思考

既成概念や常識で世間を見れば、それなりの世間が目の前に展開されることから、それが真実なるものか甚だ疑問が残る。

なぜなら、固定観念や社会通念が物事の本質を覆い隠してしまうからで、それなりの共通認識を持つことが社会の安全や安心につながり、社会秩序や体制維持に必要不可欠であるとしても、腑に落ちないものがある。まあ、教育や宗教は私達の意識や感覚や感性を一定の方向に向かわしめ、社会に都合のよい共通認識を植えつけることにあることは容易に察し得る。

まあ、朝起きてそんな意識で周りを見渡せば、それなりにエネルギーのバランスが取れて美しい世界も歪んで見えてしまう訳で、思考や作られた意識の下では、物事の本質に気づき、ありのままの姿や美しさを見出だせないような気がしてならない。さしずめ顕在意識のもとでは、物質的な幸福は得られても、根源的な幸福感は得られないのではないだろうか。

そんなことから、最近はスピリチュアルな人は座禅や瞑想を勧めているが、それも多くが商業化し金儲けの手段になっているところが悲しい。

さらに、家相や風水と言った生活環境にまで、ことが及ぶと、変な方向に意識が拡張されて、不安や恐れが高まるから困ったものである。確かに埃っぽく暗くじめじめした処に住んでいれば病気になると思うが、それが間取りや方位が関係するとは一概に言い難く、どちらかと言えば、風説・流言に近いような気がする。

しかし、言い伝えにはそれなりの根拠もあるから、鬼門や裏鬼門、張りや欠けも確かに気をつけるべきで、敢えて逆らうこともないと思う。いずれにしても、生活環境は大事だから、とにかく部屋の換気に気を配り、常日頃から掃除をして清潔にキレイにしておくことが肝要である。なぜなら、埃も積もれば山となり、湿気を呼び、それにカビでも生えれば病気にならぬのが不思議だからである。

そんなことから、今日は母屋の裏を掃除して、軒先の小さめの万両を鉢植えに戻し、離れの玄関先に厄除け開運を念じて据えてみた。

そんな訳で、クリスマスも終わり、いよいよ2020年も終わる。冬至も過ぎれば、日照時間も長くなる。果たして、来年はどんな年になるのか不安だが、流言や風評に惑わされずに、己の感覚や感性を信じて頑張ろうと思う次第である。

jpjapon について

3匹の犬と優しいけど時々意地悪な元気なおばさんと桃やブドウに囲まれた田舎で暮らしています。音楽と写真が大好きなパソコンフリークです。日々の想いを、聖書の御言葉や御仏の教えを交えて仲間と語り合うのが大好きです。平凡な日常から垣間見る世間の出来事を、自分流に書き綴っていきたいと思います。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

1 Response to 思考

コメントは停止中です。