歌舞伎

中村吉右衛門が率いる播磨屋一門の歌舞伎への想いが凝縮された「秀山祭 9月大歌舞伎」のTicketが運良く手に入り先日拝見したが、西洋音楽を思わせる太鼓や篠笛やシンバルによる音響や、舞台セットの配置など、果敢に新たな舞台演出に挑戦する圧巻の内容で、度肝を抜かれた。

特に、第2幕の「俊寛」の都へ帰れぬ想いを嘆くシーンでは「人の嘆きとはこう言うものか」と、嘆きの概念が変わる程の感銘を受けた。

さらに、第3幕の坂東玉三郎の羽衣を纏い妖艶に舞う天女の舞には、昨今の肌を大きく露出して肉体そのものの美を見せつける女性の美しさとは一線を画するもので、女性の美の本質を垣間見た気がした。

まあ、女性は元より秘する存在であり、全てを曝け出しては華になれない。ミステリアスで多面的で、優しく優雅であると同時に嫉妬深く残忍で執念深い。美しさの裏には忍耐と執念がある訳で、その美と生命への執着は男性の比ではないと思う。

太鼓と篠笛とお琴やシンバルなどの波動をバックに舞う天女の舞には、舞台芸術と言うより、一種の神事のような感じがして、私的には何か悪いモノが身体から抜け出ていったような感覚を覚えた。

会場には足元も悪かったのに和服のご婦人も結構見受けられ、外国からの観光客も多く、彼らがこの舞台芸術をどのような感覚で捉えたか分からないが、多分強烈な印象を受けたと思う。

流石に、日本の歌舞伎を担う二大スター 中村吉右衛門と坂東玉三郎である。今回ですっかりファンになった。

終演は9時頃になったが、地下鉄で東京駅経由で新宿に戻り帰宅したが、買い求めたお弁当も手づかずだったので、とんでもない時間だったが、食して休んだ次第である。

本公演をご案内していただいたワンちゃんの主治医である院長先生には、心から感謝する次第である。

カテゴリー: 未分類 | 歌舞伎 はコメントを受け付けていません。

アイドル

久々に池袋のサンシャイン水族館に、孫娘と行ってみたが、相変わらず人でごった返している上、建物自体も古く迷路のようで、いまいち池袋は好きになれない街である。

展望フロアもできた当時は感動したが、今では、この手の高層建築は、スカイツリー、東京都庁、六本木ヒルズ、カレッタ汐留、横浜ランドマークタワーなど、数え上げれば切りがないほどあって、特にこれと言った特徴もない。

それでも、孫娘は大はしゃぎで、道すがらの携帯電話の販売キャンペーンのくじ引きを係のお兄さんに特別に引かしてもらってご機嫌だった。

一方、アルパB1の噴水広場では、「アイドル歌手とのサイン握手会」が開かれていて、韓流風のヒップホップダンスと歌を聞くことができた。

ご案内のように、握手券なるものを持参して、好きなアイドル歌手と握手してサインをもらい、スマホのツーショット写真に収まる企画らしく、ダンスはともかく全く意味不明の歌には、世代のズレを感じた。

まあ、これだけ社会が豊かになり、生活全般に亘って様々なサービスが提供されている訳だから、男も女も別に結婚に拘ることもない。まあ、見方を変えれば、形骸化した婚姻制度に縛られるより、今の若者の方が、生活全般に亘って、利口な選択をしているように思う。

いずれにせよ、人生は何歳になっても挑戦である。人様に迷惑を掛けなければ、自分の思い通りに生きていけばいい訳で、杓子定規に生きることはない。また、生きられないと思う。

そんな訳で、「好きこそ物の上手なれ 」、気の済むまで歌って踊って、人生を謳歌したもの勝ちである。改めて、私達の本質は「遊び」にあり、遊びの延長線上に仕事があり人生があると思う次第である。

握手会の様子

カテゴリー: 未分類 | アイドル はコメントを受け付けていません。

「降りしきる雨をぶっ飛ばしてやる。」歩道に溜まった水たまりを避けながら、そう思った。明日から、また頑張ろうと思う。

カテゴリー: 未分類 | 雨 はコメントを受け付けていません。

新たに

何か吹っ切れた感じがする。 新たな気持ちで頑張ろと思う。

カテゴリー: 未分類 | 新たに はコメントを受け付けていません。

風呂敷

昨日は、甲府市の北東公民館で、妻と妻の友人が主催する音楽講座があり、会場の設営や写真撮影などのお手伝いしたが、元の職場の先輩や妻の知人ともお会いして、お話することができて楽しかった。

皆さん顔色もよく健康そうで、昨年の11月に不慮の事故で息子さんを亡くされた知人ともお話したが、東上百合子さんの自然食を私に勧めるだけあって、何とか厳しい状況から抜け出し、元気な顔を見せてくれたので嬉しかった。

まあ、私は年に何回か妻が関係する音楽のイベントのお手伝いをするので、いろんなグループのメンバーの方とお話するが、写真やビデオの編集で、お顔を拝見しているせいか、始めてお話しても初対面の感じがしない。面白いものである。

ところで、話は全く変わるが、断捨離を重ね最近ミニマリストを目指している私は、その必須アイテムとして、いつも風呂敷を持ち歩いている。

昨日も配付する歌集を持参するのに、今までのダンボール箱でなく、お気に入りの真紅の風呂敷に包んで持参したが、配付してしまえば小さく折り畳め、実に合理的で軽くて体裁がよく、咄嗟の雨には傘代わりにもなり、まあ先人の知恵の深さには感心する。

しかも、紙袋やスーパーのレジ袋などとは違って、使い捨てでなく極めてエコである。まあ、いろんな分野でゴミの減量化を図る3R事業(Reduce、Reuse、Recycle)の取り組みから、資源の枯渇が抑止され地球環境の保全が進んでいるとは思うが、私達市民の活動について、その成果をわかり易く公表するくらいの配慮はほしい。

まあ、レジ袋を廃止して、どれだけ資源やエネルギーが節約され、浮いたお金が何に使われているのかくらいは、マスコミやマスメディアが特集を組んで放映してもいいように思う。仮に外郭団体の運営費や関連事業の補助金に当てられているとしても、費用対効果や事業の見直しを、年金事業のようにある程度明らかにすべきだと思うが、それも偽装するようなものではしない方がいい。

そんな訳で、ネットを覗くと新柄の風呂敷が目に留まり、思わずポチリそうになるが、そこは、にわかミニマリストとは言え、お金がないことも手伝って踏み留まっている。

断捨離しているのに、新たにモノを買い込んでは元も子もなく、気をつけようと思うが、生来「小物好き」なので、困ったものである。

あれば便利と思えば、つい衝動買いをしてしまい、先日も岩塩でできたピラミッドの置物を横浜でみたことを思い出して、買いに出かけようと思っていた矢先、台風の悪天候でフイになり、後で考えてみれば買わなくて良かったと思う。

しかし、生活をしている限り、モノは捨てない限り増えるばかりで、 今日も昨日のご苦労舞に妻がパジャマを買ってくれたが、どれか代わりのものを捨てるとなると、これまた困ったものである。さしずめ、孫の家にあるパジャマを捨てようと思う。

改めて、必要最低限に生きる意味を考えてみるが、 断捨離して確かなことは、モノにも霊魂が宿っているような気がする訳で、そんなことから、拾い物や遺産相続なども考えものだと思う。

なぜなら、取り憑いた霊魂を背負い込むような感じがするからで、やはり、人間はいつも余計なモノは身に着けずに、小ザッパリして清貧に徹し、身も心も軽くいるのがいいように思う。

そんな訳で、明日は秋の連休の最終日なので、予てからの約束通りに、孫娘との弥次喜多道中を楽しもうと思う次第である。

カテゴリー: 未分類 | 風呂敷 はコメントを受け付けていません。

想い

何も変わらない。一雨ごとに寒くなる秋の長雨に、想いは果てしなく尽きることがない。全てに感謝したいと思う。

カテゴリー: 未分類 | 想い はコメントを受け付けていません。

京都

私の親しい友人が、リタイヤしたら、京都にしばらく移り住みたいと言っていたが、大賛成である。

来年は、今上陛下が生前退位なされ京都に移り住みことから、戦後衰退の一途を辿る日本の文化が再び花開く千載一遇のチャンスである。私もそんな新生日本の胎動を悠久の都で、直に肌で感じてみたいが、羨ましい限りである。

ところで、歴史的に三都とは、京都、大阪、江戸を言うが、私的には、JR西日本の観光キャンペーン「三都物語」の印象が強く、京都、大阪、神戸のような気がしてならない。

まあ、確かに、東京や横浜や千葉などとは違って、関西の諸都市は、それぞれに歴史があり、市民感情や市民意識もかなり違うように思う。

それを知ってどうなるものでもないが、形として見えないところに、その土地の魅力があり、その街がぴったりくる感覚は、多分DNAに深く刻まれた意識によるものではないかと思う。

まあ、都会は世知辛いところもあるが、人から干渉されなくていい。正に「都会は人を自由にする」し、色んな情報に晒されるから、クリエイティブに、またイノベーティブになると思う。みんな必死に暮らしているが、私はそんな都会が、メリハリがあり活動的で好きである。

そんな訳で、今年の秋は、とにかくカメラやスマホやパソコンの新製品が目白押しで、ガジェット好きには堪らない。「 蓼食う虫も好き好き」であるが、地の利を活かして、買わずとも手に取り、想像を膨らまして、人生をクリエイティブに楽しもうと思う次第である。

カテゴリー: 未分類 | 京都 はコメントを受け付けていません。

秋雨

「腑抜け」と言う言葉がある。はらわたを抜き取られたような状態、意気地がない、気力がない、しっかりしていない、魂が抜けたような形骸化した虚脱状態にあることを言うように思うが、時間軸に支配され主体性なき日々を送る私達が、一度は経験する感覚だと思う。

まあ、人生は出会いと別れの連続で、老病死に怯えながら、ご縁を頼りに喜びと悲しみの中に奮起楽担の連続で、気の休まるところがない。正に人生は「三界は安きことなし、なお火宅の如し」であり、覚めた目でみれば、実に人生は馬鹿馬鹿しい。

しかし、そんな感覚や感情はそれとして、別の視点から世間を見渡すと、世間は結構広くて道が開けているもので、案ずるより産むが易しである。まあ、うまくいかないこともあるが、「すすらすっと」うまくことが運ぶこともあり、とにかくアンテナを高くして、めげずにあせらず拘らずに、次から次へと過ぎ越していくのが、お釈迦様の言われる涅槃への近道ではないかと思う。

まあ、私としては、超高齢化の波に乗り、いつも元気なおじいちゃんでいないと、孫娘たちからも相手にされなくなってしまうので、珍しく自分としては奮起して、ストレッチを始めたが、今日でなんとか2週間になる。まあ、運動はどちらかと言うと嫌いなので、どこまで続くか未知数だが、とにかく身体が硬いのには失望した。

まあ、無理をせず「ムダとムラ」を承知で長く続けることを念頭に取り組むことにしているが、どうなるものか、とにかく隠居の身なので、頼りになるのは自分の意欲と意志と意識しかない。

何か「自律していること」が、験されるような感覚を覚えるが、一般的にこの種の習い事はスクールに通うのが手っ取り早い。

まあ、さしずめヨガスタジオと言うことになるが、そこはそこで、キャバクラヨガなるものも存在し、世間は広く、新たな出会いや散財が待ち受けている。困ったものである。

いずれにしても、人生の大敵はマンネリと惰性である。腑抜けに生きるも人生だが、失敗や過ちを繰り返してもチャレンジするほうが、私は夢や希望があって楽しい。

よく、人がいいとか、お人好しなどと言われる人がいるが、それはそれで良い性格であるが、もし色んなことが自分で決められずに、人任せに逃避しているとしたら問題である。

一昔前の大家族制にあれば、家族や周りの人がいて何とかしてくれると思うが、今日のような超少子高齢社会ともなれば、頼れる人も少なく相手に負担を掛けたり一人取り残されてしまう訳で、金銭的な問題より精神的に自律していないと、人生100歳の時代は、人に迷惑を掛けずに身近な人と楽しく心豊かにやっていけない。

仮に、一人になり老人ホームに入っても、そこにはそこで、牢名主のような親分がいたりグループがある訳で、何事にも依存しない自律した主体性がないと、とんでもないことになる。かと言って、無碍に失望するものでもなく、幸運を掴むのも、入所する時の自己判断にある訳で、そんな厄介な連中とも上手くやれるならいいが、それには日頃から意識して人と交わり、情報を掻き集め、よく考えて自己選択し自己決定し自己責任を負う姿勢を身につけ、他人任せにしないことが大切だと思う。

そうすれば、少なくとも、個々の案件については、歯は抜けても「腑抜け」にはならない訳で、まあ、少子高齢社会を生き抜く秘訣は、主体性(当事者意識)と臨場感を持つことにあると思う。

そんな訳で、今日は朝から雨で冴えない。これからは、一雨ごとに寒くなる訳だが、この週末は、ラーメン好きの孫との弥次喜多道中が楽しみである。

いつまで相手をしてくれるか分からないが、嫌われぬよう子供の感性に寄り添い、晩節の秋を楽しもうと思う次第である。

カテゴリー: 未分類 | 秋雨 はコメントを受け付けていません。

主体性

私たちの生存に関わるどんな些細なことも、時間軸の外にはみ出たものはなく、因果の法則の支配下にある。

いかなることも、いかなるものも、生ずる以上は必ず原因があるし、原因がなければ、結果が生じることはない。無から有は生じないし、有から無は生じない。

過去から現在へ現在から未来へと、全てが否応なしに押し流され、主体性がないと同時に、主体性がないところに自我もあり得ない。

だから、私達が自我と呼び自己と称しているものは、真の自我ではない。そんな生存の在り方は、真の真我にとって、許し難い屈辱としか思えない。

全ての価値判断は、比較対照することで成り立っており、日々日常は喜んだり悲しんだり、奮起したり楽担したりしているだけで、自らの生存を「時の奴隷」として、隷属の苦しみや不浄や穢れたものと看做す人は稀である。

時が経てば、全てが色褪せ朽ちていく中に、常なることも安楽もなく、そこに生存の意味や理由は存在しない。

言い換えれば、真の自我は、時間軸から離脱した中にある訳で、 時間軸から離脱できない私達は、 日々日常の経験からいかなる要素を取り出しても、現世において、真の自我を組み立てることができない。

そんな訳で、仕事や趣味で自己実現などとよく言われるが、私的にはマンネリや惰性よりマシなくらいにしか思えない。

アメリカの心理学者マズローは、彼の自己実現論(欲求5段階説)の中で、「1生理的欲求 2安全の欲求 3社会的欲求と愛の欲求 4承認(尊重)の欲求 5自分に適したこと(好きなこと)をする欲求」の5つの欲求を掲げているが、晩年に、彼はさらに自己超越の階層をこれらにつけ足し、そこに至る人は2%ほどだとも言っているが、私的には、仕事や日々日常の動機づけには参考になっても、私達の生存の本質や在り方に鋭く斬り込むものは感じられない。

そんな訳で、今日は朝から清々しく、空は青く晴れ渡り、秋風に吹かれて、気分は爽快である。そんな中に、やはりオリンピックは、8月の猛暑を避け10月に行うべきだと思う。無駄なエネルギーを使わないで済むし、熱中症の心配もしなくて済むからである。まあ、スポーツの本質を逸脱した欲得と利権の祭典に、震災復興オリンピックなどと言ったりして、犠牲になるのは選手や被災者や主体性なき民衆であり、マスコミもマスメディアもそこをつかない。

総裁選も佳境に入り、改めて当事者意識を持ち主体性を持って、生きる意味を考えてみたいと思う。

カテゴリー: 未分類 | 主体性 はコメントを受け付けていません。

想い

甘く切なくほろ苦い青春の記憶は、誰にとっても貴重な財産である。全てに感謝したいと思う。

カテゴリー: 未分類 | 想い はコメントを受け付けていません。