なぜ

全てに意味を失う… その訳を知りたい…

カテゴリー: 未分類 | コメントする

時代

昭和の雰囲気が色濃く残る何もない座敷に1人で座っていると、テレビもなかった時代を思い出す。

灯りも蛍光灯でなくて、傘のついた電球だった。ラジオからは浪曲やアメリカのロカビリーやクラッシックが入り混じり、野球や相撲の実況放送に耳を傾けた。

真冬の日曜の朝は、近所の人が道の真ん中でゴミを燃やして暖を取っている。大人も子供も近所で知らぬ者はいない。皆んな顔もろくに洗わぬ感じで道端に屯ろしていた、そんな昭和が甲府の駅前で展開されていたのだ。

道は砂利道で、雨が降れば水溜まりができ、ゴム長は必須、大きな水溜まりにはアメンボーがいた。今ではお笑いだが、そんな貧しき生活にこそ愛があったのである。

まあ、そんな昭和のノスタルジックに浸っていても意味がないが、アメリカはどうやら政権交代が始まったらしく、バイデン政権下で、いよいよ日本もアメリカと中国の格好の餌となる。

貧乏には耐えられるが、中国ウイグル自治区のように民族殲滅の危機となっては、如何に敗戦国とは言っても悲し過ぎる。

そうでなくとも、日本は世界の大実験国であり、種子法が改正されF1作物や添加物フリー、薬害と遺伝子操作食品や様々なワクチン投与から不妊症が増え、愚民化教育によって民族殲滅の危機に瀕している。

まあ、朝から不吉な想いが込み上げてくるが、それはそれとして、その頃の想いを辿れば、ただひたすら家族の団欒が欲しかったように思う。

コタツに座り、みかんと落花生ときっぽしに多分私の原点がある。残された日々は、そんな風に過ごせたら幸せである。

時代の流れは止められない。すべてに感謝したい。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ときめき

ときめきとは? そんな感情や感覚もコロナ禍に疎遠になって、今では想い出になってしまった感じがする。それでも、新たにDIYの魅力を知ったのは大きい。寝食を忘れるほど楽しくて仕方ない。

やはり、人間は同じことをするにも主体性を持って、自分の意志と意欲から物事に取り組むべきである。

「好きこそ物の上手なれ」、創意工夫と発想は、カメラワークやウェブデザインに匹敵する。すべてに感謝したい。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

アメリカ

アメリカには、ヨーロッパから迫害で逃れたピューリタンが今でも存在するはずである。決して、クリントンやオバマ、バイデンやカマラ・ハリス達のような利権屋の国ではない。

不正選挙が罷り通り、民主主義の権威と信頼をここまで貶めた、グローバルエリートたちの罪は重い。

嘘偽りやでっち上げが罷り通り、偽証が平然と行われる社会に、愛と正義と勇気を信じても、現実味に乏しく時代遅れにさえ感じてしまう。

今はデジタル、全てがプログラムとシステムによって動かされ、誰もその行き先は分からない。恐ろしいことである。

Time is money. Money is All. 正論など通らない。なぜなら、この世界は私達の欲望によって、信用が創造され貨幣が印刷され、需要が生まれるからである。

欲の娑婆、弱肉強食、女三界に家なし・男子家を出れば七人の敵あり、安穏として居れば、寝首を掻かれる。そんな世界が私達の住む世界なのである。

まあ、今年もクリスマスシーズンを迎えるが、古き良きアメリカンスピリットに、今年は遊んでみたいと思う。

すべてに感謝したい。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ライブ

コロナで生活が一変して、何かさっぱりしない。来期に期待しようと思う。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

日曜大工

意味なき日々の繰り返しとは言え、何かしらの目標を持って生きないと、自分の存在を証できないし、肯定感を持って生活を捉えることができなくなる。

確かに、この世は諸行無常、常に移り変わり不条理で不可思議である。しかも、自然界では安穏としていれば、周りから命を狙われ食べられてしまうわけで、まさに弱肉強食の世界と言える。

何事も思い通りにいかないし矛盾に満ちている。それでも気を取り直して生きていかねばならないわけで、その意味で人生は憂いと悲しみに満ちている。

時に、チャーリーチャップリンの舞台劇は、喜劇の中に人生の憂いがちりばめられていて、観客は笑いながら涙がそそられるものだったらしい。反対に、フランスのシャンソンは退廃的だが、退廃的な感情を共有することで「人生は憂いと悲しみに満ちている」ことを前提に肯定感を持って生活を捉えられるような気がする。その辺の感覚が、日本の演歌にあるかと問われると、わたし的には微妙である。

人生全て成り行き。基本的にどうにもならないわけだが、それでも少しでも良い方向に、理路整然でありたいと思うのが常である。

そんな中、今年はコロナのおかげで「巣ごもり状態」が続き、そろそろと思いきや、どうやら第3波が押し寄せているようで、クリスマスやお正月を楽しくやるには、しばらく様子見したほうが無難である。

そんなことから、私はこのところDIYに凝っていて、家の整理整頓、度重なる断捨離の末に、料理とお掃除と日曜大工が最近の日課となっている。

簡単に言うと、中学時代の技術家庭と言う科目があったが、保健体育や音楽や図工などといった科目の方が、国語や数学や理科社会より役に立つし実に楽しい。もっと真面目にやっておけばよかったと思う。

そんなわけで、今は日々日常ノミとカンナとノコギリで奮闘しているが、ウッドデッキや簡単なドアを作るとなるとやはり電動工具が必要になる。まぁ、5月にいただいた給付金がそっくり残っているので、購入しようと思うが、結構高額な上、やはり保管場所も必要になるので、その手の教室に通ってから購入する方が無難な気がする。

しかし、ここにコロナがまた出てくるわけで、この辺のところがうまくいかない。まぁ当分は、既存の大工道具で、コツコツやってみようと思うが、目標は離れのリフォームだが、幸いにも、頼りになる知り合いがいるので、時々専門家のアドバイスをいただきながらがんばってみようと思う。

それにしても、日に日に寒くなって、今年は柿が裏年で、あまり取れない上、例年より早く収穫が終わりになるらしい。柿はビタミンCの豊富なので、たくさん食べて元気になろうと思う次第である。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

想い

見え透いたお世辞や必要以上の謙遜をしていては、良好な人間関係は築けない。

なぜなら、それは本音や本心で相手に接していないからで、そんな人に誰が心を開き親しく接してくれる訳がない。さらに、お世辞は相手を認め尊重することにならないし、不必要な謙虚は予め自分の非や失敗に予防線をはるだけで、見方を変えれば失敗を恐れ責任を回避する何ものでもない。要するに、最初から相手に対して、「あなたとは上辺のお付き合いです。」と言っているようなものである。

そんなことから、私はお世辞や不必要な謙遜はしないことにしている。第一思ってもいない褒め言葉を言うのは、相手に対して失礼であり馬鹿にしていることになる。

また、嘘も3回言えば本当になる時代とは言え、嘘をつけば虚構の世界で相手に接することになるから、最終的には自分の嘘で自分が図られることになる。そんな人生の結末は、実に恐ろしいことになる。言い表せぬ寂しさと深い孤独を味わうことになるからである。

年老いて誰もが程度の差こそあれ、深い絶望感や喪失感にさいなまれ寂しい思いをするのは、気づかぬ嘘と虚構の中に生きているからなのである。

いや、自分はそうは思っていなくても、そう信じ込まされているのである。なぜなら、自分の意識をまっさらにして、様々なものを改めて観察してみると、結構いろんなことが根も葉もない思い込みから、良し悪しを判断していることに気づくからである。つまり、常識や風俗や習慣や教育によって、私達は操られ様々なことを思い込まされているのである。

まあ、極論を言えば、いかなることもケースバイケース、よくも悪くもないのである。

そんな想いの中、今日も1日が終わってしまう。寒さに向かう折、コロナウィルスも第三波に突入しており、いつ医療体制が崩壊するかわからない。ウィルスも変異しているかも知れない。免疫力の低下が著しい高齢者は注意を要する。

とにかく、人様にご迷惑をかけぬよう、ウィルス対策して頑張ろうと思う。

想いは果てしなく尽きることがない。今年のクリスマスや、来春のお正月はどんな風になるのだろう。コロナ禍に負けず、心豊かに平穏無事に過ごせたらいいのだが…

それにしても、やはりacid jazz は最高だ。今夜はこのノリで乗り切ろうと思う。お休みなさい。

カテゴリー: 未分類 | 想い はコメントを受け付けていません

想い

「人は見た目、世はお金」 そんな価値基準も今風のグローバルな視点に立てば、正しいのかも知れない。さらに、「今だけ、金だけ、自分だけ… 地獄の沙汰も金次第…」 とくれば、グローバルエリートが日夜利権を貪り尽くす理由もよく分かる。

正に「三界は安きこと無しなお火宅の如し…」と言われる所以であるが、そんな火宅も若ければ、ぶとんでいて刺激があって楽しいのではないだろうか。

そんな世間の流れはさておき、見た目も憚り金もない私としては、6畳2間の草庵に一人座して茶を啜れば、全てが無と化し魂の連れなき人生に妙に納得するものがある。

すべてに感謝したいと思う次第である。

カテゴリー: 未分類 | 想い はコメントを受け付けていません

ワクチン

厚生労働省は9日、国内で新型コロナウイルス感染症のワクチンが提供できる体制が整った際に、持病のある人より高齢者を優先して接種する方針を決めたようだ。

ご案内のように、心疾患、慢性肺疾患、脳血管障害、腎機能障害といった持病がある人は、健常者より新型コロナに感染した場合の重症化リスクが数倍高いが、高齢者の場合はそれを上回る十数~数十倍程度となるためである。

同日開かれた厚労省の専門部会で了承され、接種開始の見通しが立てば、優先対象者から順に接種に必要なクーポンを配布していくと言うが、子宮頸がんワクチンの二の舞三の舞になったら堪らない。イザとなれば知らんぷりが政府の常套手段だからである。

ところで、薬物は必ずと言っていいほど副作用があり使用には一定のリスクを伴う。マクロ的に考えれば、副作用の犠牲を払っても感染拡大が防げればいい訳だから、統治者とすれば治験を兼ねてのクーポン配布も考えられる。

まあ、ワクチン接種は人それぞれ、受けたい人が受ければいいが、これが強制接種となると、何処か「優生保護法」的な意図から、老人を短命化する意図を含んでいるような感じがして、余り気分がいいものではない。さらに、本当のことは内密にするのが国の方針だから、接種するにしても様子見した上で受けた方が無難である。

そんな訳で、アメリカ大統領選もどうやらバイデンさんに決まりそうだが、訴訟中や再計算が決まった州もあり、決定した訳ではない。そんな状況からロシアのプーチンさんは未だに祝電を送っていないようである。まあ、バイデンさんが大統領になれば、中国寄りのグローバリストが復活して、日本も中国や韓国の侵略を真面に受けることになる。領土ばかりでなく、移民の流入から各地に自治区が誕生し、日本の生活様式も次第に侵略されて和式や西洋基調から中華・韓国基調の文化様式へと変化するのではないかと思うが、私的には挨拶はともかく文化や生活様式までも「アニハセオ、ザイチェン」にはなりたくない。

まあ、戦後70年を経過するも、やはり日本は敗戦国から抜け出ていないことを改めて痛感するが、ここでアメリカが方針を大きく転換して中華寄りの政策を取れば、下手をするとロシアや中国による日本割譲、分割統治などと言ったことになるかもしれない。「今だけ、金だけ、自分だけ」の日本のグローバル・エリートの為し得ることは、正に売国としか言いようがない。

そんな想いに、今夜も気分が滅入る。昨日に引き続き、暖かい蕎麦でも食べて、明日に夢をつなごうと思う次第である。

カテゴリー: 未分類 | ワクチン はコメントを受け付けていません

睡魔に襲われ今日も1日が終わる。新たな出会いを信じてまた頑張ろうと思う。

カテゴリー: 未分類 | … はコメントを受け付けていません