茶番コロナ?

「ひょうたんから駒」、そんな時代が訪れようとしているのかもしれない。いずれにせよ、内なる力を信じて頑張ろうと思う。

カテゴリー: 未分類 | 茶番コロナ? はコメントを受け付けていません

期間限定

生き物に寿命があるように、愛や慈愛にも限りがある。慈悲深い仏様にも「仏の顔も三度撫ずれば腹立つ」と言う故事ことわざがある。さらに、過ぎ去れば何事も意味を失い、すべてが無と化すことは、ご案内の通りである。

しかしながら、そう簡単に物事を割り切れないのが凡夫の性で、今日も相変わらず、様々な想いに駆られながら、世俗の波に揺られている。

ところで、「デカンショ節」と言う学生歌があるが、デカンショとはデカルト、カント、ショーペンハウエルのことらしいが、「デカンショデカンショで半年くらす、後の半年寝て暮らす…」と、奨学金と就活に集約される今日の学生生活と昔の学生生活とではかなりスケールが違うようで、昔の学生の方がロマンとアカデミックに満ちていたように思う。

まあ、若い頃は真剣に生きる意味を問い正し、切ないほろ苦い青春の想いに言葉もないが、今日的な「今だけ、金だけ、自分だけ」の世相にあっては、「元カノ、元カレ」の一言で片付けられてしまい、金の切れ目は縁の切れ目、甲斐性も人情も死語と化し、近代文化や文明の熟れの果ては、まさにオペラの世界にも似た欲望の世相を見る想いがする。

まあ、そんなことから「愛も期間限定」になってしまっても仕方ないが、まぁ昔は狭い地域社会での生活であり、今日のようなグローバルな他種多様な社会ではないから、ある意味において一途な想いを貫くことができたのかもしれない。

そんな訳で、全てがフラッシュ、期間限定、ポイントセールに翻弄される日々だが、今日は1人で食べるものがないので、駅ビルに弁当を買いに行ったが、店のレジが故障で、現金扱いポイントは後日と言われた。たまたま、現金を持っていたから良かったけど、持っていなければ買えない。電子決済は便利だがその脆さをつぶさに感じた。

聞くところによると、新円切り替えに合わせて、1000円札はもう印刷していないらしいが、金融機関の窓口や計算センターなども不要になる訳で、何か別の使い道を考えているのだろう。

期間限定、旬を楽しむ、そんな想いを新たにしたが、秋は何と言っても「実りの秋」コロナに負けじとたくさん食べて、ここらで期間限定のコロナ自粛に終止符を打ちたいと思う次第である。

期間限定、そんな生活が似合うのが都会である。

カテゴリー: 未分類 | 期間限定 はコメントを受け付けていません

信仰?

お月様が見えます

信仰の本質は、何か願いごとが叶うとか、思いがけない幸せに巡り会ったとか言ったことでなく、心の平安が得られるところにあると思うが、信仰に立てば、神様から贈り物が得られるとか、良いことが次々の起こるなどと言った世俗的な信仰を得々と書き綴っている教会のブログがあるが、分り易いとは言えば分かり易いが、どうかと思う。

これまでも、ご当人は公園の銀杏を拾い集めては「神様の愛とご意志の賜物」と痛く感動しているが、指導者がそんな視点で信仰を捉えているとしたら、怖いものがある。

そんな中、今朝は昨日の台風10号の影響で幾分湿ったいつもの散歩道を歩いていくと、雨傘がフェンスにブル下がっている。多分の昨日の雨で急遽買い求めたビニール傘だと思うが、安物だから捨てていったのか、それとも置き忘れたのか、成り行きは分からないが、とにかくフェンスにブル下がっている。駅構内に近い場所なので届けてやればよかったが、時間も惜しかったので、そのままスルーしてしまった。

しかし、もし仮にその時突然の雨に遭遇したら、濡れ手に粟と、ちょと拝借してその場を切り抜けることもあり得る。そのような思いも寄らない出来事に、信仰のご利益を感じる手合いが、前述のブローガーの感覚ではないかと思う。

しかしながら、ここで暫く考えてみると、そんな落とし物にも、日本人は外国人と違って霊魂が宿ると思っているから、躊躇せずにそう簡単に拝借する人は多くないのではないだろうか。しかし、その一方、最近は日本人もグローバル化し、自転車などはカギを掛け忘れると、十中八九盗難の憂き目に会うから、道端の自転車も乗れるなら前述の銀杏と同じ感覚で拝借する人も多くなってきたのかもしれない。

それにしても、仮にもしその物に霊魂が宿っているとしたら、それこそその霊魂を引き継ぐことになるから、迂闊にものに触れることも考えものである。つまり、物には物たら占める原因や目的や作者の意図、設置者や所有者の想いが宿っている訳で、仮に大切にしているものを盗んだとしたら、元の所有者の想いが込められていることから、かなりヤバイことになるのではないだろうか。

そんなことから、とにかく謂れなきものには関与しない、受け取らないと言うのが一番で、ビジネスや政界での様々な形での接待ややり取りは、高官や重要人物になればなるほどリスクが高くなり、ハニートラップの様相を呈するものと思う。

まあ、利権と権力の娑婆だから仕方ないと言えば仕方ないが、膨れ上がって制御不能となった今の日本の社会システムも戦争などによる終結を迎えるよりコロナのお蔭で急ブレーキがかかり、視点を変えれば、戦争による終結より、犠牲者も少なくて良かったのではないかと思う。

一説に、戦争によって魂の浄化が図られると言った「人間の生命を軽視した不遜な思想」もあるが、そんなことを言う奴ほど、世俗の欲得に侵され、寡欲に生きる知恵を忘れてしまった連中であり、思い上がりも甚だしい。

そんな訳で、ポスト安倍の総裁選も、政府筋の利権に群がる利権屋の悪あがきにしか見えないが、聞けばパソナの竹中平蔵の名前もちらつき、本当に欲の皮が突っ張った連中ばかりで、彼らの欲得への執着は留目を知らない。まあ、MT理論や自慢の経済政策がコロナにどれだけ通用するか見物だが、大掛かりな事業資産を有する大企業ほどコロナの影響を真面に食らい危ないらしい。聞けばそろそろ日本の商社も解体に転じるようで、大手企業ほどコロナの打撃は大きいようである。

まあ、コスト削減とマネーゲームに現を抜かし、モノづくりや技術開発や研究への教育投資を怠ったつけが回りに回ってきた訳で、このコロナ旋風にどの業界も組織も人材不足で進むべき方向性を見失っているが現実である。

秋に向かい9月からのマイナポイントも景気浮揚の一翼を担う施策だが、国の施策としては何処かのスーパーのマーケティングのような感じで心許ない。もっと長い視点で持続可能な政策や対策を講じていくべきだと思うが、その知恵も知識もないのが悲しい。

そんな訳で、今日は何やら夏日がぶり返し熱中症対策に追われそうである。一難さればまた一難、コロナと共に秋の台風や地震や津波など、本当今の日本は疲れる、安らぎがない。そんな想いに、來るべくお彼岸のお月見団子を楽しみに、コロナ対策を万全に、健康管理に努めていこうと思う次第である。

 

カテゴリー: 未分類 | 信仰? はコメントを受け付けていません

感性

感覚と感性に生きるしかない。すべてに感謝したいと思う。

カテゴリー: 未分類 | 感性 はコメントを受け付けていません

「人の噂も75日…」と言うが、75日は1つの季節とされ、季節が過ぎる頃にはいつしか人の噂も消えてなくなるものだが、あれほど都知事選で話題になった小池都知事の学歴詐称問題も今となっては話題に上ることもなく、反対勢力の単なる難癖だったのだろうか?

甲府城址にて

まあ、わたし的には政治家の学歴などどうでもいいが、仮に嘘だとしたら、嘘をまかり通す資質に問題がある訳だが、嘘や偽善で成り立つ今日的な社会からすると、そんな嘘やハッタリも政治家の資質として、必要不可欠なのかも知れない。

しかし、そんな見栄やハッタリや、嘘や虚構に生きても、それは真実の自分とは違うから、いつも良心(最も持ち合わせていなければ問題ないが) の呵責に苛まれ、恐れや不安に怯え、非常に薄っぺらな幸福感のない人生を送ってしまう気がする。

そんな世間の有り様を眺めるに、今回の安倍総理の退陣による総裁選なども、新聞やテレビなどの巧みな情報操作によって、概ね方向性が決まってきており、先日も図書館で各種新聞に目を通してみたが、やはり民意や社会の流れは、新聞やテレビなどの報道操作によるような気がする。

まあ、基本的に私たちは身近な出来事は事実や真実を知ることができるが、遠方や世界の出来事などは詳細を知る由もないわけで、それこそマスコミの報道を信用するしかなく、おのずから作られた方向に誘導されてしまうのではないかと思う。

そんな視点から、今回のコロナ騒動を考えると、天然痘やコレラやチフスのような法定伝染病にコロナウイルスが位置づけされるものなのか些か疑問が残るが、マスコミばかりでなく政府や自治体も高齢者や既往症を抱えていると重症化すると言うから、それを信じるしかない。

まあ、誰もが外出を自粛し3密を回避した結果、日本のGDPの約26%が吹っ飛んだと言うから、今後はそれなりに倹約した生活が余儀なくされると思う。

個人レベルにも増して、主催者や施設側でも密閉、密集、密接を避ける事業運営を行っており、その努力には涙ぐましいものがあるが、先日もコンビニで荷物を送るのに順番待ちしていたら、とんでもない横で待っていたお客さんを先に店員が呼び込み、剣もほろろの言葉で、床のマーカーに沿って並ぶように注意喚起された。

よく見ると、床のマーカーがレジに向かってまっすぐでなく、とんでもない方向に曲がって配置されている。一瞬店員の素っ気ない感情的な言葉にイラッとしたが、呼ばれたお客さんが「先に並んでいたので、先にしてあげてください」と言ったのには救われた。まあ、普段利用しないコンビニだからどうでもいいが、二度と利用する気にはなれない。

それにしても、換気が利かぬ場所に密閉・密集・密接するのは御免被りたいが、それなりの場所に集まり語り合い、気の合う仲間や家族らとお茶や食事をこれからも大ぴらに楽しめないとしたら、本当につまらない寂しい生活になってしまう。

まあ、飲食は癒着や汚職や不倫(?)につながることもあるから、それなりに弁える必要はあると思うが、同じものを食すると気持ちが通い合うことは確かで、コロナ自粛で食することが最大の楽しみになってしまった私としては、今日の状況は誠に痛し痒しと言える。

まぁ、人生も若い頃とは異なり晩節を迎えれば、老若男女を問わず、心の帯も紐退いて思うがままに語り合いたいではないか。そんな機会やチャンスがコロナで奪われるとは、本当に思いもよらなかった。

そんな訳で、コロナ鬱を解消するため、3密を避けた朝散歩もだいぶ板についてきて、今朝は雨模様だったので躊躇したが、それでも出かけてみると昨夜の雨で汚れが吹っ飛んだのか、高原の朝とまではいかないが、空気がいつになく澄んでいて心地よかった。

台風はともかく、これから一雨ごとに寒くなる。秋の長雨、そんな風情を胸に、すべてに感謝したいと思う次第である。

カテゴリー: 未分類 | 雨 はコメントを受け付けていません

営み

改めて生きる意味を問いたい。

カテゴリー: 未分類 | 営み はコメントを受け付けていません

老いとは

老いて元気? でもどうだろう? 私的には涼しき林野に安処して季節の花でも愛でていたい。

若さは宝である。戻れない青春はそれとして、歳相応の楽しみに全力を傾けていきたいと思う。

カテゴリー: 未分類 | 老いとは はコメントを受け付けていません

流れ

1年ほど前に発売になった全天球カメラが知らぬ間に製造中止になっていた。製品に大きな欠陥があるのだろうか。製造中止となるとファームアップや修理も万全でなくなるから、ユーザは心配になると思う。

すべてに感謝したい

現在、全天球カメラはリコーのシータを持っているが、4年ほど前に購入したが、使用頻度は低く、これまでに5回ほどしか使っていない。まぁ特殊なカメラだから仕方ないが、その他にこの種のカメラはカシオのものも持っているが、コンデジの老舗カシオは業績不振のためコンデジ事業から2018年にさっさと撤退している。

この度のオリンパスのカメラ事業からの撤退を踏まえると、カシオの選択は正解である。まぁ、これだけスマホのカメラが優秀になると、よほどこだわらない限り、首からぶら下げて歩くのもばかばかしく、時代の流れを感じる。

それにしても、最近の技術革新の速さは凄まじく、1〜2年もすれば、それこそ仕様が変わり、特にスマホやPCとの連携がうまくいかなくなるから、結局は買い換えることになる。正に何から何まで使い捨て、実に恐ろしい時代である。

そんな中、ソーシャルディスタンスが社会のモラルやエチケットになると、これまで「かけがえのない存在でありたい」と願っていた想いや憧れも、もしかすると何の変哲もない単なる思い込みに過ぎないのかも知れない。

つまり、ポストコロナにおいては、ウィズコロナを原則に、物理的にも精神的にも、3密を回避するのが、新しいライフスタイルになる訳だから、実に味気ないものとは言え、そんな視点に立てば、これまで私達は精神的にも物理的にもいろんなものに依存し過ぎていたのかも知れない。

まあ、異性への関心はもちろんのこと、食べ物に関しても、いつもおいしいものを探し求め、いちど覚えたお気に入りはなかなか手放せない。しかしそんなこだわりも、時によっては捨てなければ病気になったりひどい目にあったりするわけで、やはり今回のコロナ騒動は、欲深い人間への神からの警告や啓示なのかもしれない。

そんな想いに、それぞれに十字架を背負いながら、時代や社会の流れに沿って生きることの難しさを痛感するが、恐れやコンプレックスほど人に道を誤らせるものはない。

そんなことから、今日のマスコミのあり方や、ある種のカテゴリーに偏する教育のあり方には、かなり問題があると思う。なぜなら、どんなに英語や数学が得意でも、コロナ感染には太刀打ちできないわけで、わたし的には中学校時代に覚えた技術家庭や保健の授業の方がよっぽど役に立っている。

そんな訳で、時代に合ったライフスタイルの確立には、まだまだ時間がかかるが、とにかくさらなる気持ちで、すべての関係を見直し取り組んでいこうと思う次第である。

カテゴリー: 未分類 | 流れ はコメントを受け付けていません

朝散歩の途中、泥酔しくだを巻く二人のおじさんに出くわした。朝まで飲み明かしたようで、歩道の縁石に腰を掛け、崩れかかる相棒を片方が叩いたりして叱咤激励している。

お城にて

身なりはともかく顔を見るとそれなりにサラリーマンしていたようで、話の中に家や家族のことが出てくる。たぶんコロナ離職したのではないかと思われるが、先週の日曜日にも駅の階段の下で、酔ってスマホやメガネを投げ出して寝ている青年がいた。

都会の駅ならまだしも、地方の駅ではあまり見掛けない光景だが、公園に時折落ちているマスクと同様、今日的な光景ではないかと思う。

そんな中、私は相変わらず、コロナ鬱解消のため、運動と言うより朝日や朝の風に元気をもらえるので、道端の花やお城の高台から眺める眼下の街並みや甲府盆地を取り囲む山並みを眺めては、いい気分に浸っている。

しかしながら、今日の社会情勢は何とGDP26%減と言うから、コロナの影響は甚大なものがある。概ね国民経済の3割がぶっ飛んだことになるから、仕事に溢れる人も多いと思う。まあ、何とかして、新たな生活様式に馴染み生活していくしかないが、そんな世間の不条理や理不尽に己を失い自暴自棄になってしまう人も少なからずいると思う。

まあ、社会が表向きはセーフティネットなどと恰好つけて救済制度を設けているように思われるが、実は弱肉強食の世相にあることは変わりないから、世間や人様のサポートを当てにしないで自活する術を持つ意欲を失っては、この世知辛い世の中は渡っていけない。

まあ、如何なる時も自分を見失わない度胸と胆力こそ、最強の武器になる訳で、そんな気力を持ち続けるには何と言っても健康でなくてはならない。それにはとにかく規則正しい生活をすることで、運動、栄養、睡眠に気を配り、健康を当たり前と思わず、細心の注意を払って体調管理に気を配ることが大切である。と同時に、ダメなものは深追いせずにサッパリと諦めケジメをつける勇気も必要である。

要するに、何事も惰性とマンネリが曲者で、私的には月並みだが「日に新た、日に新た」を座右の銘に据え、意識して物事に接するようにしている。まあ、女性はいろいろ複雑だから、なかなか物事を割り切れないところがあるが、そんな中にもサッパリした気風うの人もいるもので、そんな女性に出くわすと嬉しくなる。

そんな訳で、今日も残暑に悩まされそうな感じだが、それでも朝夕はだいぶ涼しくなって凌ぎ易くなった。この夏の酷暑も猛暑もお別れとなると名残惜しい気もするが、例年にくらべ品のない夏だったように思う。いずれにせよ、愛犬のjanianと共に乗り切れたことは感謝である。すべてに感謝したいと思う。

カテゴリー: 未分類 | 朝 はコメントを受け付けていません

国勢調査

今年は5年に一度の国勢調査の年である。スマホやパソコンからも調査票への記入が可能で、調査票が送られてきたら専用サイトにアクセスして、調査項目を埋めて送付ボタンを押せば終わる。

まあ、ブロックチェーンの時代だから、選挙もスマホやパソコンから投票できるようにすれば若者の意向も政策に反映されていいように思うが、先ずは健康保険や介護保険や各種の医療情報をマイナンバーカードなどに集約できればいいと思う。

ところで、ポスト安倍に向け、大きく政局が動いているが、トランプさんやプーチンさんらと互角に外交を展開するとなると、どの候補を見ても見劣りがする。知名度や力量はさておき、やはり政治家にはハッタリと言うか「押しがきく」ところがないとうまくない。まあ、顔やルックスも大切で、やはりグローバルに見合ったものを持ち合わせていないと見劣りがする。

そんな視点を踏まえると、安倍さんにはそれなりのものがあったように思うが、後継候補の顔ぶれを伺うと、つくづく後継者不足を痛感する。

まあ、お友達内閣などと比喩され、アベノミクスもマネーゲームに終わってしまい、新規産業の育成に届かなかったところが寂しい。さらに、憲法改正においては全くの不発に終わってしまったことから、そのハードルの高さを痛感する。

そんな訳で、今日は早くも9月の1日、中秋の名月を縁側の団子とススキ越しに愛でる風情も、今では夢まぼろしと化してしまったが、せめて極上の月見団子でも食べて、コロナに負けじと、日本の名月を味わってみようと思う次第である。

カテゴリー: 未分類 | 国勢調査 はコメントを受け付けていません