想い

 波動に生きる。すべてに感謝したい。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

新たな日常

専業主婦に対する扶養手当や税制面での扶養控除は、家事労働に対する対価だと思うが、女性の社会進出に伴い見直しが進む中、私的には男女性別にかかわらず、働き方の1つとして見直す必要もなかったし、ないように思う。

それは、今回のパンデミックで改めて感じたことで、自粛生活から時間がたっぷりあったので、本格的に家事労働に挑戦してみたが、家事労働は結構重労働で、1日のルーティンワークに組み込むとなると、仕事以上に大変だったからである。

しかし、始めてみると、私は専業主夫に向いているのか、最初は勝手が分からず苦痛だったが、慣れてくると、掃除なども風水や陰陽道などを踏まえると結構面白く楽しいものになった。それに、疲れて頭がモヤモヤした時は、掃除や料理をすると気分転換になって晴れ晴れした気分なるから不思議である。

掃除や料理が根から嫌いなら仕方ないが、小奇麗にして自分の好きなものを作り、美味しく食べることほど楽しい事はないように思う。

まあ、人生は取り越し苦労しても仕方がない。嘘や偽善の世の中だが、そうもこうもしなければ、通っていけない社会であることは確かである。嘘も方便、優しい嘘もなくては生きられない。要するに、キャバクラではないが、楽しく騙してくれるなら、それで良いのである。

それにしても、騙しと悪意の西欧社会に対して、ギリギリなところで誠意と善意を守り抜く日本の社会は、本音と建前が入り乱れ、「本当に疲れる」社会だと思う。しかし、本音と建前を使い分け、ストレスを適当に解消して、過ぎ越さねば身を守れない社会であることは確かで、そんな社会もグローバルの荒波に、新たな分岐点に差し掛かっているように思う。

共稼ぎ子育て世帯は、今日的な成果を拙速に求める社会では余程悠長に構えないとやりきれない仕事を背負っている。時間がゆっくり流れる以前の社会と異なり、結果と成果に急がされる生活環境では、子供と共に情操教育をゆっくり楽しむゆとり等はないような気がする。

そんなことから、私は専ら育爺として、孫娘の遊び役を承っているが、これが実に楽しい。子供の視点で日常が眺められ、幼いパートナーとの日々は新たな気づきや発見の連続である。時代は動いている。いつまでも昔のノスタルジーに浸っていられない。古き良き時代は終わったのである。

そんな訳で、ウィズコロナの時代をどう生きるかが大きな課題だが、やはりコロナそのものが世界基準なので、偽りと偽善を前提に、西洋風の距離感を持って、日本人も自律して生きるようになるのではないだろうか。

まあ、誠意と善意にノスタルジックな思いを抱いている私としては割り切れない気持ちでいっぱいだが、そんな気持ちでは確かに他国の人とは上手く付き合えないかも知れない。

そんな想いに、コロナが示す距離感を指針に、家事労働に勤しみながら新たな日常を手にしていこうと思う次第である。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

続コロナ

自粛生活が解除され経済活動が再開されるにつれ、感染者が再び増えてきたが、それより気になるのは死者が増えていることである。

コロナ第二波の到来と言うより、第一波が収まり切らなかった感じだが、この蒸し暑い陽気の中でも、感染が拡大していることからすると、秋口から冬にかけての第二波が思い遣られる。

私は人一倍神経質なので、コロナが流行る前から電車や人混みにはマスクを着用し、うがいと手洗いは欠かさなかったが、それでも、そばに寄り添ってくる孫からは風邪をもらったので、やはり接触感染には要注意である。

ところで、今回のコロナウィルスは話をするとウィルスが撒き散るらしく、至近距離や大声で話をすることはNGである。

また、マスクをしていると喘息が悪化したり、顔が腫れたり、耳がゴムで痛くなったり、人それぞれ大変な思いをしているようで、真夏になれば熱中症も気になる。

そんなことから、平常に戻りつつも、もうしばらく様子見した方が良さそうである。都知事選も選挙事務所に尋ねれば街頭で演説を聞けると思うが、リスクを犯してまで、候補者の肉声を聞くまでもない。なぜなら、おそらく金権組織票の勝利に終わることが目に見えているからである。

それにしても、今の日本は人材不足である。戦後の自虐民主教育の成果としか言いようがないが、志ある者はいないのだろうか。三島由紀夫の憂国の志士が1人や2人いてもいいように思うが、もうこの国には男の美学が通用しないのだろうか。

まあ、何せ今は「いま、金、おれ」だから、美学が通用するわけもない。利権と欲得の果てに、今日的エリート達は何を求め得ようとしてるのだろうが? 機会があったらお話を聞いてみたいものである。

そんな中、今日は昔のレコード音源をサンプリングして楽しんでみたが、なかなかアナログは風情があっていい。いつもなら昼寝をしないと保たないが、つい忘れて夕刻になってしまった。

そんな訳で、夏至は過ぎたが、ずいぶん日が伸びている。蚊取り線香の匂いに誘われ、冷たいそうめんやそばが食べたくなる。

人生は色気と食い気、きれいなものを愛でて、うまいもの食うに限る。とにかく、健康で元気でなくては楽しくない。嫌いな運動は端折ってしまったが、今日はスタミナのあるものを食べて栄養をつけ熟睡しようと思う次第である。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

カビ

ワインの貯蔵庫などに行くと独特の匂いがするが、酵母の匂いなのかカビの匂いなのか、疑問に思う。

ワインに限らず、私達は微生物が創り出す発酵食品を日々日常利用しているが、食品に発生するカビ毒はガンを誘発するものとしてよく知られている。しかし、カビ毒を完全に排除することは難しく、気にしていたら食べるものがなくなってしまう。

穀類やナッツ類、パンや餅やお菓子、果物や野菜なども、カビが作り出すマイコトキシンは煮沸してもその毒性はなくならないから、少しでもカビがあるものは、思い切って捨ててしまったほうがいいと思う。

特に、梅雨時から夏場にかけては、カビの発生に注意を要するが、海外から輸入される食品は、カビが生えないように防腐剤がかけられており、これはこれで恐ろしいものがある。そもそも、小麦粉が真っ白い状態で100日もかけて海を渡ってくる訳がなく、通常ならカビが生えて真っ黒くなると思う。

そんなことから、梅雨時はカビ毒、ウイルスや細菌やバクテリア、大気汚染や農薬や食品添加物、一歩家を出れば、7人の敵とのハラスメントに苦しみ、交通事故や様々な天災や災難が待ち構えており、生きていること自体が奇跡である。

まあ、危ないことには関与せず、欲張らずに、自分のできることをしっかりやっていこうと思うが、そんな平凡な生活が成り立つ社会であってほしい。いずれにせよ、食品衛生には注意して頑張ろうと思う次第である。

カテゴリー: 未分類 | カビ はコメントを受け付けていません。

紅茶

Cherry Cerises tea

ロシアにバレー留学した娘さんからいただいたロシアの紅茶である。とてもおいしい。最後の1つになってしまったが、スケートのザギトワ選手のイメージが広がる香りに、荒んだ気持ちが癒される。感謝したいと思う。

カテゴリー: 未分類 | 紅茶 はコメントを受け付けていません。

異文化

こんな生活をする人の目には、今の日本の生活はどんな風に写るのだろうか。グローバリゼーションや異文化交流の意義や目的を改めて考えてみたいと思う。

カテゴリー: 未分類 | 異文化 はコメントを受け付けていません。

転換


この秋には、全MacがArmベースのプロセッサーに切り替わるそうだ。アプリの開発がパソコンからスマホ中心に移っていることから、パソコンに最適化され高価で融通性がないIntelから、低価格で汎用性のあるスマホに最適化されたArmベースのプロセッサーに置き換わるのは当然なことで、一世を風靡したPC向けIntel プロセッサー時代もついに終焉を迎える。

さらに、ディスプレイも液晶からミニLEDに切り替わるらしく、新製品は来年の前期にはお目見えするそうで、実に楽しみである。

ところで、今回のコロナ騒動で、様々な分野で異変が起きており、高収入・高ステータスのお医者さんも高額バイトが激減し、感染リスクを一挙に背負う一方、感染を恐れて余病があってもクリニックに行かない人が増えたことから、患者が目減りし経費倒れに苦慮するクリニックが増えているようである。

まあ、ちょっと風邪気味だと思うと直ぐにお医者さんに駆け込んでいた人は勿論のこと、感染を恐れて健常者もウイルスや病気に関する関心や知識が高まり、衛生管理や免疫の強化など、自分なりに対処するようになったことも、リーマン不況でも食いっぱぐれなかった医療分野の異変につながったものと思われる。

これから、ワクチンの投与やオンライン診療など、時代に沿った活路を見出していくものと思われるが、コロナで世相が一変し病気に対する意識が変わり、無理して仕事をするようなこともしなくなり、食事や運動や睡眠に気を配り、医療崩壊から通院を控えた現実を踏まえると、なるべく医者には掛からぬ手立てをするようになったことも新たな変化である。

まあ、IT業界や医療業界においても、無理して需要を掘り起こすようなこれまでの経営はご法度で、やはり、何事も慎み控え、真摯に物事に向き合い対峙することが逆境にも耐え、それなりに活路が見出せる訳で、驕り高ぶっていては、破滅の道をまっしぐらに突き進むことになり、そんなところは何処かの悪徳政治家や御用学者に通じるものがある。

ところで、コロナ感染を恐れ大都市から地方へと、人の流れも加速すると思われていたが、コロナも落ち着くと、大都市のオフィス需要の減少もこれと言って見当たらず、3密の視点から却ってオフィススペースの需要が高まり、どうやらテレワーク一本では済まされないのが現実のようである。

まあ、これまでも戦争や疫病や天災など、様々な壊滅的な被害を被っても、今日のように復興発展してきた大都市の活力は侮れないものがあり、そう簡単には今の構図や世相や世情が変わるものとは思えない。

そんな想いに、外を見ればかなりの雨、霧雨に濡れるどころか、これでは濡れネズミになってしまう。日本の雨にウイルスが洗い流され、晴れてこの夏には、新たな出会いに期待したいと想う次第である。

 

カテゴリー: 未分類 | 転換 はコメントを受け付けていません。

文化文明

世界は広い。多くを知るのも考えものである。文化文明の意味を痛感する。つくづく日本の伝統文化に生きられる幸せを実感する。すべてに感謝したいと思う次第である。

カテゴリー: 未分類 | 文化文明 はコメントを受け付けていません。

面倒


7月1日から小売店でレジ袋が有料化される。日本が1年間に排出する廃プラは約900万トンで、レジ袋が占める割合は2%程度に過ぎないらしいが、ごみの分別も含め、地球環境の改善にどの程度貢献しているのか、政府広報で大々的に広報してほしいと思う。

ビンや缶、牛乳パックやペットボトルのキャップなど、私達が分別することで、具体的にどのくらいコストが削減され、地球環境の改善に役立っているのか、関係する団体や組織の活動状況なども、協力させているのだから、報告してくれてもいいように思う。

そんな訳で、とにかく日本は面倒なことが多すぎる。改善してほしい。

カテゴリー: 未分類 | 面倒 はコメントを受け付けていません。

続都知事選

人材不足である。奇跡が起こることを期待したい。

カテゴリー: 未分類 | 続都知事選 はコメントを受け付けていません。