今日は風もなく太陽の光がいっぱいで、朝から気分がいい。そんな週の始まりに、街のざわめきも心なしに躍動感があって、正に季節は初夏である。

窓を開けて空を見上げると、青空が広がっていて、鳥の囀りも聞こえる。春はあっと言う間に過ぎ去ってしまったけど、幸せである。

ところで、今朝は、目覚める前は朝のストレッチができないほど、物憂い感じだったが、それが覚めるとどうだろう、そんな感覚がおくびにも感じられないほど爽快で、何か狐に抓まれたような感じである。

まあ、改めて自分の意識が当てにならないことが分かったが、未だに自分を写し出す鏡がない私としては、「自分の想いに素直に生きる」ことへの不安を覚える。

しかし、だからと言って、マスコミや新聞は嘘ばかりで信用できないし、巷の噂や世間の常識などはもっと信用できない。まあ、世の中は全てが信用であり、信じる以外に手立てがないことだけは確かだが、それにしても、何らかの権威に縋り、虎の威を借り、うまく生き延びている連中が多過ぎて、実に不愉快である。

まあ、全てが白とは言わないが、自戒や反省や謹慎する気持ちも必要である。世間は、目的のために手段を選ばないマキャベリストや、人の不幸の上に平気で自分の幸せを築けるサイコパスや、自己愛や自己陶酔に生きるナルシストに牛耳られていると言われるが、確かに毎日怒涛のように押し寄せる情報の波に揉まれると、自信もなくなり不安になるが、そんな連中の言葉を信じて騙されてはならない。

まあ、ありのままに素直に生きていれば、そんな邪な連中は離れていくと思うが、とにかく、そんな連中は、ありのままの自分を愛せずに、権威筋に縋り虎の威を借り「自分は素晴らしい存在だ」と言った虚言や妄想に生きる人達だから注意を要する。

まあ、これだけ無責任なコメンテーターの変な話を聞けば不安になるが、そんな連中ほど話しとは裏腹に、意外といい加減な生活をしているものである。まあ、今は「言行不一致」が当たり前、甚だしく当事者意識が欠如した社会なのである。

そんな想いに、「人は想いに生きる」とは言え、その想いの意味も分からず死に至るも情けない。まあ、神仏の教えを紐解くに「信じることが全て」で終わってしまったら、世間に暮らす意味もなく、魂や霊的な成長もあり得ないような気がする訳で、そんな建前論を幾ら聴いても意味はない。

まあ、身を正せば葬り去られるとも言えぬ政治家や宗教家などの言動には失望しかないが、それでも素直な気持ちで神仏の教えを鏡としている人もいる訳で、私としてはそんな清らかな人達の言葉を頼りに、生きていきたいと思う次第である。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

DTM

DTMを活用した「一人ライブパフォーマンス」は、ここまで進化している。既存の枠に留まるのもいいが、新しいものを積極的に取り入れてチャレンジしていくのも楽しいと思う。

先程Webで、日本のパスポートに「中国の始皇帝によって制定された『篆書(てんしょ)』という書体の文字が記載されている」との中国メディアの掲載記事を拝見したが、いつまでも漢字を「中国のもの」とする中国人と、中国から伝わった漢字を自国の言語として認識している日本人との間には、かなり意識に違いがあって面白い。

まあ、韓国のように事実を勝手に創り上げてしまわないだけいいが、人やモノが自由に行き交うこのグローバルなご時世に、こんな発想では、進歩しないし仲良くなれないし、パクリの国から、言われるのも癪に障る。

しかし、それでは、同じ穴のムジナになってしまうので、そこは意識を転換し、グローバルな時代だからこそ、グローバルに構えて、大手を振って自分流に、変化と多様性を楽しんでいこうと思う。

いずれにせよ、全てに感謝し、実りある日々にしていこうと思う。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ポンチョ

朝から雨の時は、コンビニで買った大きなビニール傘をさしていくが、 ちょっと雲行きが怪しい時は、何年も前に買った超軽量の折りたたみ傘を リュックに入れていく。梅雨時は傘の出番が多くなるが、とにかく傘は手塞ぎで、買物時には、これ程邪魔なものはない。そんな矢先、以前使っていたバッグからポンチョが出てきた。

このポンチョは、3年前に育爺を引き受けた時に買ったもので、 雨の日に近所の小児科に孫娘をカートで連れて行くのに買ったもので、張り込んで買っただけあって、蒸れずに快適でとにかく重宝した。今は殆ど使用する機会はないが、ドシャぶりの雨の中、このポンチョを羽織ってカートを押して小児科に通ったことが懐かしい。

ところで、モノにはどんなものでも、何らかの想いが込められているから、作者や贈り手の想いなどを考えると、侮れないものがある。だから、人の物を強引に奪ったり、捨て去ったりするのも考えもので、そんな中にも、キャバクラ嬢が彼氏のプレゼントを簡単に換金できるのは、元はと言えば彼氏の良からぬ魂胆にあるから面白い。

まあ、人であれば、因縁、ご縁、出合いになるが、夫婦の前世は「仇同士」などと言われ、親子関係などもかなり因縁が深いと言われる。 そんなことから、離婚や別居なども病気と同じで一概に否定的に考えないことである。

まあ、一般的に子供は成長すれば親元を離れていくし、別に不仲でも何でもない。反対に、何時までも親元に居る子供もいるが、その辺のことを考えてみると、夫婦などもハネムーン離婚から共白髪まで永く連れ添うカップルもあれば、バツイチ婚や不倫関係などバラエティーに富んでいる。別に嫌いでもないのに、疎遠になってしまったり、反対に何時も側にいるような人もいて、人間関係や絆ほど奇妙なものはない。

向こう三軒両隣、考えてみると近所などもご縁であり、転居した時などは、何でこの人達と巡り合うのか不思議である。

まあ、傘を片手に外に出れば、猫や犬にも会うし、変なオジサンやおばさんもいる。カラスもいれば、鳩もいて、実に面白い。

そんな出合いと別れの連続に、何か法則があるとしたら、勿論好き嫌いもあるが、それ以上に、私達の想いを超えたものがあるような気がしてならない。

仮に学校を例に取れば、卒業してしまえば、先ずよほどのことがない限り母校を訪れることはない。つまり、そこにはもう学ぶものがないからで、仮に恩師にちょくちょく会いに行くなら、それは恩師も弟子も共に学ぶものが残っているからで、共に学び終えれば、自然と離れていくものと思う。

そんな諸行無常な人生も晩節を迎え、孫たちも成長するにつれ、最近はそれなりに手が離れ、私の育爺としての学びもそろそろ終わりかなと思う。

まあ、別段意識する必要はないが、ご縁などと言うものは、「来るもの拒まず、去るもの追わず」で、原因や理屈を考えるより、この出会いから何が学べるか考えた方が理に叶っているように思う。

そんな中、腎臓病で食事から病院通いまで、いつも妻に世話してもらっているクーちゃんが、なぜか妻より私に纏わりつくから面白い。そんなクーちゃんの様子に妻は痛くご立腹で笑ってしまうが、多分クーちゃんと僕にはまだ学び足りないものがあるのだろう。種を超えた僕たちの愛は不滅なのです。

そんな想いに、今日も新たな出合いを信じて、心豊に学んでいこうと思う次第である。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

drug

Music is drug. comfortable, indeed.

カテゴリー: 未分類 | コメントする

梅雨に想う

聖書には「神のなさることは、すべて時にかなって美しい。神はまた、人の心に永遠を与えられた。しかし人は、神が行われるみわざを、初めから終わりまで見きわめることができない。(伝道者の書3:11)

とあるが、もし私達に永遠の命を得る手立てがなければ、神が私達に永遠なる想いを授けても意味はない。

そんなことから、時空を征し永久に変わることのない真理である神の御子となるには、聖霊の器としての肉体をどのように活用して、真理に近づけばいいのか最近よく考える。

そんな想いに、梅雨入りの冴えない天気が重なって、今日は何となく気分が優れない。先日の運動会の疲れが残っている訳でもなく、どちらかと言えば体調は悪くないのに冴えないのである。

そんな中、話を元に戻すが、私達はアダムとイブが天国の園で神の掟を破ったことから、他の生き物と同様に霊的に死んだ状態で産まれ、その後のさまざまな生活を通して、神の真理に触れ霊的に生かされるものになると言うが、運良く聖霊を宿す器になったとしても、如何にその肉体を活用して、神の真理に近づくかが大きな課題である。

ところで、以前富岡八幡宮にお邪魔した時、社会科見学で訪れていた都内の小学校の学童を前に、時の宮司さんが「皆さんは7歳までは神様の御子なので、神様が守ってくれますが、その後は自分達で考えて自分を守らなくてはならない。」と話していたが、

昨今の高齢ドライバーによる交通事故で亡くなった子供さんや川崎の無差別殺傷事件の被害者の子供さんなどは、富岡八幡宮の宮司さんの話しや聖書にも同じような記述があることから、地獄に墜ちることはないと思うが、もし仮に青森の恐山の賽の河原のような寂しい場所で、一人小石を拾って石積みしているようなら、神も仏もないと言わざるを得ない。

また、親の虐待から死に至った子供さんや、年間18万件を超える水子なども、一応に成仏するとは言うが、その一方で、その原因を創り出した当事者の罪は重く、大きく改心しない限り救われることはないと思う。

いずれにせよ、先ずは森羅万象を通して神仏の御業に気づき、私達の肉体が聖霊を宿す器であることを認識することが大切である。しかし、その後は聖霊の器である肉体のあり様について、単に教会や仏門に入り教理経典に従えばいいと言うものでもないから、難しいものがある。

なぜなら、聖書や仏典の教えは真理であっても、私達は世俗の世界に暮らしている上、教会や仏門の中には、利益誘導に走り真の教えと乖離したものもあるからで、さらに同門同族に群れることが、与えられたタレントを用いることになるとも言えないからである。

そんなことから、私的には、札幌農学校のクラーク博士の言葉「少年よキリストにあって大志を抱け(Boys, be ambitious in Christ)」を日々日常の指針にするくらいが無難に思うが、その真偽は定かではない。しかし、それにしても、今日の天気はいただけない。

そんな訳で、今日は昨夜急いで仕上げた運動会のshort movie の音楽が、何となくシックリしないので Remakeしてみようと思うが、動画や写真に写し出される子供達や保護者の顔や様子を伺うと、つくづく「若さは宝だ」と思う。

孫を通して、そんな若い人達と知り合い、言葉を交わす喜びは、正に神様の恵みである。すべてに感謝して、皆さんのお役に立てるよう、健康に留意して頑張ろうと思う次第である。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

運動会

昨日は孫の運動会が梅雨入りの予報から危ぶまれたが、何とか曇り日となり、強い日差しに悩まされたり、熱中症を心配することもなく、比較的に楽に観戦できて助かった。

運動会の定番である綱引きや玉入れや騎馬戦やダンス競技なども結構面白かったが、やはり運動会の華は言わずと知れた「徒競走」である。

私の孫娘も低学年のリレーで走ったが、バトンリレーがうまくいかず、大きく首位と差を広げられ残念な結果に終わってしまったが、何とか劇的なシーンを捉えようとビデオ撮りしていると、「いけ、いけ、杏!」と会場に響き渡る大声は、我が娘の声である。

体育系だった我が娘の応援は流石だが、我が娘のように大声で応援している保護者は何処にもいない。運動音痴の私としてはちょっと恥ずかしかったが、そんななりふり構わぬママの応援に、孫娘もさぞかし元気をもらったものと思う。

そんなことで、運動会も無事に終わり、ビデオ撮りもまあまあだったので、私としては大満足の一日だったが、とにかく立ちっぱなしだったせいもあるが、着実に足腰の衰えを感じる一日だった。

とにかく、健康でなくては何もできない。無理しない程度に身体を鍛え、身近な絆を大切に頑張ろうと思う次第である。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

遊び

遊びにこそ、私達の本質がある。すべてに感謝したいと思う。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

文化

文化芸術が哲学や宗教や道徳などと異なる点は、文化芸術が人間の根源的な想いや魔性を掘り起こし擬似的に開放し理性を理性足らしめるものに対して、哲学や宗教などは私達の本質から離れたところから作為的に私達をコントロールするようなところがあって、素直でない歪んだものを感じる点にある。

つまり、人間である以上、如何に清く正しくあろうとしても、そうはあり得ない訳で、どう足掻いてみても世俗を離れられないにも拘わらず、そんな生き様を棚に上げ、舌の根も乾かぬ内に、清廉潔白や正義を主張したり利益誘導に走る政治家や宗教家(組織)が多いからで、現代では政治や宗教は、民衆を救うものではなく、民衆を操り支配する道具と化している。

つまり、政治権力は経済活動や金融において、宗教や哲学や道徳はメンタルな側面から、私達を意図的に操り支配している訳で、一見道理に叶う道徳や倫理や理性であっても、彼らの恣意的な目的に利用されている節が見受けられる。

その点、愚かかも知れないが、多くの文芸作品には私達の偽りのない本音や本性が曝け出ていて、私達の感覚や感性に深く響くものがある。

まあ、簡単に言えば、行動が伴わない政治家や宗教家が本音や本心を隠し持った建前論を幾ら聴いても仕方ない訳で、そんな言葉に騙され操られ真面目に従っている民衆ほど馬鹿なものはない。

まあ、教師が自分の本心をぶつけられる学校教育ができないことも問題であるが、人間教育に欠ける今の教育現場には失望しかない。もっと、人間を曝け出す人間教育に教師も保護者も社会全体が命掛けで取り組まない限り、私達は一生、時の権力を傘に私腹を肥やす政治家や宗教家に操られ、彼らの奴隷となって生涯を送ることになりかねない。

以前、亡くなった立川談志師匠が、落語は「人間が常識化できないものを曝け出すもの」と語っていたが、常識でないところに私達の本質や本性がある訳で、それを肯定しつつも、まともに暮らす生き様に人生があり、面白おかしくある訳で、そんな生き様を共有できないものなどに意味はなく、興味も湧くはずもなく、そんな生活をしていたら、みんな元気がなくなってしまうのは当然だと思う。

まあ、同じことでも、人それぞれ全く意味が違う訳で、そんな一筋縄ではいかないところに人生の機微があり、私達の本質が隠れ潜んでいるのである。

そんな訳で、人生いろいろ、人それぞれ、男も女もさまざま、目的を見失い何処に流れ着くのかも分からぬままに、必死になって灯台の火を探し、当面の航路を決めて生きる自分が憐れである。

しかし、それが人生であり、神仏にも頼れぬものがあることを知るべきで、そんな現実を民衆を束ねる政治家や宗教家こそ身を持って示すべきで、人を利用することばかり考えていないで、自分自身の行動を今一度見直すべきではないかと思う次第である。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

不確かな希望を信じたい。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

初夏

もしこの春に裏庭の草刈りをしなかったら、長年転がっていた植木鉢やプランターの片付けや使わなくなった犬小屋などの廃棄を、この時期にすることはなかったと思うが、物事は始まれば完結するまで止められないから実に厄介である。途中でやまらない、やめられないところに、ある種の病理がある。

でも、慣れぬ作業で腕や肩が痛くなったが、一気に終えることができて良かった。一人でコツコツと毎日少しづつやっていたので、隣家や裏の奥さんから冷たい飲み物やお菓子や日除けのサンバイザーを頂いたり、藪蚊に刺されながらの立ち話も普段ないことなので楽しかった。

それに、何よりもトカゲやムカデやゲジゲジ、ダンゴ虫やハサミ虫やミミズなどの地中生物の生態が事細かく観察できたことや、ギャアギャアや野良猫までもが近くにやって来て、反対に私を観察しているようで、彼らにとって私は侵入者、かなり特異な生き物に見えたのだろう。

いずれにせよ、昨日のガレキの収集日を持って、引き受けた仕事はすべてが終了し、晴れてご赦免となった。途中、妻や妻の知り合いから市民会館のステージ写真を頼まれたが、慣れぬ朝の作業で手が震えてしまい、手ブレを止めるのに一苦労した。何とか事を得たが、何事も用意周到、よく前後を考えて物事はしないといけない。

後は以前に薬害が発覚するまで除草剤を撒いてもらっていた植木屋さんが何とコメントするかが楽しみであるが、様子をみてイチジュクやザクロなどを植えてみようかと思うが、考えてみると実のなるまで生きられらかが問題である。

ところで、新元号「令和」の時代は、青天井で、かなりの分野で既存の枠組が外れ、物事が一気に刷新されるようである。買い物もキャッシュレス化が進み、信号機が5Gの基地局になるようで、益々IOTへの弾みが加速される。

私的には、この春に予約販売となっていたHuaweiのスマホを買うつもりでいたが、米中貿易戦争の余波を受け買えなくなって残念至極である。しかし、確かに5Gを制覇するものは市場を制覇するどころか世界を支配できる訳で、何としても米国が中国共産党の手先であるHuaweiの躍進を阻止しようとする理由も理解できる。

日々の買い物から趣味嗜好、家族構成から交友関係、健康情報から資産状況、公共交通機関の利用や自動運転まで、生活全般に亘るプライベートな情報が5Gの時代では、すべて筒抜けになってしまうからで、分散台帳管理方式によるキャッシュレス時代の幕開けは正にパンドラの箱である。

つまり、私達は性別や学歴や資産や健康状態や思想信条や宗教観や社会的な信用度などにより峻別されランクづけされる時代が到来するからで、皮肉にもキャッシュレスが、銀行業務を始めお役所業務など、最も規制緩和や撤廃が難しい分野や部門の規制や枠組を破壊することになり、令和の時代は「何でもあり、青天井の時代」と言われる所以がここにある。

低金利政策を続ける日本からお金が米国に流れ、米国で金融システムが崩壊するシナリオは今日進行中らしく、石油資源に紐づく国際金融システムの崩壊は間近らしい。

そんなCHAOSな覇権争いに、誰が勝利するのか分からないが、考えてみれば、ちょっとした災害で通信障害や移動交通システムに支障が生じることから、かなりリスキーな社会システムな訳で、そんな軟弱なシステムに頼る近代社会そのものが、私的には狂気の沙汰であり、欲得絡みの奴隷管理システムの成れの果てとしか思えない。

いずれにせよ、人から与えられる「安全、安心、便利、快適」ほど、怖いものはない。私的にはスマホ情報もほどほどに、意識を身近に引き寄せ、机上の空理空論や虚構や妄想とも思える社会システムや哲学や宗教思想に惑わされないよう、身近な関係に臨場感を持って生活していこうと思うが、離人症絡みのメージの世界に遊ぶことが好きな私としては、これほど苦手なことはない。

そんなことから、今週は久々にカメラ片手に離人的にイメージの世界に遊んでみようと思うが、初夏の日差しも結構きついので、草刈りで得た豆知識を活かし初夏の日常を楽しもうと思う次第である。

カテゴリー: 未分類 | 初夏 はコメントを受け付けていません。