drug

Music is a drug. Don’t you think so?

カテゴリー: 未分類 | drug はコメントを受け付けていません。

生きる

「 ふるさとは遠きにありて思ふもの、そして悲しくうたふもの…」とは金沢出身の詩人「室生犀星」の作品「抒情小曲集」にある有名な詩句だが、図らずも、私の孫の小学校の校歌は、室生犀星が作詞しており、入学式の式次第を見た瞬間、何か運命的なものを感じた。

それは、故郷を離れたのは大学時代のたった4年間なのに、いつも何処か違うところに自分の故郷があるような気がするからで、それは最近になって気づいたことだが、母が生前に懐かしく語った母が生まれ育った故郷のような気がする。

それで、時折覚えている母の話を頼りに母の生まれ故郷の街を歩いてみると、私が全く知らない所なのに、何故か以前に見たことがあるような感じがするから不思議である。

まあ、「男はロマン、女はご飯」と言われるように、超現実的な女性に対して、男性はいつも夢や幻に生きているようなところがあって、私の場合はかなりの音楽ジャンキーなので、いつもデジャブ(既視感)やメジャブ(未視感)の世界にいるような感じで、自分自身の存在自体も危ぶく怪しく感じることがある。まあ、一種のVRの世界にいる感覚だが、早い話が、体のいい離人症のような気がする。

まあ、夢や幻や空想や妄想の世界に遊ぶと言うか、リアルな現実は、余りにも私達の理想とかけ離れ悲惨で悲しく、嘘やまやかしや矛盾だらけで、しかもそんな風にしなければ、ことがもっと荒立ち大事になってしまい、そんな自分にも嫌気がさすので、なるべくなら世俗から離れて暮らしていたいと思う。

しかし、現実に、私達は日々日常においても、体調が優れなくとも、落ち込んでいても、朝は元気な挨拶を交わす訳で、そんな単純な社交辞令にも、嘘やまやかしが潜んでいる訳で、また、日々日常のさり気ないやり取りの中にも、互いに何かを察し合おうとするところに、私達の本来の営みや本質が隠れており、私は現実的なやり取りと言うよりは、相手の隠された気持ちや想いを言葉や仕草から読み取って、そんなイメージや空気感の中に生きているような気がしてならない。

まあ、言葉なら言葉の綾や間や抑揚や韻、文字なら行間や裏の意味、表情や仕草、全て「秘すれば花なり、秘せずば花なるべからず、 秘めるからこそになり、 秘めねばの価値は失せてしまう 」訳で、正に隠れて見えぬところに、女性なら色気が漂う訳で、本当の色気とは、本人も気づかぬところにあるのではないかと思う。

つまり、下手な演出は、本来の色気を損ねてしまう訳で、そんな色気は、天女の羽衣を着て舞を舞うか、挑発的なコスチュームに身を包み男の気を引くかの違いに現れるとは言え、やはり、隠された想いによるところが大きいように思う。

まあ、元よりバーチャルな人間がますます、時代の流れからバーチャルになっていく訳で、音や光や電磁波などが人体に及ぼす影響が深く解明されれば、遺伝子の謎や生命の起源も分かるのではないかと思う。

私達人類の起源は、猿から進化したする進化論なのか、全知全能の神によって創造されたとする創造論なのか、それとも高度な文明を有する生命体による遺伝子操作によるものか、どれもこれも想像の域を出ないが、私的には遺伝子操作による出来損ないが人類のような気がする。

古代インドの聖典ウパニシャッドには、

「万物の創造主は人間の穴を外向きに開けた。それで、人間は外の方を見るだけで、内の方を見ようとしない。ただ賢明な人達だけが、眼を内に向け真我をみる。」とあるが、

私達の本質は、どうも細胞の核に埋め込まれた遺伝子情報にあるようで、まさに情報のやり取りが生命の本質であり、生きることにほかならないのではないだろうか。

そんなことから、幾ら金銀財宝や側妻に囲まれていても、情報がとぼれない内にやり取りしなければ、完全にとぼれて失くなってしまう訳で、死すれば、この世から抹殺され、完全に忘れ去られてしまう現実を知るべきだと思う。

そんな想いに、今日も想いを交わす喜びに感謝して、心豊かに過ごしていこうと思う次第である。

カテゴリー: 未分類 | 生きる はコメントを受け付けていません。

気分

日曜日の午後は何となく気が塞ぐ。別に勤めている訳でもないのに、憂鬱な気分になるのは、多分我慢と忍耐のサラリーマン生活が長かったからで、未だにそんなリズムから抜け出せない自分が哀れで苦笑してしまう。

まあ、そんな時は音楽を聞いたり、ストレッチをしたり、風呂に入ったりして、気分転換するしかないが、最近はAmazon Echo やGoogle アシスタントやAppleのSiriに呼び掛けても、かなり面白い返事が戻ってくるらしく、時代はついに仮想現実の世界に突入した感じがする。

まあ、私の妻の母が晩年認知症を患い、その時母のお相手をしてくれたお喋りロボットが、今でも仏壇の脇に鎮座しているが、今のものはその当時のものとは比べ物にならぬほど完成度が高く、この年末には大々的にいろんなVRツールが売り出されるようである。

私的には、可愛い娘が洒落た会話で応えてくれたら、鼻の下が伸びぱなしになって、引っ込まなくなるような気がするが、いつ家族に見捨てられてもいいように、今後の開発に期待したいところである。

そんな訳で、今年もいつの間にか12月になってしまい、何かと気忙しい。やり残したこともあると思うので、師走の賑わいに惑わされずに、ゆっくり落ち着いて身辺整理をし、今年最後のクリスマスイベントに向け、引き受けた仕事をしっかり熟して責任を全うしたいと思う。

カテゴリー: 未分類 | 気分 はコメントを受け付けていません。

感謝

わが青春に悔なし。

カテゴリー: 未分類 | 感謝 はコメントを受け付けていません。

世相

このところ、貴乃花親方(46)と景子さん(54)との離婚や、俳優の及川光博(49)と女優の檀れいさん47)との離婚が、立て続けに報じられ、久々に不倫が原因でない離婚を聞いた気がする。

まあ、人生100年の時代ともなれば、男女の関係も自然と変わってくるもので、女性がこれだけ社会に進出してくると、男女の出会いも増え、また経済的にも変な男よりよっぽど稼ぐから、男も女も世相に沿って生き方を工夫していかないと、いつ関係が壊れても不思議ではない。

まあ、不倫やDVはともかく、すれ違いや性差による生活意識や好みなどは年齢と共に変わるから、お互いに妥協し諦めるところがないと不平や不満が爆発して離婚に至るような気がする。

まあ、恋愛感情は長くて3年、そもそも爬虫類は番いを作らないし、哺乳類の97%は乱婚、一夫多妻、多夫多妻型とも言われ、人間もその部類に入るから、今日の婚姻制度は、私達の本来の営みに反し、国や宗教や社会体制による民衆の統治や社会秩序の維持を目的とするものかもしれない。

まあ、一昔前のように、人生50年で終わるならまだしも、これから先は、子育てが終わっても40~50年も生きることになる。また、男も女も中高年に差し掛かると、人間の本性に目覚め、既存の社会通念や枠組みに疑問を抱くようになるから、そんな疑問をそのままに社会通念や常識に囚われていると、ストレスから病気になると思う。

つまり、私達は人それぞれに個別に自由を愛する存在なのに、虚弱で一人では生きられないから、仕方なしに群れをなし、お互いに補完し合い助け合って暮らしている訳で、そんなことから、ある程度のところで見切りをつけ、徐々に自分の世界を持ち、運命共同体のような依存関係や意識は捨てていく方が、私はいいように思う。

敢えて離婚や別居をする必要はないが、精神的に依存にある関係は見切りをつけ、ビジネスパートナーのような関係にシフトしていく方が、人生100年を楽しく愉快に快適に過ごしていけるような気がするのである。

そんな視点から、貴乃花親方や檀れいの離婚を捉えると、乙武洋匡さんや山尾志桜里議員や宮崎謙介議員や今井絵里議員や斉藤由貴さんや岩崎恭子さんなどのゴシップも共に失敗や負け犬ではなく、茶髪やネールアートや婚前交渉やバツイチ再婚が今では当たり前になったように、時代に先駆けたものかもしれない。

なぜなら、特に最近は、男と女の関係が、普通の男女関係から、精神的なソウルメイトやスピリチュアルメイトや、不倫関係やパパ活やママ活、キャバクラ嬢からホスト交際、さらにLGBTからSOGIに至るまで、多種多様な関係が社会的に認知され、偏見や差別どころか、無秩序や混乱や混沌と言った言葉が当てはまる状況にあることは、ご案内の通りである。

まあ、それだけ性の概念が開放されてきた訳で、SOGI「性的指向 sexual orientation 性自認 gender identity」などと言う言葉は、単なる性的な概念でなく、私的には私達人間本来の個体の恒常性を維持する潜在意識を想起する言葉に思えてならない。

そんな訳で、人は一人では生きていけない。一人で暮らしていても、必ず何らかの社会インフラや社会制度にご厄介になっている訳で、簡単な挨拶や上辺のつきあいであっても、必ず誰かと結びついているものである。

まあ、私達人間は、群れをなし様々な形で、身の危険を回避し、不安を解消し安全に安心して暮らしている訳だが、生活が豊かになり便利になるにつれ、それとは裏腹に、安全や安心の砦である社会制度や社会システムや家族関係が、反対に個体の恒常性を壊すものになるから始末に悪い。

そんな訳で、11月も今日で終わりだが、まあ何て暖かいこと、背中のホッカイロがウザク感じる。まさかの異常気象や地震や津波が気になるところだが、米中貿易戦争やEUの混乱やシリア紛争や韓国の徴用工問題など、さらなる国際紛争に発展しなければいいと思う。

いずれにせよ、お天気はそれなりに、世相は世相として、私的には身近な絆を大切に、新たな出会いに愛と勇気と正義を信じて、頑張ろうと思う次第である。

カテゴリー: 未分類 | 世相 はコメントを受け付けていません。

飛行

もう戻れない…

カテゴリー: 未分類 | 飛行 はコメントを受け付けていません。

生きる

淡い記憶に、生きる意味を失う。

カテゴリー: 未分類 | 生きる はコメントを受け付けていません。

依存症

断捨離して、人生には「無駄」が必要不可欠で、拘りと思っていたことが、実は依存していたことが分かった。

穢れた肉体を持ちながら、天空に憧れ、届かぬ想いを抱いて、飽くなき自由を求めて彷徨う生活の果に、結局は「自由が足枷」となって不自由な生活を余儀なくされている自分が実に憐れである。

まあ「溺れる者は藁をもつかむ」と言うが、何処からやって来るのかも分からない「永遠への憧れや想い」の意味も、人生の終末に至っては、全てに意味を失う。

狭い世間に転がり、何処かに違う世界があるような気もするが、中東シリアや北朝鮮の惨状やお隣韓国の反日思想、世界的な軍備や宗教を介してのテロや侵略、果ては政治家や芸能人やゴーンさんのようなセレブの生き様から、ハロウィンやクリスマスに浮かれ、マスコミやマスメディアやフェイクニュースに踊らされる世相を見るに、全ての権威が地に堕ち、改めて人間社会の恐ろしさを痛感する。

そんな想いに、読む本は健康やガジェットのハウツーものから経済やビジネス書と言った実用書ばかりで、私達の想像力を掻き立て、夢や幻の世界に遊ぶ機会も皆無に等しく、ボケ~と何もせずに空想や妄想に耽ることもなくなって、「無駄に生きることに意味がある」ことを忘れていたように思う。

まあ、精神的にも肉体的にも、自由を求めながら不自由になっていく自分が滑稽で憐れで笑ってしまうが、今はそんな自分が限りなく愛おしく思う。

今あることに、また、すべてに感謝したいと思う。

カテゴリー: 未分類 | 依存症 はコメントを受け付けていません。

クリスマス

あっという間に秋も過ぎ去り、コートなしでは出掛けられない。レインウエアに近い薄手のコートがほしかったが、もうそんなコートでは間に合わない。

クリスマスまであと一か月。救いの御子を待ち望みながら、ストリートフォトが楽しめと思うと、嬉しくてたまらない。

すべてに感謝したいと思う。

カテゴリー: 未分類 | クリスマス はコメントを受け付けていません。

見直し

ご案内のように、グローバル資本主義は株主資本主義とも言われ、株主や投資家にどれだけ多くリターンするかで、経営手腕や能力が計られるので、従業員の首をいくら切っても株価が上がり配当が増えさえすれば、良い経営者と評価される。そんなことから、日産のカルロス・ゴーンさんのようなカリスマCEOは、一にもニにも利益と効率を追求し、コストカットに邁進する訳で、従業員や顧客や社会などは、金儲けの道具であり手段に過ぎなかったのではないかと思われる。

一方、以前の日本の会社経営に見られた会社資本主義は、松下幸之助や出光佐三氏の言葉を借りるまでもなく、家族や従業員や地域社会を仕事を通して支える会社経営を行い、市民生活や市民経済を豊かにしていくことが、会社経営の目標に据えていたから、会社の信用や従業員を犠牲にしてまで、金儲けをするようなモラルなき経営をする会社は、少なくとも大企業にはなかったように思う。

要するに、人や信用を第一に据えるのか、金儲けを第一に据えるのかの違いだが、前妻との離婚訴訟経費を会社に支弁させたり、業務実態のない姉に年間10万ドルの顧問料を2002年から16年に亘り会社に支弁させていたらしく、 2万人以上の社員のリストラに対して、自分や身内に分厚い行為は、前東京都知事の舛添要一氏などとは比較にならないくらい大胆で悪質である。

そんな世相を背景に、最近は大企業においても、検査数値の改ざんや不正検査、部品や製品の規格や精度不良、建物や構築物における施工不良や不正や食品の安全性を犠牲にした原料の調達や衛生管理などの不正行為が目立つようになり、病院や介護や保育現場でも、人手不足から十分なケアができずに人為ミスが多発しており、信用や信頼を二の次にしてしまう企業が増えてきたような気がする。

まあ、便利で快適になる一方、社会の安全や安心が脅かされ、信用や信頼が揺らいできた訳で、グローバル化とは一体何なのだったのだろうか、疑問に思う。

まあ確かに、閉塞的な狭い世界にあるより、広く世界に門戸を開き、お互いに交流を重ねれば、様々な選択肢の中から自分の好みのものが選べるし、また様々な差別や偏見の垣根を乗り越え、変化と多様性の中に、さらなる自由と自律を手にすることができる社会が訪れるものと思われるが、しかし、それには帰属する社会の風俗や習慣、伝統や文化から、政治体制や経済システム、宗教や歴史観や教育などの垣根を乗り越える強い意欲と意志が必要になる訳で、今日の日韓情勢を垣間見る限り、まあお互い不可能に近く、あまり無理をすると、却って秩序が損なわれ社会の混乱を招くようなことになるような気がする。

まあ、人種差別(アパルトヘイト)や性的な差別や偏見の廃絶を訴えるLGBTなどの活動も、現実的には万人に全方位に受入れられるものでもなく、やはり何事も一定の枠組みや制度設計や運用が不可欠になるものと思われる。

また、今の婚姻制度についても、新たな生命の誕生を担うカップルを前提とするからこそ、それなりの制度設計がある訳で、それを、単なる同性カップルや不倫カップルを差別したり排斥したりするものと解するのも如何なものかとも思う。

また、万物の創造主である神の意志を、若いカップルが引き継ぎ「新たな生命の誕生と育児」に船出していくことから、万人が祝福する訳で、単に愛するもの同士が結ばれ同居することが、同様の祝福に値するかどうか疑問である。

また、子育て世帯が制度的に手厚いのは、それだけ苦難が待ち構えているからで、決して同性婚を差別や偏見の対象にしている訳でもなく、総じて言えば、同性婚に対して世間の関心は特別高い訳もなく、一般の子育て世帯との格差を是正する必要があるかどうか疑問である。

そんな訳で、とにかく、一人の人間が食べて通ることは並大抵なことではない。だからこそ、半人前の男と女が喧嘩しながらも連れ添って生きている訳で、そんな人間の本質に根ざした社会を実現するには、妙な懐古主義やノスタルジアに惑わされずに、未来志向で時代の要請に真摯に向き合う必要がある訳だが、それにしても、社会の牽引役となるエリートが、自ら垂範率先して悪事を働くようでは、構造改革もグローバリズムも時期尚早の感を否めない訳で、今回のカルロス・ゴーン氏の事件を契機に、企業経営のあり方を改めて見直してもいいように思う次第である。

カテゴリー: 未分類 | 見直し はコメントを受け付けていません。