退職して早2年の年月が流れ、 孫の成長と共に、最近は育爺生活からも開放され、本当に勝手気ままな自由な生活をしている。まさに「腹減ったら食う、疲れたら寝る」の隠居生活で、人に当てにもされず苦にもされず、正に「お楽どん」である。

しかし、私の知り合いには、今なお仕事をしている人もいる訳で、皆さんの勤労意欲の高さには感服する。しかし、私的には、少子化や高齢化から「生涯現役で働き社会貢献することが理想」のように言われても、何処となく政府に利用されているような気がしてならない。

それは、現役時代を顧みても、朝から晩まで仕事や世間の決りに拘束され、いざ時間ができても、何かを落ち着いてしてみようとする気力もなくなってしまい、そんな昔の自分には二度と戻りたくないからである。

因みに、昨日も久我山に用事があり井の頭線で出掛けたが、道すがら電車や駅などで、私と同年配の男性を見かけると、一律に同年配の女性たちとは対象的に精彩を欠き、仕事と言う目的を失った男の悲哀が滲み出ているような感じがした。

まあ、若く溌溂とした時期に仕事に没頭することも大切だが、今の日本は「生き甲斐の搾取」が疑われるほどの動機づけが日常化し、下手をすると過労死にもなり兼ねない訳で、よくもまあ、これ程までに精神的に追い詰められた過酷な環境で皆さん頑張っておられると思う。

まあ、人生は、仕事も遊びも、さらに職場や地域や家庭も、それなりにバランスを保ちストレスを回避することが、人生を有意義に過ごす秘訣だと思うが、仕事の憂さを遊びや家庭に持ち込んでも、またそれとは反対に、自分の問題や家庭の問題を仕事に持ち込んでも、うまくないことは十二分にわかっていても、そんな自分を客観視できないところに、今日の社会の病理や支配層の企みが隠れ潜んでいるような気がする。そんなことから、私的には政府のご都合や戯言には二度と乗りたくない。

まあ、私等は戦後の民主教育や政府のプロパガンダやNHKや大手マスコミや新聞などの偏向報道を頭から信じて本当に馬鹿をみた人間の一人で、定年退職して隠居生活して初めて「世間の時間やモノや情報」から解き放たれ、自分の感覚や感性を頼りに生きる日々日常に、何ものにも替え難い充足感を覚える。今の私は、嘘偽りなく自分が自分でいられる。

物理的にも精神的にも世間から解き放たれ、趣味のストリートフォトや音楽や動画やお気に入りの観劇などを通して交際範囲も広がり、今までの自分は何だったのだろうと思う。

まあ、どんな仕事でも、仕事につけば自然と仕事中心になり、なかなか自分を全方位に解き放ち客観視できなくなる訳で、そんな時期が長ければ長いほど、職業が服を着て歩いているようになってしまう訳で、本来の自分の想いと仕事のギャップに苦しみながら、世間を生き難くいものにしてしまうのではないかと思う。

そんなことから、できるだけ旅行や遊びなどを通して、普段の自分と違う環境に身を置き、心身のリフレッシュを心掛け、自分を顧みる時間を持つ必要があると思うが、今の社会ではなかなか難しいように思う。

そんな訳で、連日の酷暑に、今日も窓を開ければ熱風で身体が悲鳴を上げる。昨日は名古屋で40.3度と、今日も記録を更新したと言うから驚きである。タンパク質の熱変性温度は42度からと言われるが、ヒトの細胞は水分があり血液やリンパ液が循環しているから外気が高くても、そう簡単に42度にはならないが、インフルエンザなどで高熱が続くと脳細胞が熱変性して大きなダメージを受けることも容易に想像がつく。

とにかく、高齢者は知覚や感覚や感性が鈍感になっているから、意識して小まめに水分補給して熱中症から身を守り体調管理に努める必要がある。長生きすることが目的ではないが、身体を失っては、晩節を迎え一人落ち着いて人生を顧みることもできない。

まあ、日本は昔から60歳を過ぎれば隠居が許され、世間を離れて生きる特権が与えられる。そんなことから、私的にはそんな特権を活かして、一人でも多くの人と自由に語り合い、自分なりに想いを伝えていこうと思う次第である。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

友達

友達ってホッとする。全てに感謝したい。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

やっぱり夏は海がいい。全てを忘れて遊んでみようと思う。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

夏だ、海だ、浜風が心地よい。楽しい想い出をありがとう。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

お墓

考えてみると、毎年夏は終戦記念日やお盆があって故人を偲ぶ機会が多い。

そんなことからお墓について考えてみたが、現在のお墓は石材で造られ、家族単位で埋葬する「先祖代々のお墓」が一般的である。しかし、「先祖代々のお墓」が普及したのは、江戸時代後期に入ってからで、それまでは、庶民は共同墓地に埋葬されていたらしい。石塔のお墓を建てられたのは有力な貴族や武士だけで、しかも、今日のような家族単位ではなく、個人単位もしくは夫婦単位で建てられている。

今日のような家単位のお墓は、江戸時代に入り家単位の観念が広まり、1900年代以降に石の採掘技術が進歩し経済的にも豊かになったことから普及したと言われる。

つまり、お墓も時代とともに形を変えてきた訳で、近年では都市移住や少子化等の理由から将来お墓を守る後継者がなくなり無縁墓になることが懸念され「血縁にとらわれないお墓」を選択する人も増えてきている。具体的には「永代供養墓」や「樹木葬」「散骨」等であるが、正直言って何か寂しい感じがする。

なぜなら、人は一人で生まれ一人で死んでいくわけだが、そこには両親を始め何らかの縁者が必ず介添えする訳で、捨て子であっても全くの無縁とは言い切れない。自然に帰る自然葬も一理あるが、著名な文豪や音楽家のお墓などは、残された作品を通しての交わりもあるくらいで、少なくとも子や孫くらいは縁者であってほしいように思う。

しかし、立派なお墓を建てても、不倫や不仲で離婚騒動ともなれば、家族揃ってお墓参りとはいかなくなる訳で、そんなことから、お墓はせいぜい江戸時代以前のように、個人単位や夫婦単位くらいがいいのかもしれない。

いずれにしても、「生きている内が華」死んでしまえば、すべてが忘れ去られ、よほどのことがない限り偲ばれることもない。

そんなことから、人生は日々日常が大切であることが分かる。まあ、真面目にコツコツと人様のお役に立っていれば、すべてが益と為す訳で、そんなことから、私的には宮沢賢治の「雨ニモマケズ」をお手本に、いつも笑顔で人嫌われぬ日々をこれからも送っていこうと思う次第である。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

意識

先週は甲府のコラニー文化ホールで、 中高時代の同級生が主宰する音楽教室の発表会があり、今回も写真とビデオの撮影でお手伝いしたが、普段会えない知人にもお目にかかれるので嬉しい。

それから一週間、連日酷暑が続いたが、今日は台風の影響から涼しくて快適である。

ところで、風寒暑湿とは人間に邪気をもたらす外邪と言われるが、気候が人間の気質に深い関わり合いがあることは、こんなことからも容易に想像がつく。

俗に言う地域性であるが、できれば穏やかに一生を過ごした方が得だと思うが、どちらかと言うと、釣り糸を垂らせば直ぐに魚が釣れる海辺の方が、山間に住むよりは穏やかな気質になるような気がする。

さらに、大都市に暮らすより閑村にくらす方がのんびり穏やかに暮らせると思うが、人はなぜ劣悪な環境の大都市に集まっていくのだろうか。

まあ、仕事や見識を広めるのにインフラが整い便利で快適であることが最大のメリットだと思われるが、厳しい生活環境にもめげずに、それをステップバネに生き抜いていく力は大したものだと思う。

しかし、私的には浜風に吹かれようが、山間の冷気に包まれようが、巨大な都会の建造物にいようが、想いはなぜか果てしなく彷徨うだけで、余り変わらない。

まあ、常に実感がないと言うか、現実味がないと言うか、言い換えれば、仮の世界に生きているような気がしてならない。まあ、一種の離人症であるが、時空を超え肉体を離れた自分が存在するような感覚は、私的にはカミュの異邦人にも似た感覚で、見えぬ世界への糸口に思える。

そんな見えぬ世界の奥底に生きる私は、つくづく変な存在だと思うが、聞くところによると、じゃんけんも潜在意識がグーチョキパーを決めると言うから笑ってしまう。それを、自分の意志で決めていると思っているところに、最大の誤解があるからして、私達は日々の祈りや瞑想を通して、常に乖離状態にある潜在意識にアクセスする必要があるのかもしれない。

しかし、そうは言っても意識を現実に戻し臨場感を持つことも大切で、現実と空想の世界を行ったり来たりして、どちらか一方に偏らない方がいいように思う。

そんなことから、週末は音楽を聴きながら撮り溜めた素材を整理したり編集したりして、過ごそうと思う次第である。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

続夏

夏は海だ。海で心を解き放とう。

ところで、昨日から 東京オリンピック公式サイトの新規会員の登録が始まった。早速 会員登録したが、 大会が7月の24日から8月の9日までということで、チケット購入はまだ先のこととは言え、連日の猛暑を考えると、下手な時間の観戦は避けた方が無難である。

しかし、冥土の土産に家族全員で、開会式くらいは観てみたいものである。 チケットは、12000円から30万円ぐらいらしいが、何とかお金を工面して、応募してみようと思う。

そんな訳で、とにかく、連日いくら暑くても、2020年の7月24日までは、元気で健康でなくてはならない。具体的な目標が決まったところで、我が家の長老ジャニアン君(18ダックス)と心を一つに、小林動物病院の院長先生のお力を借りながら、頑張ろうと思う次第である。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

Roxy

シャワーを浴びて、スイカを食べて、ロキシーミュージックを聞く。これ最高。全てに感謝したいと思う。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

いつしか真夏

とにかく暑い。昨日は岐阜の多治見で40° を超える猛暑日となり、この度の「西日本豪雨の被災地」のことを考えると、本当にお気の毒だと思う。

まあ、こんなに暑いと、何か余程の用事がない限り、外出は控えた方が無難である。ちよっと外に出掛けただけでも汗だくになり、顔や腕がべとべとで気持ちが悪い。夕方や夜になっても、最近は蒸し暑く、ぎろぎろになって遊ぶほどの気力も体力もない。

こんな日が続けば、若い人達の営みも少なからず影響がある訳で、さらなる少子化に拍車が掛かるような気がするが、まあ、興味深いので、その後の人口動態を追ってみようと思うが、もし、変わらないとか、増えているようなら、記録的な天候異変に対する人間の生命力(?)の強さを物語るものと言える。

その一方、高齢者については統計不能なので、実態は分かり兼ねるが、早い話、単なる「あんたも好きね」で終わればいいが、日中の暑さに体力を奪われ、それが原因で死亡したとなると、お笑いでは済まされない。そんなみっともない死に方をしたら、天国でも受け入れてくれそうにないからである。

まあ、冗談はさておき、皆さん、健康保険料とか介護保険料とか、年金から差し引かれる社会保険料が高いと思いませんか。何かかなりの金額が基礎年金から差し引かれ、これで消費増税が重なると、とても年金だけでは食べていけない。

幸い私も妻も元気なのでありがたいが、親戚の義弟が脳溢血で介護認定を受けてリハビリをしているが、介護認定を受けても月々10万円以上の出費があるそうで、聞いてびっくりした。

まあ、完全に介護給付は医療産業化されている訳だが、本人が言うに、家族の負担を考え無理してデイサービスに通っているそうだが、身体が不自由な上、ストレスを抱えながらのデイサービス通いは、かなりの精神的な苦痛が伴うように思う。

まあ、余り深く考えても仕方ないが、考えると暗くなる。しかし、我が家では共に半人前の二人が助け合って2匹のワンちゃんと一緒に生きていくしかないので、フーリガンのような元気な妻の言うことをよく聞いて、なるべく健康にして長生きしたいと思う。

それにしても、今日も暑い。一日何回顔を洗うか分からない。それでも顔を洗うと暑さが一時凌げる。昔は腰手拭いの先生もいたりして、ひんやりした水の感触に、若き日の夏の学校が蘇る。そうだ、スイカでも買って食べよう。昔の日々を想い起こしながら…冷たいスイカを食べようと思う。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

今日全世界を見渡しても理想とする国は見当たらない。しかし、絶対になってはならない国がある。それは、お隣りの韓国のような国である。

なぜなら、歴史を自分に都合のいいように書き換えてしまったり、仏像を盗んで自分のものにしてしまったり、ピョンチャンオリンピックの妨害行為やワールドカップロシア大会の反則試合など、さらに、65年に締結した日韓基本条約を守るどころか、慰安婦についての日韓合意も反故するなど、全く国際社会から信用されない国になっているからである。

まあ、韓国ドラマや映画を観ても、嘘偽りや見栄や外聞で塗り固められた朝鮮王朝物語を世界発信している訳で、ここまでやれる神経を疑う。さらに、国政は一部の財閥によって牛耳られ、財閥はグローバル資本と結託して、国益はすべて グローバル企業の資本留保と株主配当に当てられ、庶民は 新卒者の5人に1人しか就職できない劣悪な雇用環境にあることは、ご案内のとおりである。

仮にサムソンのエリート社員であっても、 プロジェクト採用され扱き使われた末に、見捨てられる卑劣な雇用形態が当たり前となる一方、女性も見た目や金目で男性を選ぶ人が大半らしく、その一方で、韓国女性の整形と芸能と売春は世界中に知れ渡っており、その極めつけは同胞の「北朝鮮の喜び組」である。

さらに、ハングル文字の普及から今の韓国人は自国の古文書が読める人が殆どいないらしく、先人の知恵や文化の継承は皆無らしい。そんなことが 一部の支配層に都合のよい洗脳教育や史実の書き換えを容易にしているものと思われる。

まあ、自国の歴史や文化、先人の知恵や価値観や世界観にまともに向き合わずに、 コンプレックスに苛まれながら、大国の思惑に怯えながらも虚勢を張って、フィクションの世界に韓国の人々は生きている訳で、支配層には好都合でも、一般庶民は彼らの意のままに働かされる奴隷のようなもので、 プロパガンダや印象操作によって 金と権力に振り回されて生きる一般庶民は、気の毒としか言いようがない。

しかし、そんな韓国の現状を他山の石と笑ってはいられない。今や日本も国際金融資本や奴らの手先である売国奴によって、ズタズタに切り刻まれているからで、 戦後の民主教育やNHKをはじめ大手マスコミやマスメディアによるプロパガンダや印象操作により、誤った個人主義や自由主義が植え付けられ定着してしまった今日、家庭や地域社会は崩壊の一途を辿っている訳で、未婚や晩婚や夫婦共稼ぎやジェンダーレスから少子高齢化が進行し、民族崩壊の危機に直面していることは、ご案内の通りである。

グローバル化に伴い、国際社会は偏見や差別のない自由で平等な社会を謳いながら、結局は、同じ土俵で皆が闘い、強者が弱者を喰い殺すことになる訳で、「グローバル経済金融システム」のからくりは実に巧妙で、アイスランドがデフォルトしたのも政府が関与し得ないシステムの中に、国際金融資本の餌食になったことは記憶に新しい。

しかし、日本は貿易に完全に依存する韓国と違って、生活レベルを下げれば、十分に内需だけで国民経済が成立する国である。故に、ここらで自分らの生活を今一度見直し、例え東洋の3等国になっても、売国政治家や御用学者を利用してプロパガンダしている邪悪な勢力から国政を取り戻し、民族の主権を取り戻すべきだと思う。

そんな訳で、日本はこれまで外国の文化や文明や技術を学び、良いところを自国の文化や文明に取り入れ調和して、西欧諸国に負けない文明国を創り上げてきた国である。

正に、先人の知恵の高さを思い知るが、西欧の物質文化を鵜呑みにしないで、民族の誉れと誇りを忘れなかったところに、今日の繁栄があると思う。

つまり、民族の感性と言葉を、さらに世界観や価値観や倫理観を忘れなかったところに、今日の繁栄があるのである。

確かに、結婚や子育ては人生のすべてではない。しかし、独身を押し通すより明らかに何かが違う訳で、個人の自由と幸せを求めれば、結局は次世代に命を引き継ぐ壮大なシステムの中に組み込まれている自分を見ることになる訳で、そんな社会シスムの中で、結婚や子育てをするしないに拘らずに、自分なりに社会に貢献していく道を探すしか、私達には生きる道はないように思う。

それにしても、今日は暑い。私は熱中症は冷やせば簡単に治ると思っていたが、そんな生易しいものではなく、 熱中症になると、脳細胞がすき焼きやおでんのようにぐちゃぐちゃになって元に戻らないらしい。折しも愛知県豊田市で、 校外学習の小学一年生が熱中症で死亡しているが、とにかく異常な暑さには心して注意しないといけない。

そんなことから、今年の夏は、知り合いの心理セラピストに頂いた「チベットの岩塩 還元ソルト」を舐めながらミネラルを補給し、灼熱の夏を乗り切ろうと思う次第である。

カテゴリー: 未分類 | コメントする