想い

一日中雨かと思いきや午後は雨が上がり当分降りそうになかったので、畑に鶏糞を入れて耕し土作りをした。明日牛糞を入れて暫く養生すれば、育苗中の野菜の苗床が完成する。

とにかく、ミニトマトの苗がポリポットの中で待ったなしの状態で、1日でも早く地降ろししないと根が張りすぎて枯れてしまう。さらに、九条ネギの掘り起こしや株分けも待ったなしで、予定が目白押しで困ったものである。

高齢なので無理をしないつもりだが、やはり段取りと言うものがあるから、やり出すと途中では止められない。そんなことから、雨上がりでも汗だくになってしまい、二度目のシャワーを浴びて、このブログを書いている。

そんな訳で、今日もそれなりに1日が終わる。程よい疲れと安息に、想いは果しなく尽きることがない。改めて今あることに感謝したい。

それにしても、ベネチアも中国からのオーバーツーリズムで下水処理が追いつかず悪臭が漂うこともあったようで、想像しただけでも興ざめしてしまう。最近京都でも八坂神社の境内で罰当たりの愚行が動画拡散され炎上したが、癒しや安らぎの場が失われる現実に、それなりのステータスを持って旅してほしいと思う。お金やエゴが罷り通る世相に、改めて厭世の気持ちを新たにする次第である。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

鶏糞と牛糞を買い土壌の改良をしようとしていた矢先、雨で出鼻を挫かれた。雨が続くとこのまま梅雨入りになりそうな気がするが、何があってもおかしくない時代だけに、いろんなことに身構えてしまう。

それにしても、この動画のお嬢さんは只者ではない。ちょっとやり過ぎの感もあるが、かなりハイレベルである。とにかく素人は材料の調達や運搬が不慣れで、道具もコツも持ち合わせていないから苦労するが、うら若き乙女がここまで出来るとは天晴れである。私も負けてはいられない。

昭和のボロ屋をモチーフに家相風水をお手本に風通しのよい明るい居住空間を目指して頑張ろうと思う。

しかし、若さは宝である。若い人のパワーには負けじと思うが、ちょっと気を抜くとどうでもよくなるから困ったものである。いずれせよ、人生は今しかないから、残された時間を大切に頑張ろうと思う。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

今日は昨日と打って変わっていいお天気で、体調も回復して気分爽快、散らかった部屋を片付け、久々にパソコンを開き孫から頼まれた小倉百人一首の朗読ファイルを抜き出しラインでリンクを送った。

昨日の雨で庭の紫陽花が頭を垂れてしまい観るも哀れになってしまい、妻が出掛けに情けない顔をしていたので、支柱を立てて麻紐で回りを囲み体裁を整えてやったところ、よほど嬉しかったのか、夕食にウドやタラの芽やアスパラの天麩羅を揚げてくれた。揚げたてしかも旬のものだったので、腹も身の内を忘れ、残らず平らげてしまった。

こんなことが続くと病気になるのだろうが、もうそれなりの年齢なので、食べれる内に食べたいものは、身体に良くないものでも食べるようにしている。

そんなことで、午後からは榎や銀杏や柿ノ木の剪定をしてながら、渦高く積み上がった残土に自生したヤブガラシやブルーベリーに似たヨウシャヤマブドウやドクダミなどを根こそぎ引っこ抜き、除草剤を散布した。そして、ゴミ出し袋に詰め込み、明日のゴミ出しに備えた。

そんな訳で、今日は程よい疲れに一日を終えた。コロナがなければこんな生活は夢にもあり得ない。改めて今あることに感謝したい。

カテゴリー: 未分類 | コメントを受け付けていません

物憂い

雨の日は退屈である。しかも今日は首痛が酷く耐えられないので、副作用も気になるが昼食後に痛み止めを飲んでしまった。一時上がった雨も夕刻に向けまた強く降り始め、気分的に宜しくない。

頭が冴えないので音楽は聞きたくないし、孫から頼まれた万葉カルタの朗読ファイルの抜き出しもしたくない。要するに、何も出来ない訳で、ひたすらベッドに炬燵を持ち込み足を突っ込んで雨音を聞いている。首の痛みは大分収まったが、何もしたくない、困ったものである。

先日も部屋のリフォームに取り掛かろうとした矢先、外水道の水漏れを発見し掘り進んでみたところ何せ昭和のボロ屋だから地中深く銅管が埋められていて漏水箇所が特定できない。それで新たに塩ビ管を埋め直し銅管を埋め殺しにしたが、その間私が寝泊まりしている離れの水道が使えず酷い目にあった。幸いにもエアコンの取り付けと被らなかったので良かったが、こちらも室外機が41kgもあり設置台が高目で狭苦しく私がブロック塀に登って電気屋さんが下から持ち上げやっとの思いで設置したが、そんなこんなで、やりたいことがやれない。

夏野菜の地植えも何とか終わったが、これから草引きもしなくてはならないし、梅雨入り前には部屋を片付け風通しをよくしてカビの発生を防がなくてはならない。まあ、この離れも私で取り壊しになるから、とにかく捨てるものは捨てスッキリさせたい。

そんな夕刻の思いをさらっと綴ってみたが、人生は物憂い。しかもすべてが一長一短で特効薬がないからして、まどろっこしくさっぱりしない。そんな物憂さを一発で解消するものには多々あれど、何とか健全なもので解消したいものである。

酒やタバコ、ドラッグやギャンブルやキヤバクラ通いなど、憂さ晴らしを上げれば切りがないが、特に宗教絡みの誘いには注意を要する。言い換えれば、漠然とした不安や物憂さは過ぎ越すしかない訳で、一発解消するものを模索することに間違いがある。その意味からして、首痛に手っ取り早くドラッグを飲んでしまうところは改めたいと思う。

それにしても、今日は物憂い。暑いシャワーでも浴びて気分を一掃しようと思う次第である。

カテゴリー: 未分類 | 物憂い はコメントを受け付けていません

雨上がり

育苗ポットから地降ろしするとどんな苗木も俄に元気になって生彩を放つ。生命の営みは母なる大地と天空からの太陽の光と大気と水がなくてはなりえない。一方、そこらに転がっている小石なども、永久なる「君の世の御栄え」を願う日本の国歌 君が代に「細石の巌となりて…」とあるように、永い年月を経て小さな細石が大きな巌になるまでとなれば、まさに地球は宇宙に浮かぶ生命体でありガイヤそのものである。

まあ、土に植えるのだから、プランターでも地面でも同じようなものと思われるが、それが明らかに違う。大地から天空に伸びる生命力と言うか躍動感がある。

まあ、万物は微弱な電子を常に回りのものとやり取りしているらしく、大地に裸足で立てば母なる大地と身体の電子の移動が始まり最適化されることは容易に想像がつく。電子の移動から細胞のイオンバランスが最適化され、日頃の不快感が解消されることはよく知られている。そんなことから、アーシングシューズなるものまで登場する始末だが、そんな高額なアイテムに頼らなくても簡単な土いじりでもすればいいように思う。

ところで、こう世の中が乱世となってくると、食糧なども足りているのに買占めに走ったりして、益々富の偏在が加速されて良くない。そもそも作物は旬のものを食べように出来ている訳で、添加物や保存料で何時でも簡単に食べられるようにすると便利だが、それは似て非なるもの、別物と考えた方が妥当である。

食べものは素材をなるべく活かして食べるのが原則で、調味料なども出来るだけ使わないの方がいいと思う。

それにしても、生きていくには、水や大気や食べ物は必須だし、日の光もなくては生命力が活性化されない。まあ、お金や物に依存しない生活を試みても、これらのものに依存せざるを得ないのが現実で、その依存も固定的になりがちだが、願わくば出来るだけ種々雑多に旬に応じて流動的に捉えていく方がいいように思う。

そんな中、久々に昔の職場の知人から、共に知る知人が既に亡くなっていることを知り複雑な思いがした。浮世離れした隠遁生活をしている私としては、情報源はフマホのみ、テレビも観ないし新聞も嘘ばかりだから疾の昔にお断りした。地域情報に触れることも少なくなり、正に世捨て人だが、超リアルな畑作や木工や料理に勤しみ、スマホを介して超ビジュアルバーチャルとの世界をいったり来たりの生活には満足している。時に義理を欠くこともあり得るが、そこはお互い様、知り得る限り義理立てしようと思う。

そんな想いに、昨夜からの雨も今は一休みらしく雨音が遠退いた。昼は私がつくるので、シャケでも焼いて納豆と味噌汁で簡単に済ませたいと思う。

改めて、今あることに感謝したい。

カテゴリー: 未分類 | 雨上がり はコメントを受け付けていません

流れ

突き詰めればどんな人ともうまくいかなくなる。時には感情トラブルに発展してしまうから、やばそうだと思ったら仲介人を立てるのが一番である。

だから、交通事故など起こしたら、直接相手と交渉しないで一切合切保険屋に任せるのが一番である。その時はよくても後々とんでもないことになることもあるからで、物事は全て流動的である。

まあ、毎日の気分や体調もその日によってそれぞれ、本音や建前もコロコロ変わり、何が何だか分からない。ハッキリ言って自分など最初からない。全てが時代や人の受け売り、産まれた時から変化と多様性に生きている訳で、そのサイクルが近頃早くなっただけの話しである。

まあ、真実は一つだとか、真理は一つだとか言われるが、人種や民族、国や地域の生活ぶりからも、人の数だけ真実や真理、価値観や世界観があると考えた方が無難である。

そんな流れに、自己矛盾や自己崩壊に悩むことはない訳で、その時の組み合わせをよりベター、ベストにしていけば言い訳で、下手なキャラに拘らない方が気楽である。

まあ、嘘も方便、その場の空気を読み取り適当に記者の質問をはぐらかすテクニックは政治家の常套手段、学歴詐称に明け暮れる小池東京都知事も張ったり上手な故石原元都知事も田中角栄さんも、皆さん器用に生きている。

敢えて真理を問えば、「嘘も三回言えば本当になる。真実も疑えば嘘になる。」突き詰めれば、世の中どうでもいい。その日のお天気に生きるが勝ちである。

そんな想いに、今日も流動的に頑張ろうと思う次第である。

カテゴリー: 未分類 | 流れ はコメントを受け付けていません

あじさい

年越しのあじさい

一年越しの成果が実り、今年のあじさいは昨年より株元が幾分大きくなった気がする。そんなあじさいに水やりし、今日は水道管の切り回しやブルーベリーの鳥避けネット張りや茄子の支柱を立てたりした。そして、昼になったので地元のスーパーでパンを買い、妻がスパゲッティを作ってくれたので、私の野菜炒めを合わせて、ゆっくりランチした。

お天気が優れずちょっと肌寒いのと昨夜よく眠れなかったので、午後は何もせずゆっくり昼寝をしたい。

それにしても、静かな日曜日である。こんなことで経済が成り立つのだろうか?不安になる。まあ、無条件降伏の敗戦国だから仕方ないが、農薬添加物まみれの食材ばかりで庶民はみな健康被害者、全てがゲーム感覚な生活に溢れ、リアルな許しの暮らしも忘れさり、LGBTや未婚単身世帯が当たり前となる社会に明日も未来もない。

いずれせよ、人生は憂いと悲しみに満ちている。生老病死の深い悲しみの中、求めるものは安息と救いである。それには呪いや痛みの中に死を迎えることになれば一大事、現世に距離をおき、深い思念の中に安らぎと救いの生活に勤しむのがいいように思う。

そんな想いに、改めて今あることに感謝したい。

カテゴリー: 未分類 | あじさい はコメントを受け付けていません

適者生存

ブルーベリー

何度も植え直してダメかと思ったが、今年は何とか再生し実をつけたので鳥避けネットを張ってみた。初年度たくさん実をつけたものの見事に鳥に食べられてしまい、弱肉強食、適者生存の掟に苦杯を舐めさせられたので、今年はこれで対抗したい。

ブルーベリーはアントシアニンが目に効くらしいので、ヨーグルトにでも入れて食べようと思う。改めて、自然の営みに感謝したい。

カテゴリー: 未分類 | 適者生存 はコメントを受け付けていません

トカゲ

あれこれ追われているうちに、知らぬ間に2、3日経ってしまい、気づけば5月も下旬である。チラ見しても半袖の跡が腕にくっきり残り陽射しの強さが伺える。

新しい週を迎え、今週は週中日に電気屋さんがエアコンの取り付けにくるので、今日は雨上がりに室外機を乗せる設置台のぐらつきを直したが、設置台がちょつと高く以前の機種より大きいものが入るので、ワイヤーで固定しないとダメかも知れない。いづれにせよ、これでひとまず熱中症対策はいいとしても、5月からの電気代の大幅値上げがちょつと気になる。

ところで、世間は益々生成AIの時代に突入し、リアルな現実の世界からビジュアル·バーチャルな仮想現実への世界へとシフトしているものの、超リアルな菜園や木工や料理に嵌まって生きる私は家のメンテに現をつかす毎日、完全に時代の流れに逆行しているが楽しいのだから仕方ない。

まあ、世間の流れに逆らえば自ずから社会的孤立を招くことになるが、無理して世間を広げても厄介事に巻き込まれ気遣いするのも疲れる。とにかく、心身の衰えから身辺を小綺麗にこざっぱりするだけでも大変だから、一人で気楽にやるのが一番である。

そんな想いに、夕食までの畑作で、今では唯一のお友達であるトカゲのトゲちゃんがご挨拶にお目見えした。よく見ると可愛い。特に広がった手足の吸盤が笑える。これから、朝晩の畑作に汗を流す毎日になるが、程よい疲れに今日も一日が終わる。

改めて、今あることに感謝したい。

レモンバームに憩うトカゲのトゲちゃん
カテゴリー: 未分類 | トカゲ はコメントを受け付けていません

愛別離苦

このショート動画は残酷である。改めて生きる意味を問いたい。

https://youtube.com/shorts/Qg7JPGCyWeQ?si=-UdOY0zpaJW2MLA_

カテゴリー: 未分類 | 愛別離苦 はコメントを受け付けていません