記憶

すべてに意味を失う。すべてに感謝したいと思う。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

Do the hustle!

若さは宝である。全てが絵になる。改めて、生きる意味を問いたい。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

規制緩和

この水道等料金の請求書にあるヴェオリアジェネッツ(株)とは、財務大臣の麻生太郎氏の娘婿(フランスロスチャイルド筋の人物?)が役員を務めるフランスの水道事業会社である。

まあ、身内に厚いのは何となく想像がつくが、恐らく国際入札で上手なプロポーザルをしたのだろう。料金の徴収委託業務だから、水質管理や事業経営などには心配される関与は及ばないような気がするが、仮に水質管理などの業務を委託しているとしたら、安全管理をイスラエルの会社が請負う日本の原発の二の舞になってしまう。

まあ、危ない仕事や割の合わない仕事は海外の会社に任せてしまえば楽かも知れないが、実際に業務に携わるのは日本人な訳で、福島原発でイスラエルに金を脅された事例もあることから、怖いものがある。

さらに、今年4月には、米や麦や大豆などの主要農産物の安全性と安定供給に係る「主要農産物種子法」が廃止されたが、この法律は、1952年に戦後の食糧の安定供給を図るために制定された8条からなる比較的短い法律で、米・麦・大豆の3種類を対象に、奨励品種の選定や原種の生産に都道府県が責任を持つことが定められた法律である

これが廃止されると、海外から遺伝子組み換えの種子が流入し、食の安全性と安定供給に問題が生じるとして、一部の勢力から強い批判もあるが、遺伝子組み換えの種子については、厚労省が管轄する食品衛生法の所管業務で、同法の安全性審査で、遺伝子組み換え種子は排除規制されているから、今のところは安心できる。

また、種子法の対象外である野菜などの種子は、日本のメーカーのシェアが大きく、野菜や果物などの食糧の安全性と安定供給の危機には至らないようである。

また、種子法の廃止に伴う「あきたこまち」などのような都道府県ブランドである「奨励品種」については、各地方自治体で、種子法と同様な条例や要綱を制定して、奨励品種のブランドを守る方策が既に講じられているらしい。

そんなことから、ひとまず安心だが、これを皮切りにさらに規制が緩和されると、私達の生命にも直接関わることにもなり兼ねないので注意を要する。

まあ、国や民族の垣根を越えて、人や物が自由に交流するグローバリズムとは、こう言うことを言うのであるが、過酷な価格競争やブランドや信頼の確保など、資本力と品質管理とマーケティングが、勝負と言える。

さらに、メガバンクやトヨタやソニーのような大企業は、日本の企業と言うより世界企業であり、日本人が日本の製品を買えないこともあり、その収益においても、株主配当として海外の投資家の懐に転げ込んでいく訳で、今やグローバリズムによって、世界中で「富の偏在」が加速し、貧富の格差が拡大していることは、ご案内の通りである。

まあ、理想と現実は、斯くの如く、いつも大きな隔たりがある訳で、人間の理性に基づく正義や美徳やモラルが、グローバルな社会で通用し実現されることは、極めて難しいように思う。

なぜなら、私達は生まれながらにして、何らかの既得権益の中に暮らしているからで、選ばれし民族以外はゴイム(家畜や賤民)と見做すタルムードを陰の教典と信じている狂信的なユダヤ教徒や、他の宗教を徹底して排除するイスラム教の原点はイスラム原理主義にある訳で、これらについても、自分らの既得権益を守り抜く手立てであり、これは感情とか理性とか宗教とか言う問題でなく、イデオロギーである。

そんな訳で、私たちの生活は、身近では結婚と恋愛が違うように、飽くまでも、現実と理想を見据えながら、変化と多様性の中に、著しく人の道を外れた「不義や嘘偽りや偽装や傲慢や強欲」を許してはならないように思う。

そんな想いに、国政や地方政治を預かる諸先生方には、 水戸黄門や助さん格さんではないが、悪玉代官や悪徳商人を成敗する気概を持って、諸問題の裁定に処してもらいと思う次第である。

カテゴリー: 未分類 | 規制緩和 はコメントを受け付けていません。

music

大型台風が接近していて、今週末もお天気が悪いらしい。まあ、別にどうってことないが、何となく気分が冴えない。

こんな時はノリの良いmusicに限るが、たまたまYoutubeにアクセスしたら、Jamiroquaiがヒットした。

Lucky! 今日はこれで行ける。シャワーを浴びて頑張ろうと思う。

カテゴリー: 未分類 | music はコメントを受け付けていません。

ワンパターン

最近のジャニアンです。

人生の大敵は、思い込みとマンネリと惰性である。目が覚めるといつも同じパターンで行動してしまうから、結局思い込みで一日が始まってしまう。

まあ、見方を変えれば、良しとされる習慣も必ずしもいいとは言い切れない訳で、朝食もいつも同じものばかり食べていないで、パンやご飯や季節のフルーツやヨーグルトなど変化に富んだものを食べたり、駅に向かう道などもコースを変えてみるなどして、生活にゆとりと変化を持たせると、新たな発見につながるかもしれない。

そんなことから、私は朝起きると、ワンパターンな一日にならないように意識して、 行動を開始することにしている。

しかし、孫娘の家に行くと、朝はまさに戦争で時間との戦いなので、そんな悠長なことは言っていられない。そんな光景を目の辺りにすると、私も現役時代はかなりワンパターンな生活をしていたように思う。

そんなことから、できれば週末はゆとりを持って、普段とは全く違う生活をするといいとは思う。

それには、新たな気持ちで一日を始めることが肝要で、先入観や思い込みを捨て去る必要がある。特に人の話を上辺で聞かずに、謙虚に耳を傾けることが不可欠であるが、それも慣れっ子になると、上っ面で話を聞くようになるから注意を要する。

また、夫婦の会話なども、いつも同じパターンの話でも、全く真意が違う話かも知れない訳で、そんな気配を互いに感じ取ることが、変化の中に、夫婦相和し共白髪まで添い遂げる秘訣なのかも知れない。

まあ、どんな人も、歳を重ねると姿形だけでなく、歳相応に考えや気持ちも変わってくる訳だが、できれば、年齢とともに精神的にも成長したい。

厳密に言えば、昨日の自分は今日の自分ではない訳だが、人の気質や性格が変わらないのは、日頃の思考パターンや行動パターンや価値観や世界観が変わらないからで、 それが嵩じると頑固になり、融通がきかなくなり、思い込みやマンネリや惰性に繋がるような気がする。

まあ、人生はすべてチャレンジであり勉強である。チャレンジすれば、気づかなかったことも気づくようになり、人の気持ちも理解できるようになる。

時に、結婚できない人は「人見知りで、マイペースで、心を開かない人」が多いようだが、こんなことでは、学生ならいざ知らず世間が狭くなって、大の大人としては心許なく、今日的なグローバルな時代には生き残れないかも知れない。

まあ、加速するグローバリズムは、変化と多様性の中に、偏見をなくし、自由や平等や公平や、新たな共通認識や価値観を探り当てる壮大な人類のチャレンジであり、その行く末を見据え、後世に生命を引継ぐ気概なくしては、生きる意味も半減してしまう。

そんなことから、今日も新たな目線でストリートフォトでもしようと思うが、秋になると秋らしい素材ばかり求めていることからも、潜在意識を塗り替えることの難しさを感じる。

まあ、一説にジャンケンも潜在意識がしていると言うから、潜在意識にコミットすれば、思い込みやマンネリや惰性がなくなるかも知れない。

そんな想いに、この秋は意識して臨場感を持って潜在意識にコミットして、教育や世間の常識やマスコミなどによって歪められた既成概念やコンプレックスを打破し悪しきワンパターンから離脱して、実りある日々日常を手にしていこうと思う次第である。

カテゴリー: 未分類 | ワンパターン はコメントを受け付けていません。

Camera

コンタックス G レンズ

コンタックス G レンズ

毎年秋に、ドイツのケルンで開かれるイメージング産業界の最重要トレードショーであるフォトキナで、今年はパナソニックからフルサイズミラーレスが発表され、いよいよミラーレスも、ソニー、キャノン、ニコンと各社のフラグシップが出揃い、本格的なフルサイズミラーレスの時代を迎えた。

さらに、富士フイルムからも、何と一億画素の中判カメラが発表され、各メーカーの高画質化や動画機能強化へのロードマップが気になる。

とは言っても、どれもこれも高嶺の花で、レンズを買い揃えれば、有にクルマを買うくらいの金額になる。そんな高額のものを開発しても売れるのだから、世間にはお金持ちがかなりいることになる。

その一方、私は品川のキヤノンプラザや銀座のソニーやニコンの展示場や お台場のパナソニックセンターなどで、 いつもタッチアンドトライするだけだが、それでも新製品が出るとワクワクする。

まあ、どんなに素晴らしいミラーレスが出ても買わないし買えなし、そもそもフルサイズとなるとレンズも重いから、普段持ち歩くとなると体力的に厳しいものがある。

タッチ&トライで軽く感じても、実際に持ち歩くとなると結構重く嵩張るもので、 軽量コンパクトなマイクロフォーサーズでも 疲れてくると捨てたくなる。

さらに、最近はスマホのカメラも画質が高級コンデジ並みに良くなっているので、手軽さから言えば、断然スマホに軍配が上がる。

そんなことから、当分は既存のCameraやスマホを使い回してイメージの世界に遊ぼうと思うが、今年も日々日常に追われている内に、余すところ3ヶ月である。

でも、これからが秋本番なので、新たな目線で、小さな秋を身近な出会いに見つけ、心に焼きつけていこうと思う。

カテゴリー: 未分類 | Camera はコメントを受け付けていません。

3週間

お流行りのヨガスタジオである。この種のスタジオは、女性専用で完全予約制な上、お洒落な店が多く、どの店も繁盛していることから、女性の健康志向の高さには並々ならぬものがある。

男性が体験するには、この種のものはキャバクラヨガしかないが、ちょっと気が引けるし、オーム真理教も発端はヨガ道場だと言うから、ヨガ道場も考えものである。

私的には、本を頼りに何とか3週間続いているので、暫くは自己流で頑張ってみようと思うが、 ウォーキングやラジオ体操もあるので、挫折したら切り替えて、頑張ろうと思う次第である。

カテゴリー: 未分類 | 3週間 はコメントを受け付けていません。

生きる

変化と違いの中に、僕達はどこへ行こうとしているのだろう。ノスタルジアかも知れないが、少なくともいじめや学級崩壊などなかった時代の方が、よかったように思う。

カテゴリー: 未分類 | 生きる はコメントを受け付けていません。

雨に想う

想いは果てしなく尽きることがない。
神のなさることは、すべて時にかなって美しい。神はまた、人の心に永遠を与えられた。しかし人は、神が行われるみわざを、初めから終わりまで見きわめることができない。(伝道者の書3:11)

カテゴリー: 未分類 | 雨に想う はコメントを受け付けていません。

一雨ごとに季節は確実に冬に向かっている。全てに感謝したいと思う。

カテゴリー: 未分類 | 雨 はコメントを受け付けていません。