言った「不安や恐れ」、「納税していない彼らに権利はない」と言った「ホームレスを軽視」するコメントが寄せられている。

まあ何日も身体を洗わず、汚い身なりをして路上に寝て、社会と隔絶した生活をしているホームレスのイメージから、病気や感染症への不安や恐れも加わり、無差別に素直に受け入れられないのが現実である。

しかし、今日日のホームレスは路上生活者と言うより、多くはネットカフェやファストフード店などで夜を過ごし、ネットカフェや公園で身体を洗い、少ない所持金で生活している人が大半らしい。

また、彼らは汚れやニオイを気にして、周囲の目線に怯え神経をすり減らして、半ば被害妄想的な生活を強いられているようで、彼らにとって一番怖いのは一般市民の目線らしい。学校でのいじめや社会でのつまずきやリストラによる挫折などから、極めて低い自己肯定感に囚われている人達だとも言われる。

そんな中、今年もいよいよクリスマスシーズンを迎える。幾ら暖冬とは言え、冬の寒さは厳しく、ホームレス生活を続けていては未来はないし、社会貢献することもできない。所詮、社会の矛盾や偽善も私たち人間が創り上げた所産とは言え、多くの社会システムが崩壊に向かう中、今の時代は誰にとっても一寸先は闇であり、レールに乗っていても決して安全ではない。

そんな時代にあって、もうちょっと図太く「社会の矛盾や偽善に立ち向かわず楽しむ」くらいの気持ちで、ホームレス生活を卒業して、持ち得た経験を新たな時代の形成に役立ててもいいのではないだろうか。



カテゴリー: 未分類 | 冬 はコメントを受け付けていません。