楽しみ

最近のクーちゃんです

何事も競い合ってスキルアップすることは大切だが、日々日常を心から楽しむことを忘れてはならないと思う。

今回の平昌オリンピックで、66年ぶりに大会2連覇の金メダルに輝いた羽生結弦選手の快挙は、実に大したものだが、そんな彼の勝因は闇雲に猛練習することでなく、意外にも怪我から実戦を離脱し、毎日自分のビデオを観て実践イメージを膨らましたことにあるようである。つまり、彼のスケートへの情熱が功を奏した訳で、スケートが本当に好きで楽しいのである。

その一方、彼のスケートには彼なりの拘りがあって、カメラ目線や美顔ローラーに気を配るナルシストらしく、自分自身を鼓舞するような言動から、仲間内では世間の評判とはちょっと違った評価を受けているようである。

まあ、天才肌の人は往々にしてそんなものだが、長い人性にはいろんなことがあるから、自分を本当に理解してくれる人を見つけないと、金儲けや世間話の種にされ、よくも悪くも自分を生きているようで、自分に生きられないような気がする。

まあ、今の社会は成果さえ上げれば、偽善や悪徳でさえ正義や美徳となり得る一方、いくら真面目に善意や正義を貫いても求められる結果を出さなくては、見向きもされない訳で「真実は何処にあるのか分からない偽善と嘘まやかしが罷り通る社会」でもある。

考えてみれば、氷上で4回転しようが5回転しようが、私達の生活に大きな影響がある訳でもなく、少しマスコミやマスメディアは騒ぎ過ぎではないだろうか。何か国民の目を逸らすような報道ばかりしていて、不甲斐なく感じる。これも多分彼らのお得意の印象操作なのだろうが、そんな中にも、勝者の言葉にはそれなりに重みがあるのとは確かで、そんなチャレンジ精神に溢れた言葉には、元気がもらえる。

そんなことから、羽生選手を始め、小平選手や高木姉妹や他のスキージャンプやスノボーの選手達も、さらに不運にも結果を出せなかったスキージャンプのレジェンド葛西紀明選手やスノーボードアルペンの竹内智香選手たちも、気力体力が続く限り頑張っていただき、心の拠り所となる体験メッセージを発信してもらいたいと思う。

そんな訳で、17日間に亘る平昌オリンピックも終わってみれば、前評判の割には楽しかった。ドキドキワクワクに始まる朝も、今朝はクラッシック始まりロックやポップスからアニメに至る「音楽や写真三昧の生活」に戻り、退屈凌ぎに街に出れば、犬や猫に始まり、太った人から痩せた人、変な人から素敵な人まで、いろんな人種や風景に出くわす訳で、つくづく現役時代は狭い了見で生きていたような気がしてならない。もっと気ままに、世間体や同調圧力に負けずに、自由にやれば良かったと思う。

人生は苦しいことや悲しいことや辛いこともあるけど、結構気持ち次第でどうにでもなるものである。お金や肩書がなくても、誠実に構えれば分かり合える仲間もできるし、結構楽しくやれるものである。

そんな想いに、身も心も軽やかに、今週末は、横浜でのCP +を楽しみに、健康管理に努めて頑張っていこうと思う。

jpkanamori について

3匹の犬と優しいけど時々意地悪な元気なおばさんと桃やブドウに囲まれた田舎で暮らしています。音楽と写真が大好きなパソコンフリークです。日々の想いを、聖書の御言葉や御仏の教えを交えて仲間と語り合うのが大好きです。平凡な日常から垣間見る世間の出来事を、自分流に書き綴っていきたいと思います。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です